長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

三寒四温(若穂地区 北村)

LINEで送る

2024年2月20日 | 活動内容: |

こんにちは。若穂地区協力隊の北村です。

今月はドカ雪が降ったり、急に暖かくなったかと思えば寒かったりと、体調管理も大変です。

暖かくなれば樹も芽吹いてきますが、また寒くなって霜がおりたりすると、芽がダメになるので、この時期の春の陽気は喜んでもいられません。雪山も本来なら書き入れ時のはずが...。近年の温暖化は深刻な問題です。。

先日、北信地域の協力隊向け研修会や全国の協力隊が集まるサミットに参加し、各地の協力隊の方々との情報交換をして、いい刺激を受けてきました。

さて作業の方ですが、引き続きプルーンを中心に剪定作業、ブドウ短梢剪定の切り口消毒、さらには少しだけ加工のお手伝いをさせていただいています。

栽培から加工・販売まで、一次産業から六次産業まで担えると強いなぁと思ったりもしますが、栽培をしっかりできるようにならないと始まらないので、まずは剪定から学んでいます。

基本は押さえつつもそれぞれの園主さんの考えに沿えるように、、とは言え、切ってしまうと戻せないので、確認しながら慎重に。

樹も毎年成長していき、一本一本の状態も異なるので、それぞれの樹と向き合いながら。これが正解!というのもないですが、これも自然相手の醍醐味と思って、恐る恐る楽しんでいます。

結構コツコツ仕事は性に合っているのか、嫌いじゃないなぁと思いつつ、色々考えたり悩んだりしながらなんとかやってます。

地域の方やかつての同僚・仲間など気にかけてくださる方々がいてありがたい限りです。

IMG_0734.jpeg

ご縁があって、スキー場の裏方仕事も手伝ってみました。学生の頃のバイト以来の夜勤です。こういう仕事に支えられ、昼間滑っていられる事を改めて感謝です。

しかし夜間の気温が低くないと、造雪効率が悪いため、2月半ばまでしかできないそうで、こんな所にも温暖化の影響が出ています。

農閑期の冬の仕事として、各地から山に登ってこられる農家の方も結構おられるので、色々と教えていただける貴重な機会となってます。

極寒の中でしたが、星はめちゃくちゃ綺麗でした!

IMG_0668.jpeg

(↑この日の最低気温は-18℃)

りんごをつくる(長沼地区 茂垣)

LINEで送る

2024年2月19日 | 活動内容: |

栽培したりんごをどこに販売するのか、

少しでも販売価格を上げるにはどのように販売するのがベターなのか、

販路開拓は地域おこし協力隊としてのミッションの1つであり、りんご生産者にとっても重要な課題である。

 

農協や市場での販売対策はもちろん、

市場や仲介業者を通さない直接販売ルートの開拓、BtoB、贈答用、オンラインショップなどでの個人向け販売、加工品などの6次産業化やブランディングによる差別化などなど...

 

しかし、いすれのQCも辿り着く先は、

「美味しいりんごをつくる」

コレに尽きる。

 

栽培におけるりんごの良し悪しは剪定8割、管理2割と言われている。

収量はもちろん、品質やサイズ、味はほぼ剪定で決まるってこと。

しかし1月から毎日のようにりんごの剪定をしているけれど、

今年の試行錯誤は今年のうちに結果が出るわけではない。

 

3年後か5年後か、あるいはそれ以上先か...

りんごの樹の将来を見越した整枝剪定である。

 

 IMG_2347.jpg

 

剪定せずに放っておいても、りんごの樹にはりんごの実がなる。

 

けれど、自分の剪定したこの樹のりんごは、

美味しいのか、美味しくないのか?

甘いのか、甘くないのか?

酸っぱいのか、酸っぱくないのか?

大きいのか、大きくないのか?

赤いのか、赤くないのか?

形はどうか?

キズはないか?

そもそも商品になるのか?

 

"美味しい"は二の次、"販路開拓"なんて三の次だ。

 

地域おこし協力隊としての任期はあと2年。

とにかく"りんごをつくる"

 

を習得することが最優先。

 

 

IMG_1816.JPG 

(戸隠地区 加藤)

LINEで送る

2024年2月16日 | 活動内容: |

こんにちは。
戸隠の加藤です。

戸隠の冬は、畑作業はできませんがスキー場がとても賑わっています。
先日戸隠の女性グループの集まりがあるよとお声がけ頂き、はじめて戸隠スキー場へ行ってきました。

20240208_103630.jpg

20240208_124809.jpg

125040.jpg

今回のメインはスキー場の中腹にあるレストラン「やなぎらん」での女子会。

105601.jpg

105509.jpg

看板メニューはラクレットチーズのプレートだそう。
せっかくなので看板メニューを戴いてきました。
塩味の効いたチーズがたっぷりかかったクルミの入ったふんわりパン。
サラダもついていてボリューム満点。
食べきれないかと思いましたがおいしくてパクパクあっという間に食べきってしまいました。
窓の外にはたくさんのスキーヤーたちがリフトで瑪瑙山の山頂を目指して登っていったり、上から滑ってきたり。
その様子を見ながらゆっくりするのも、やなぎらんがあるからこその楽しさなのだなぁと実感。

戸隠スキー場は音楽が流れない静かなスキー場です。
スキー板が雪肌を滑る音とリフトの音と、話し声だけが聞こえる。
この静けさが心地よく、いつもは見上げている戸隠連峰に向かって滑り降りるのはとても贅沢な時間でした。
「戸隠のスキー場の静けさが好きなんだよね」と仰っていた方々の気持ちが少しわかった気がします。

