長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

イベントの秋(信里地区 渡邉)

LINEで送る

2019年9月 4日 | 活動内容:文化・行事 |

 信里地域では秋になるとイベントが目白押しとなります。

 今年もやります。婚活です。篠ノ井地区では塩崎・信里で婚活イベントを実施しています。両地区とも10月に実施します。受け付け開始は今月となります。興味のある方はぜひ!!

r1konnkatu.jpg

ワイン用ブドウ栽培の苦難

LINEで送る

2019年9月 1日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは、長野市浅川でワイン用ブドウを栽培、ワイン造りへ挑戦中の宋です。

5月中旬の植樹から約3ヶ月半が経ちました。

順調に生育していた苗でしたが、色々と苦難の多い8月でした。

被害① "ベト病" 


68924899_2662138987138016_2936789952857374720_n.jpg

69590387_2662139963804585_6097286507142316032_n.jpg

自分の未熟なブドウ栽培に反省。。

そして、病気の恐ろしさをを痛感しました。

14品種のワイン用ブドウを育てていますが、その中でも
「竜眼」「シャルドネ」が特に弱く、竜眼は危なく全滅の危機でした。

(ぎりぎり対処が間に合い、なんとか持ちこたえました)

「ベト病」

病原菌は被害葉組織内に卵胞子で越冬する。翌春に被害葉が腐ると卵胞子が地面に現われて発芽し、分生胞子を作りさらに遊走子を生じて新梢などの組織に侵入し発病する。病原菌の活動には20~24℃が最適温度条件である。展葉初期~梅雨期、また秋季に低温で雨が多い場合に多発しやすい。なお、夏期高温時にも展葉中の若い葉があれば感染発病する。
多湿なハウス栽培では特に発病が多く、病原菌は気孔や若い組織から感染し、発病後は防除が困難であるため、予防散布を徹底することが重要である。

被害② "コウモリガ" 

68908496_2651649341520314_4253441421878493184_n.jpg

69135324_2651657891519459_3983783905948860416_n.jpg


覚悟はしていましたが、苗木10本ほど食害されてしまいました。。

「コウモリガ」
成虫は8月中旬~11月上旬に羽化し、夜間に飛しょうしながら空中から多数の卵を産み落とす。地上の卵は、そのままの状態で越年するが、翌年の5月頃にふ化し、幼虫が付近の草木に食入して発育する。その後、ブドウに移動し食入加害する。なお、キマダラコウモリガは6月に羽化し産卵する

被害③ "コガネムシ"

69920009_2667584863260095_7272863551918702592_n.jpg

69139500_2667586366593278_421751189873360896_n.jpg

そこまで多くはありませんでしたが食べられました。。
今後注意が必要になるかと思います。

「コガネムシ」

幼虫の被害と成虫の被害があります。幼虫の被害は根を食害することです。養分の吸収ができなくなって生育が悪くなり、大発生すると、苗だけでなく樹木でも枯れることがあります。また、イモなどもかじられます。成虫の被害は葉を葉脈だけ残して網目状に食害するため生育や美観が損なわれることです。また、花に群がり、花が食害されて無惨な姿になることもあります。

被害④ "蛾蝶蜂幼虫"

69719297_2671581006193814_6403283943226867712_n.jpg

69260414_2671582039527044_3681240521218457600_n.jpg

苗木1本葉っぱ全部食べられました。

「スズメガ」
スズメガは、幼虫が野菜、草花、樹木などの葉を食べます。多くの種類があり、種類により成虫や幼虫の大きさ、模様などが違います。成虫は広げた翅(はね)が5~10cmくらいのガで、翅をすばやく動かし、高速で飛ぶことができます。一方、空中で静止することもでき、その状態でストローのような長い口を使い、花の蜜や樹液を吸います。
 成虫は主に夜行性ですが、日中飛ぶものも多く、直径2~3cmの楕円形で主に薄緑色の卵を、葉に1個ずつばらばらに産みます。幼虫は成熟すると5~10cmくらいになるイモムシで、腹部の末端に角のような突起をもつのが特徴です。成熟した幼虫は、主に地中につくった小部屋か地表の繭(まゆ)の中で蛹(さなぎ)になります。主に蛹で冬を越します。
▼葉が食べられ、茎や枝だけになる
 若い幼虫のうちは食害がわずかで目立ちません。成熟するにつれて食欲がおう盛になり、短期間に周辺の葉を、枝や茎だけにするまで食べつくし、体が急激に大きくなります。そのため幼虫が成長してから気づく場合が多く、野菜や果樹では収穫量が落ち、庭木や草花の観賞価値も下がります。

一年目の被害はこれくらい(①〜④)で済みましたが、今後更なる試練が待ち受けていると思います。

果樹栽培は、鳥獣 害虫 菌 ウイルスなど多くの被害と常に隣り合わせ

ヨーロッパの乾燥した気候を好む植物を、世界で2番目に雨の多い湿潤ここ日本で栽培する時点で大きな覚悟が必要ですし、それ自体が間違いなく大きな挑戦です。

二年目しっかり防除対策できるよう準備したいと思います!

日々経験
日々精進

92【若穂大野】

LINEで送る

2019年8月28日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、若穂のオオノです。
先日うちの夫人が体調を崩してしまい、安静にしていました。
きっと最初は母の身を案じる様な素振りをしていたでしょうが、
途中から「なんだか今日は怒られないぞ」思ったであろう三女。
私が家に帰るとこんな感じで、母親の横で昼寝をしてました。
DSC00818[1].JPGのサムネイル画像
【物があるから散らかるが、無ければずっと1対1。難しい采配です】

檻の設置 ( 中条地区 村松)

LINEで送る

2019年8月25日 | 活動内容:その他 |

お盆が過ぎて、涼しくなってきました!

どうも、中条の村松です。

この暑い最中に、檻を移動する作業をしました。

DSC_0096.JPG

結構長い間置いておいた場所から移動する予定でしたが、想定外のことが起こりました。そう、竹藪に置いていたんですね。もう、竹は檻の中に伸びるし根をはるわ。檻が動きません!!

しかし、今日やると決めたので、大の大人5人でひたすら土かき根切り!!2時間かけて撤去に成功!!

DSC_0100.JPG

DSC_0099.JPG

いや、かなりシンドかった!!服もドロドロ汗ダラダラになりました。

DSC_0097.JPG

せっかく撤去できたのに檻が曲がって使い物にならなくなりました。

DSC_0098.JPG

犯人はこいつでした。しっかり檻にからまってました。 檻は修理して使用します。そして、大の男5人の得た教訓は、竹藪には檻は置かないことでした。

問題です。(中条地区 藤原)

LINEで送る

2019年8月25日 | 活動内容:その他 |

こんにちは。中条地区の藤原です。

「経験なし。コネなし。からの農業日記」。第3回です。

DSC_0009[1].JPG

中条の夏はやっぱり暑いです。と書こうとしたんですが、お盆明けから突然涼しくなりました。
朝晩は少し寒いくらい。やっぱり標高が高いと季節の変わり方が違います。
暑がりな自分にとっては、この気候はとってもうれしい。

さて、今回はいきなり問題です。

この竹。何に使うでしょう?長さは2mくらいあります。

DSC_0041[1].JPG

今月は、 リンゴもブドウも作業がほとんどない(品種にもよりますが)ので、クイズ形式で始めてみました。
この後、徐々に加工していきますので、何に使うか考えてみてください。
ヒントは、「リンゴの栽培に使うもの」
加工に使う道具は、「ノコギリ・剪定バサミ」です。

8月28日(水)に行われる、さくらマルシェについても書きます。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップ