長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

人生初ブログです。。

LINEで送る

2020年1月18日 | 活動内容: |

はじめまして

1月より、若穂保科地区担当 ニシナカです。

地方移住の夢を叶えるため、様々なご縁に導かれこの地にめぐり逢いました。

ブログではこれからの若穂での活動と日々の生活で体験したことなどをメインに若穂保科の魅力を伝えていけたらと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

C8872821-64AC-4EDF-8CC6-7C541C8A2C41.jpeg

若穂保科地区は果樹の栽培が盛んで、

りんご、ぶどう、ワッサー(すみません初めて知りました。。)などなど、たくさんの果樹が栽培されています。

自分のミッションはそんな果樹の販路拡大やイベントを通じてたくさんの方に知って頂くこと、また実際に栽培もしていくことが出来るようになりたいと考えています。さらに有害鳥獣駆除対策としてのスキル獲得、ジビエなど盛りだくさんの予定です!

先日地区の方々から「どんど焼き」のお声をかけて頂きました。

初めての体験でしたが名前の由来なども教えてもらい(どんどん焼くから~など諸説あり)

またいろいろな方とご挨拶も出来てとても良い機会を頂きました。

50125DD2-A138-40AC-9D90-13502A98D586.jpeg

これがこうなります。

4070CFB4-051F-4180-851B-4E2E96745BA6.jpeg

時折、竹が割れる爆音に驚きながら炎で温まりつつ煮干しなどを頂きました。

両目が書かれているだるまがいくつもあり、誰かの願いが叶ったんだなぁとほっこりした気分を懐きつつ、自分も3年後には定住という願いが叶っただるまさんを焼いてもらえるようになるぞと思った次第です。

みなさま、これからどうぞよろしくお願い致します!

やっと寒くなりましたが・・・(信里地区 渡邉)

LINEで送る

2020年1月 8日 | 活動内容:その他 |

12月の後半の朝、とうとう最低気温が-7℃になりました。やっと冬らしくなってきた信里です。

ミッションの特殊性から、12月は各イベントの残務処理が多く、事務仕事中心となっています。そのため、ミッションがらみの写真はどうしても少ないので、毎年この季節は観光ネタになっています。

長野で3度目の新年を迎えました。昨年同様、年末年始は長野で過ごしました。昨年に続いて善光寺の二年参りも考えていましたが、風が強く寒いので止めました。

元旦は地元の茶臼山動物園に行ってみました。

レッサーパンダは暖かい室内で元気に愛嬌を振りまいています。

chausuyama.jpg

来春の定植準備作業

LINEで送る

2020年1月 6日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、長野市浅川でワイン用ブドウを栽培、ワイン造りへ挑戦中の宋です。

11月後半から開始した、浅川の圃場での「仮植作業」は無事完了し、12月中旬より来年4月の定植準備作業を進めています。

その準備作業の一つが「竹」。

来年はブドウ苗が今年以上に成長する為、その新梢を誘引、仕立てていくための棚(垣根仕立て)が必要であり、それの支柱と

して使う予定の竹伐採を行っています。

地元で紹介していただいた竹薮数カ所にて、目標1000本(長さ3m)!!

竹薮

DSC04032.JPG

ノコギリとナタ

DSC04047.JPG

枝落とし

DSC04033.JPG

1日50本

DSC04045.JPG

昨年はたくさんの方々にお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございました(鬼無里地区 佐竹)

LINEで送る

2019年12月27日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、鬼無里地区の佐竹です。私はこの度、今月末をもって協力隊を退任することになりました。また、自身の事情もあり退任後は鬼無里を離れることになりました。長く間があいてしまったりもしましたが、これまでブログを見ていただき、ありがとうございました。

着任からずっとえごまの栽培とえごま油の販売に奔走して、気がつけばあっというまに時が過ぎておりました。

kinasa2019122701.JPG(夏頃のえごま)

カン違い【若穂大野】

LINEで送る

2019年12月27日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、若穂のオオノです。
以前は管理するほどの予定がなかったので楽でしたが、
最近は手帳がとても重要になりました。
来年はどんなのにしようかと見比べながら選ぶ。
(110円なので必死に悩むほどの選択肢はありませんが)
カバーの横にちょっとしたメモを入れられるジップ付きのヤツ、
便利そうなので購入し、カバンの中で散らかった紙類を入れてみる。
「こいつぁいいや!」試しているうちにプラの部品が勢い余って抜け落ちた。
しかも閉まったままで、ポテチの袋を開けるが如くtryするがtoo tight!
メモを救出するために泣く泣く刃物を入れました。
「お前は子供かっ!」自分自身にツッコミを入れずにはいられない出来事です。
DSC02359[1].JPG
【ひと文字も書かずに...人生はトホホなことが9割だと再確認しました】

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップ