長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

どうする、この夏【若穂大野】

LINEで送る

2019年7月30日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、若穂のオオノです。
先日うちの三女が誕生日を迎えて2歳になりました。
上に姉が2人いるからなのか、とてもよくしゃべります。
長女がなかなか食べさせてもらえなかった甘い物もこの通り。
世の中ではあらゆる事が低年齢化しています。
DSC00814[1].JPG
【今回夫人はアイスケーキっぽいのを制作、人形はおもちゃ箱から来た】

九州アグロイノベーション2019 (中条地区 村松)

LINEで送る

2019年7月29日 | 活動内容:その他 |

6月26日~27日に出張で福岡で開催された、九州アグロイノベーション2019・鳥獣対策・ジビエ利活用展に行ってまいりました。

地域おこし協力隊というと、赴任地域に張り付いて地域おこしの仕事ばかりしてると思われますが、そのようなことはありません。むしろアクティブに外に出て人に会ったり、新しい知識を仕入れて来ることが大切です。昔、地域おこし協力隊の研修で講師の方に言われたことが、「地域おこし協力隊の仕事の7割は人に会うこと」。まさに、その通りだと思います。地域に閉じこもって小さくまとまっていては大きく事は成せないと思います。

IMG_0371.JPG

話は変わって、さてさてなぜ今回は福岡まで行ったか。

それは、九州はジビエの利活用や農業被害対策について進んだ取組みをしているからです。色々な団体の取組みは大変勉強になりました。特に熊本の「農家☆ハンター」さんたちの取組みはすごかった!!(詳しく知りたい方は農家☆ハンターさんのHPをご覧ください)

また、今年の初めに研修でお世話になった方が講師で、箱罠・くくり罠の設置講習もしていたので、再勉強とお手伝いもしてきました。

IMG_0374.JPG

久々に人に見られながら罠をかけると緊張しますね(笑)

このアグロイノベーション11月に東京でも開催するので、農業被害にあわれている方やジビエの利活用を考えている方は参考になると思いますので行かれてみるのもいいと思います。

リンゴの見直し摘果/ブドウの摘粒と袋かけ(中条地区 藤原)

LINEで送る

2019年7月24日 | 活動内容:その他 |

中条地区担当の藤原です。

DSC_0875.JPG

ぐずついた天気が続いていますが、長野は年間降水量が全国ダントツ最下位ということもあり、大雨洪水警報が出ても、いつ雨降った?位しか雨が降りません。
ただ日照不足は深刻で、稲の生育は遅れ、野菜は生育途中で腐ってしまう等かなり影響を受けているようです。
果樹の場合、この時期の日照不足は生育にそれほど影響しないそうですが、ジメジメと蒸し暑い中での作業は、なかなか堪えます。

今月、中条地区では「お祭り」と「中条でカブトムシをとろう」が行われました。

「お祭り」では、人生初のお神輿を担がせてもらいましたが、これがまた重い重い。お祭りのあと数日は肩が悲鳴をあげていました。
娘は子供神輿を引かせてもらったり、太鼓を叩かせてもらって大満足の様子。地域の人にも良くしてもらって貴重な経験をさせてもらいました。

「中条でカブトムシをとろう」では、朝方あいにくの雨だったにも関わらず、来場者数は約1000人と盛況でした。
詳細については、長くなるので今回は割愛します。また来年にでも詳しく書ければ。興味のある方は調べてみてください。

さて農作業ですが、
今月は、
①リンゴの見直し摘果
②ブドウの摘粒と袋かけ
を行いました。

 

お神輿でわっしょい、羊肉で歓迎会。(信州新町支所・酒井)

LINEで送る

2019年7月15日 | 活動内容:その他 |

 信州新町地区の担当の酒井です。

 地域おこし協力隊に着任して1か月半が経ちました。今回は、地域おこし協力隊に興味を持っている方々に向けて、私の今の心境を綴りたいと思います。

IMG-6235-1.png

"羊の町"信州新町の名店「さぎり荘」にて。インパクト抜群の羊肉で支所の方々と暑気払い&歓迎会。美味かった!

 私が着任した信州新町地区は、長野市西部の犀川を挟む中山間地に位置し、山々の緑と豊かな水が綺麗な自然に囲まれた街です。また、一昔前までは緬羊業が盛んだった事もあって、街にジンギスカン屋がひしめくジンギスカンの里でもあります。

あんずとよもぎ

LINEで送る

2019年7月12日 | 活動内容:農作業 |

松代地区担当の澤田です。

昨日は梅雨の雨の一日で寒いくらいでしたが、今日は打って変わって暑い暑い晴れの日。

今の時期でも長野の寒暖の激しさを感じます。

松代の特産、あんずが収穫の時期です。

地元ではあんずを生で食べます。あんずは"あし"が早く、収穫の時期が短く特に生で食べられるのは今だけです。

松代に来て初めて生のあんずを食べましたが、皮ごと食べられるしタネは取れやすく、とても食べやすいです。なんといっても甘酸っぱくて美味しいです。

加工用のあんずでジャムを作ってみました。
(生のあんずの写真を撮り忘れてしまいました...)

EFE9B630-AADD-4262-BE64-5E34BEB54ACC.jpeg

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップ