長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

「大岡 堅信」の記事一覧

2022年11月 林業系協力隊(中条地区 大岡)

LINEで送る

2022年11月21日 | 活動内容: |

こんにちは中条地区の大岡です。

めっきり寒くなってきました。

中条は長野市街地より体感で2°は低い気がします。

昨年は11月末にも雪が降ってきました。

いよいよ身も心も凍える季節、3シーズン目を迎えます。

7月からミッションに林業を加えたのですが、加えるにあたり直接きっかけをもらったのは、NPO法人信州フォレストワークによる中条地区での間伐が直接のきっかけでした。信州フォレストワーク(SFW)は、森林ボランティアによる里地里山の保全や森づくりに取り組み、2002年から長野県を中心に活動しているNPO法人です。間伐など里山の手入れから棚田での米づくり、学校林での環境教育など里山里地を保全、活用するためのさまざまな活動を実践しています。

以前も書きましたがここでの間伐の経験により林業への関心が強まりミッションを加えることにしたのです。いまの私の活動の一つの柱が信州フォレストワークでの森林ボランティア活動となってます。

間伐後光が差し込む杉林

R0012621.JPG

R0012624.JPG

私の活動のもう一つの柱が元長野市地域おこし協力隊の大野さんとの伐採作業です。林業に関心が出てきた今年の4月ごろ林業をミッションとしている鬼無里の木原隊員に連絡して作業現場をみせてもらいたいとお願いしたのがきっかけでした。以来大野さんの現場に呼んでいただき木を伐る方法から、特殊伐採、樹をつり下ろすリギングの方法など多岐にわたって教えていただいてます。特に木に登って伐る特殊伐採についてはお金を払ってでも習得したい技術、今はまだ木登りをスムーズにできるようにという段階ですが。。

以前は特伐についてなんとなくできらたいいなという程度でしたが、木原隊員に「高所恐怖症なのに特殊伐採されるんですね」と聞いたところ「特伐できないと食っていけないからね」と。その言葉を聞いて目の覚める思いで習得に取り組まなくてはと思いました。

大野さんのフィールドは長野市内の寺社、公園、個人等広く、いろいろな現場を体験させてもらっています。作業は木原隊員、元協力隊員のA野さんと最大4人で行っていて、チームならではの連携なども味わえています。

9月の真田公園、砂場の先のケヤキは今はない

IMG_3661.jpg

IMG_3660.jpg

ロ-カルな話題を一つ

11月3日、4年ぶりに中条でむしくら祭が開催されました。「むしくら」は信州100名山の一つ、中条のシンボルである虫倉山に由来します。長野市出身であるお笑い芸人の「もう中学生」さんのステージやさまざまな演奏があり大いに盛り上がりました。会場となった道の駅中条にはステージや広場があり他の道の駅にはない強みではないかと思いました。

IMG_3879.jpg

2022年10月 飛騨高山へ行ってきました(中条地区 大岡)