戸隠の農家さんや皆さんの働き場にもなっているスキー場には、長野市の学校のスキー教室や、長野市外からも多くのお客さんがいらしていましたが、戸隠の方もたくさん遊びに来ていました。
地域に愛されるスキー場があるっていいなぁとまた一つ、戸隠の良さを知った日になりました。

戸隠の畑はだんだん雪が少なくなってきました。
今年はどうしようか、考えるのが楽しい日々です。

芋井地区最強の財産は飯縄山

LINEで送る

2024年2月15日 | 活動内容: |

こんにちは、芋井地区担当の岸です。今回は、芋井地区にある貴重なお宝についてお話させていただきます。

それは、タイトルにもあるように、スバリ、飯縄山のことであり、はたまた飯縄神社のことでもあり、その神様である飯縄大権現のことを意味します。

Q3.png

地域おこし協力隊員になる前から、長らく長野市民をしていた自分にとって、飯縄山は、長野市のシンボル的な山であるとの認識はありましたし、飯縄山にも過去何度か登山したことはありますが、戸隠山や会津磐梯山のような地域の財産として、飯縄山を崇めたことは一度もありませんでした。

Q1.png

ところが、昨年の秋、東京八王子市の高尾山の総本山が、飯縄山であるとの話を他人から聞かされ、直後に、地元の関係者一行と高尾山に訪れたことで、その認識は一変することとなりました。

高尾山は年間300万人が訪れる世界一登山客の多い山であるとのことです。昨年11月に訪れた際も、中国人をはじめとした海外の方たちで大変賑わっていました。

Q2.png

急勾配のケーブルカーを降りて、参道をある程度登り切ったところに、神社のようでもあり、ところによってはお寺のような建物やオブジェのようなものが沢山出現して来るのですが、銅像が烏天狗であったり、赤い天狗の仮面が飾られていたり、看板に書かれている文字は、何処も飯縄大権現のオンパレード。飯縄山の隠然たる底力に度肝を抜かれてしまいました。

Q5.png

元々、高尾山「高尾山薬王院有喜寺」は、西暦744年に聖武天皇の勅令により、行基が開山したとされています。その後、室町時代の1375年に京都醍醐山の俊源大徳が入山、飯縄大権現を本尊として中興したとされています。

訪問時は、飯綱高原観光協会の一行として訪ねたのですが、高尾山薬王院の僧侶たちは、総本山の住民である我々をとても厚遇してくださり、護摩焚きのほか、精進料理もおもてなしいただき、飯縄山、飯縄大権現のゆかりについてお話も丁寧にしてくださいました。

Q4.png

飯縄山、飯縄大権現の山岳信仰は室町時代から盛んになり、全国に300箇所以上の飯縄神社が全国各地にあるとされています。

飯綱高原では毎年8月10日に、飯縄火祭りが開催されるのですが、20年ほど前からは、高尾山の僧侶が、護摩焚きの儀式を執り行ってくれるほか、毎年6月5日の開山祭の折にも山伏の格好をした僧侶たちが飯綱高原を来訪されます。

次回は、地元の飯縄山、飯縄神社、飯縄大権現についてご紹介させていただきたいと思います。

Q6.png

春はすぐそこまで

LINEで送る

2024年2月14日 | 活動内容: |

 こんにちは。中条地区担当の井上です。

立春も過ぎて暦の上では春の訪れですね^^

季節の変わり目になるので体調管理には気をつけていこうと思います!

私は花粉症なので春は憂鬱です。。。

さて1月の終わりから、いよいよ中条にある加工施設にて味噌作りや醤油作りが始まりました!

1707917356328.jpgお世話になっている農家さんと、なかじょう保育園の園児&先生方との味噌作り

こんなに小さい頃から味噌作りが体験できて素晴らしいですね。

とても大切なことだと思います。

1707917356571.jpgこちらもお世話になっている農家さんと研修生、私も参加させていただいている『大豆のかみさまに感謝する会』のメンバーのみなさんとの味噌作り。

今回は塩にこだわっていたので熟成して食べるのが楽しみ♩

1707917356726.jpg玄米麹も白米麹もすごく状態が良かったです!

自分で作った大豆とお米でも味噌作りしたいのですが

まだ大豆の脱穀が・・・汗

徐々に進めていきたいと思います。

1707917355894.jpg松代農業研修センターでは最後に残ったほうれん草の収穫をしました。

雪が積もってペシャンコに潰れていますが甘みが増して美味しいとのことです。

間引かなかったので強い子が残ったと思います。ちょっとぎゅうぎゅうで可哀想ですね汗

1707917358340.jpg我が家の庭にも『ふきったま』が出てきました!ふきったまって長野の方言かな!?

1707917357189.jpg1日の終わりにこんな景色が観られて感謝感謝☆

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]
小林 梨恵 [記事]

篠ノ井信里
那須野 佑樹 [記事]

信更
梅野 大樹 [記事]

松代
水嶋 謙治 [記事]

若穂
北村 健 [記事]
越智 健三 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

長沼
茂垣 明徳 [記事]

豊野

戸隠
加藤 有希子 [記事]
高橋 理絵 [記事]

鬼無里

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
大岡 堅信 [記事]
坂本 賢二 [記事]
木村 智佳子 [記事]
岩川 義子 [記事]
古畠 和昌 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
西中 崇 [記事]
木原 貴之 [記事]
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

年間アーカイブ

2024年 [19]

2023年 [111]

2022年 [94]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