長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

「水谷 翔」の記事一覧

桜の開花まではもう少し(戸隠地区・水谷)

LINEで送る

2017年4月10日 | 活動内容:文化・行事 |

建代の桜4.jpg
戸隠祖山地区・建代の桜(天然記念物)

皆さん、こんにちは。戸隠地区の水谷です。戸隠の南方に位置し、戸隠山・飯縄山・北アルプスを一望出来る風光明媚な祖山という地区があります。祖山には天然記念物に指定されている雄大な桜の木が聳えています。冒頭の写真は柵建代神社境内の巨大な桜です。4/10現在は開花までもう少しといったところで、地元の方によると例年4下旬が見頃ということです。

祖山地区は神社や宿坊群、蕎麦屋等で知られている宝光社・中社・奥社に比べると観光客は少ないエリアですが、田畑が広がり、ゆったりとした時間が流れています。標高は約600~750m程で、時間を忘れて自然を満喫したい方にはお勧めの場所だと思います。実はアクセスも良く、善光寺から車で20分もあれば来れてしまいます。

祖山地図.jpg
オレンジ色に囲まれた場所が祖山地区

春分過ぎて緑が芽吹く季節へ(戸隠地区・水谷)

LINEで送る

2017年3月23日 | 活動内容:農地活用 |

こんにちは、戸隠地区の水谷です。中山間地の長い冬が終わりかけています。雪は随分と解け、久しぶりに大地の姿がはっきりと見えるようになってきました。気付けば小さな緑が芽吹き、花が咲き出しています。自然は自分達の生命のリズムを決して忘れず、その営みの細やかさには感動せずにはいられません。

天然の循環を感じながら生活をしていると、時間への体感覚が明らかに変化をしてきます。様々なモノ・コト・情報に囚われなくなっていきます。それでいて活力は漲り、次々にやりたいこと、やるべきことが自然発生的に生まれ、飽きることはありません。今年の春で戸隠に移住して1年を迎える私は四季の移ろいを経験し、それによって感性・直感も磨かれた気がします。

紫の花.jpg

天然循環.jpg

活断層に囲まれた戸隠の地形(戸隠地区・水谷)

LINEで送る

2017年2月11日 | 活動内容:農地活用 |

戸隠地区の水谷です。2月も半ば近いですがかなり寒いです。中山間地に春の気配はまだありません。こんなに積雪が多くて(雪かきをしていないところは寝雪が1m近く)植物は越冬できるのか?と感じてなりませんが、自然界の力は本当に凄いんですよね。

春になればきっと一斉に山野草が芽吹いて来るはずです。わらび、コゴミ、ウド、タラの芽、カンゾウ、ふきのとう、コシアブラ、、、今から春の恵みが楽しみです!

今月の協力隊ブログテーマはそれぞれの地区の特徴あるモノ・コトのご紹介です。私は農業に日々取り組んでいるので、植物の生育環境に関心が向いています。今回の記事では戸隠の地形について書かせて頂こうと思います。

まずは戸隠エリアを俯瞰したいと思います(大凡この四角の中が戸隠エリアです)。一目で山々に囲まれている場所だということがわかります。山あり谷ありの高低差が大きく不便なところとおっしゃる方もいますが、いやそこが魅力的なんですよね、と私は感じます。

戸隠エリア.jpg

長野市街地から車で20分程度で来ることができます。昔は長野市街地から戸隠までは一山二山を越えての行き来が難儀で奥地というイメージだったようですが、今はトンネルや車道が整備されており、信号が1基も無いので案外ストレスなくスムーズに街までおりることができます。

土壌を知り育苗を始めました(戸隠地区 水谷)

LINEで送る

2017年1月21日 | 活動内容:農地活用 |

皆さん、こんにちは。戸隠地区の水谷です。先週から日本各地で大雪に見舞われていますね。戸隠も積雪がかなり凄いです。数日間降り続き、新雪のところでは軽く腰上くらいの積雪があります。

そんな中、地区内でのそば打ち講座、どんど焼き祭り、農業者の新年会に参加させて頂きましたが、皆さん(70代の方々も多い)当然のことのように大雪にビクともせず、逆に待ってました!というようなムードの方、まだまだこれぐらいでは全然だねと言って、楽しみにながらワイワイ盛り上がっていました。

ご一緒する私は、いや、これはとても良い経験だなと思い始めました。山で生きる力強い先輩達の姿勢に大いに刺激を頂きながら、慣れない除雪機の扱いも随分できるようになり、雪が降ればせっせと除雪を行っています。