LINEで送る

2022年10月24日 | 活動内容: |

こんにちは

中条地区の大岡です。

9月に入り中条に新しい協力隊、井上隊員が着任しました。

着任されて早々、中条をご案内したり、お世話になっている方々に一緒にご挨拶に行ったりしました。

同じ東京からの移住ということもあり、いい仲間が増えたなと思っています。

今後も中条の地域おこし協力隊員をよろしくお願いします。

さて10月13日に岐阜県高山市にある飛騨五木

という会社を視察する機会がありましたのでご報告を

高山市は日本で一番面積が大きい市で東京都ほどの面積です。

そのうち90%山林が占めています。

飛騨五木は「自然資本から地域を変える~ちいきで愛され 旅する五木」

というヴィジョンを掲げ木材を中心とした多角的な経営をされておられます。

まずご案内いただいたのは

道の駅荘川にある温泉施設でした。

ここでは木質バイオマスボイラーが導入され熱源として製材のときにでた端材をチップにしたものを

供給して運営されています。

R0012724.JPG

ここからチップを投入

R0012726.JPG

地下部では4台のボイラーがあり効率的に運用されています

R0012730.JPG

次にご案内いただいたのは塩屋水力発電所

水力発電と聞くと巨大なダムを想像してしまいますが

ここではミニ水力、マイクロ水力と呼ばれる規模で発電されています。

R0012738.JPG

R0012734.JPG

大規模な水力発電は開発時に環境に負担を与え、住民移転なども必要になってきます。

飛騨五木では地域資本として地域の自然資本開発に携わるという理念から合意形成から整備、出資まで携わっておられます。

午後は飛騨五木の木材土場から製材・加工の現場を見させていただきました。

R0012739.JPG

丸太や製材された木を自然乾燥しています。

製材は建築計画に合わせ行われストックされています。

R0012740.JPG

仕上げの低温乾燥室、中に入ると木のいい香りが全身を包みました。

R0012747.JPG

代表自ら案内いただきました。

R0012748.JPG

ここで出た端材は温泉施設のほか社内の薪ボイラー、木材の乾燥、製紙用、地域の畜産農家で利用されます。

飛騨五木では立木からの買い付け、伐木・造材を行っており、木材一本一本の産地や山主が明確化されておりその使用先までわかるので山主の意が建築主にそのまま伝わります。

会社としてこのような仕組みを作られて地域や環境に貢献している姿勢を見習わなくてはと思いました。

視察を企画しお誘いいただいた根羽村森林組合の皆様、お忙しいなかご案内いただいた飛騨五木の皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

2022年8月 大雨、災害発生(中条地区 大岡)

LINEで送る

2022年8月26日 | 活動内容: |

こんにちは

中条地区の大岡です。

8月に入り異常に暑い日が続いておりますがお元気でしょうか。

8月6日の夜、長野市中条やおとなりの小川村では突然のゲリラ豪雨に見舞われました。

その日の昼は普通の天候だったと思います。

それが夜10時頃以降激しい雨が降り続きました。

夜なので外の様子もわかるわけもなく。

ただただ雨音だけが聞こえる長い夜でした。

突然、スマホが大雨を伝えたり、無線放送が音量マックスで警報をならすので

ビクビクしてました。

そして、次の日は長野県知事選挙に従事することもあり

避難を呼びかけてくれた友人の家に逃げるわけにもいきませんでした。

夜が明け、雨は止んでいたものの家の前の土尻川が暴れた光景が目に入ってきました。

畑や田んぼに浸水した跡があります。

IMG_3536.jpg

土尻川沿いにある中条支所も川沿いはこのような様子。

IMG_3539.jpg

IMG_3540.jpg

橋に流木や土砂が絡み川をせき止めてしまったようです。

次の日は日曜日にもかかわらず、支所の職員の皆様多く支所に駆けつけてこられ

対応をされていました。

また並行して選挙もつつがなく行われました。

床下浸水、土砂の崩落、畑の被害、道路通行の復旧等様々な被害が報告されています。

今もなお復旧の最中です。

私も土木担当の方のお手伝いという形でほんの少し復旧に携わりました。IMG_3555.jpg

土砂が道路をふさいでいます。

IMG_3562.jpg

土砂をドーザで掻き出していきます。

もちろん運転しているのは土木の大先輩です。

私はこの現場では画像記録を担当。

中条地区内ではこのようなところが多く発生、民間の業者さん、県、他地区からの応援により復旧を続けています。

このようなゲリラ豪雨による被害はどこで起きてもおかしくありません。

これからの台風シーズン皆様も備えをお忘れないようお願いいたします。

2022年6月 新たなミッション(中条地区 大岡)

LINEで送る

2022年6月30日 | 活動内容: |

皆様こんにちは

お久しぶりです中条担当の大岡です。

大岡担当の中条ではありません。長野市は大岡という地区もあるので紛らわしいですね。

ブログ停滞してました。すいません。。

協力隊になってわかったことですが、自分の考えを言語化することは

とても難しいです。

考えていないわけではないのですが考えを口にする、文章にするなど私は非常に不得意です。

私のブログを待っている人などいるのだろうか、そもそも見てくれている人がいるのだろうか。

そんな思いすらあります。

なので思いついたことをとにかく書いていきます。

この間いろんなことがあったはずですが

いつのまにか季節が冬から夏になってしまいました。

そして私の状況・考え方もいろいろ変化してきました。

私のミッションは農業技術の習得などなど、うろ覚えです。。

2月の時点では自然栽培による野菜作りを目指しており

中条にある有機農家さんのところで研修生に混じって仕事をさせてもらってました。

有機農家さんのところは標高が中条の中でも高いところにあり、

気温も下の気温からさらに2,3度低かった。

冬の作業は厳しい寒さで大変でした。

IMG_3010.jpg

3月、中条のとあるところで間伐がありました。

農業から話が飛んでしまうのですが、間伐とは森林(主に人工的に植えられた林)

