長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

「若穂」の記事一覧

2019●保科の郷●秋祭り開催決定(若穂) 

LINEで送る

2019年7月10日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは若穂地区の越前屋です。
若穂という地名は比較的新しくできた地名で昔の綿内村のワ、川田村のカ、そして保科村のホ。それぞれ三つの村の頭文字を取ってワカホ=若穂という地名が生まれました。その三つの地区でも一番田舎、、、失礼。自然豊かな地域が保科で私も正確には若穂の保科地区の地域おこし協力隊員となっています。

この若穂でも田舎、、、失礼。自然豊かな保科がいま熱いのです。
保科の若者が集まりNPO法人【保科の郷】を立ち上げたのが一昨年。昨年は夏祭り予想300人→実際2500人動員!!

秋祭りは二日間で9500人!!動員とを大成功させ今年は更にパワーアップした祭りが企画されています。

image1.jpeg

郷に従う(若穂大野)

LINEで送る

2019年6月26日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、若穂のオオノです。
いいところまで書き上げたブログの記事がどういう訳か
消えてしまうことが何度かありました、今回もそれです。
こういう時にやる気を盛り返すのはとても苦労します。
だから私は普段からメモ帳に手書きで予定を記します。
(それをを失くしてしまえばそれまでですが)
最近やっとわかってきました、何故破竹にサバ缶なのかが。
せっかく頂いたものだから自分で処理して調理しようと
見よう見まねでやってみたら、なかなかおいしい。
引っ越してきた頃は「なんで水煮?味噌煮じゃないの?」
などとほざいていた自分が恥ずかしくなります。
うちの家族にも好評で、長女は何度もおかわりします。
しかしサバだけ残して食べる、でも大好きとの事。
DSC00730[1].JPGのサムネイル画像
【採るのも楽しく食してもよし。サバ缶依存からの脱出が今後の課題】


三年目のお米作りスタート(若穂地区 越前屋)

LINEで送る

2019年6月 7日 | 活動内容:農地活用 |

まだ6月だというのに夏のような暑さが続く若穂です。
長野に協力隊として移住してきてすぐに地元の方から

「せっかく長野に来たんだから自分家で食べる分の米だけでも作ってみないか?」とお誘いを頂き
着任した年から米作りに参加させていただきましたが、今年で3回目の米作りになります。

自分の場合、田植え機、稲刈機、耕運機は持っていないので、機械を必要なときは借りて行うのですが
いずれの機械も3回目ということで随分と慣れてきました。

田んぼの水の管理も知恵がつきました。昨年は田の水が漏れて漏れて安定するまでかなり時間がかかったのですが、
今年は去年の失敗を教訓に水漏れ箇所を初めて水を田にいれる段階からチェックして塞ぐ作業をしたので水漏れは最小限で済んでます。
水が抜けないで蒸発分だけを補充できるような田だと水管理の労力は格段に少なくなり田植え終わると後は稲刈りまで周囲の草刈りだけのような状態になります。

IMG_6663.JPG

【昨年まで水が苦労した田んぼ】

違いを知る【若穂大野】

LINEで送る

2019年5月29日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは、若穂のオオノです。
すっかり緑になってしまいまして、爽やかな日々です。
子供達と散歩をしたり畑の準備をしたり、活動的になります。
そして知恵がついてきだした三女のいたずらを誰も止められず、
キッチンに忍び込んでは何もかも引っ張り出してしまいます。
ぶちまけたチリパウダーをブツブツ言いながら掃除機で吸い取るも、
それ以来掃除機の排気からその匂いが消えません。
世の中は、経験しないと学べないことで溢れかえっています。
DSC00645[1].JPG
【しかしこんな姿を見ていると、父ちゃんとても嬉しくなります】

花盛り【若穂大野】

LINEで送る

2019年4月24日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、若穂のオオノです。
最近我が家で皆が夢中になっているのもがありまして、
長女が誕生日プレゼントに欲しいとごねていたものです。
なかなか難しくて最後までとても到達出来そうにありませんが、
こいつは大当たりでした、胃腸炎と同じ位。
うちの夫人はインディージョーンズのテーマ曲を発しながら遊んでいます。
迷宮にいるような気分、分からなくもないと不覚にも思ってしまった私。
DSC00589[1].JPG
【この手の事はすでに子供た達の方が上手い気がしてます...無念】

1  2  3  4  5  6  7  8  9
ページトップ