西条地区 大雪.jpg
戸隠・西条地区の雪化粧の風景。日本昔話みたいですね。

今年のまとめ(戸隠地区 水谷)

LINEで送る

2016年12月17日 | 活動内容:農地活用 |

戸隠地区の水谷です。あっという間に12月も折り返し地点を過ぎました。中山間地の師走は忙しいです。今月は来年に向けて耕作放棄地の整地・再生に加えて、地区行事、農業者の集まり、忘年会など、沢山のスケジュールが入ってきています。

そして、そのどれもが大切です。人が少なくなっている地域環境であるからこそ、より一層団結力や繋がりが重要になってきます。公民館や集会所で農作業の進捗やご近所の様子をお互いの顔を見て、小料理を持ち寄ってワイワイ楽しく話しながら情報交換をする、私もようやくそのペースに身体が馴染んできた感があります。「田舎は一度入ると家族のような親密なお付き合い」とよく言いますが、本当にその通りだと思います。

地の方々と移住者は文化・習慣・仕事の進め方・価値観など、異なる部分が多々あると思います。実際、私もそうでした。どんなことも刺激的&新鮮で楽しいのですが、戸惑いが無かったかといえば、そうではありません。特に人との関係作りと仕事の進め方という点では驚くことも多々ありました。しかし、様々な行事やイベントに積極的に参加するうちに、独特のリズムや間(ま)、会話の展開・流れに慣れてきて、移住間もない頃に比べて弾力が出てきたように思います。然豊かな環境と同様に人付き合いもシンプルに見えて多様、そして深い、中山間地の魅力をまた一つ発見できました。

今月のブログテーマは「今年のまとめ」です。私は今年7月から協力隊としての活動が始まりましたので、この半年を写真と共に振り返りたいと思います。

1 御柱祭り.jpg
畑に鎮座した御柱。移住先の地区で今年7年に1度の御柱祭りが開催されました。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
 涌田 周 [記事]
 安西 晋 [記事]

芋井
 古川 悠太 [記事]
 小池 将太 [記事]

篠ノ井信里
 清水 峻明 [記事]

松代
 牧野 真弓 [記事]
 大島 誠子 [記事]

若穂
 越前屋 圭司 [記事]
 大野 雅和 [記事]

七二会
 石鍋 明子 [記事]
 山崎 信悟 [記事]

信更
 窪美 靖 [記事]

戸隠
 水谷 翔 [記事]

鬼無里

大岡

信州新町
 小寺 章洋 [記事]
 島田 裕生 [記事]
 浅野 知延 [記事]

中条
 瀧田 明博 [記事]

隊員OB・OG
 橋本 太郎 [記事]
 栗原 健 [記事]
 木下 恵美子 [記事]
 西田 靖 [記事]
 西田 視己子 [記事]
 飯島 悠太 [記事]
 鈴木 明子 [記事]
 藤原 大樹 [記事]
 小林 佐知 [記事]

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月間アーカイブ

2017年4月 [6]

2017年3月 [21]

2017年2月 [21]

2017年1月 [23]

2016年12月 [21]

2016年11月 [22]

2016年10月 [21]

2016年9月 [23]

2016年8月 [23]

2016年7月 [23]

2016年6月 [21]

2016年5月 [21]

2016年4月 [21]

2016年3月 [21]

2016年2月 [21]

2016年1月 [21]

2015年12月 [21]

2015年11月 [22]

2015年10月 [21]

2015年9月 [21]

2015年8月 [20]

2015年7月 [7]

2015年6月 [9]

2015年5月 [10]

2015年4月 [6]

2015年3月 [6]

2015年2月 [6]

2015年1月 [10]

2014年12月 [10]

2014年11月 [17]

2014年10月 [20]

2014年9月 [16]

2014年8月 [3]

任務地から選ぶ

中山間地域[18]

芋井[33]

鬼無里[129]

松代[25]

中条[29]

七二会[39]

大岡[71]

小田切[23]

信更[18]

篠ノ井信里[20]

信州新町[41]

戸隠[15]

若穂[5]

活動内容から選ぶ

移住・交流[51]

文化・行事[61]

商品開発・販売[14]

農作業[55]

情報収集・発信[96]

販売企画[9]

農地活用[30]

支援活動[8]

共同維持作業[5]

高齢対策[0]

その他[155]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き
ページトップ