の育成のため一定の木を間引きすることです。

私は森林ボランティアに所属し中条での間伐に参加することになりました。

かなり傾斜のある該当地、杉が20m以上にも成長しており、

あたりはうっそうとした光の射さないところでした。

そこでチェーンソーをお借りして、皆で掛かり木を倒しながら一本一本倒していきました。

そして全体の約三割を切り倒し作業を終えました。

そこでみた間伐後の光景を忘れることができません。

うっそうとした森が木漏れ日がさす整理された林になってました。

IMG_3143 (1).jpg

私はそれ以来ミッションに林業的な仕事、間伐など森林を管理する仕事を加える

という考えに取りつかれとうとう次の7月実現することになりました。

全部書くと話が終わってしまうので今日はここまでとさせてください。

IMG_3353.jpg

2022年1月 農業について思うこと(中条地区 大岡)

LINEで送る

2022年1月27日 | 活動内容: |

こんにちは!

中条地区の協力隊大岡です。

今年の一月に着任して約一年

とうとう一年たってしまいました。

農業経験0からのスタート

せっかく始めるのであれば新しい農業

慣行農法ではない農法を学んでいきたいそんな思いが

強くなってきています。

【自然農にいついて】

自然農・自然農法といっても様々な考えがあり一概にはいえないのですが

私がめざすのは無肥料、無農薬かつ

可能な限り不耕起で農作物を育てるということ。

昨年の春からお借りした畑で全く農薬、肥料を与えないで

作物が育つのかどうか試してみました。

試した作物の数40種以上

比較的育った野菜は

長ねぎ、じゃがいも、きゅうり、ズッキーニ、白菜、

スイスチャード、ミニトマト、ルッコラ。

このほかは虫にくわれてしまったり

植えた苗のまま大きくならなかった。

また、実や葉など収穫するところまで育たなかった作物も。

今現在畑は雪に覆われて何も見えないない状況です。

2021年、わたしの畑での実験は終わりました。

【自然農で学んだこと】

これまで自然菜園スクールや書籍、動画などから学んだことから要約

種はできる限り原種に近いこれまで地元で育てられていた種を用いること

そこからすでに自然農の成否が分かれると思います。

ホームセンターで売っている種をみると多くは外国産そしてF1品種と呼ばれる

交配種がっ作物を均一に保つためなどで重宝がられています。

自然農をするのであれば自家採取され続けてきた種を使わなければなりません。

種を選ぶところから自然農は始まります。

また、自家採取した種は育った土、気候を記憶しているといわれます。

その土地で育った優秀な種は、再びその地にまかれることで

育ち方を知っているためよく育ちます。

またその土地の微生物も同じ作物同じ品種が植えらることで

また力を発揮でき相乗効果が生まれます。

つまり連作をするべきだと思います。

慣行農法では連作、特にナス科の作物は連作することが良くないと

されていて正反対の意見となります。

農業の方法は様々でその土地ごと、作る人ごとに違っていて

それはそれでよいと思います。

これらの考えはまだ私にとっては仮説にすぎませんが

今年2022年は自分がやりたい自然農について追及する年にしたいと思っています。

幸い中条には自然農を実践されている心強いかたがいらっしゃいます。

また、書籍や動画を参考にしながら自然農を追及していきたいと思います。

ー------------------------------------------

昔懐かしいかやぶき屋根の水車小屋

太田水車小屋

中条のシンボル虫倉山へ上る登山口近くにあります

現在は完全に雪景色になってます

R0012538.JPG

R0012539.JPG

1  2  3
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