長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

中山間地域は日本の宝―事業化の潜在資源が眠る(戸隠地区・水谷)

LINEで送る

2019年6月28日 | 活動内容:農地活用 |

濃厚な3年間が終了しました。

自然豊かな里山での暮らし・仕事の充足感は格別ですが、私の場合、所謂スローライフとは異なり、目まぐるしい展開とスピードの早い3年間でした。

3年間を振り返りながら、最後の記事を書かせて頂きます。

まず、田舎暮らしに必須な点からです。

生活・仕事のために、誰もが最低限習得すべき事項があり、スキルアップが日々の充実度に反映されると言っても良いほどだと思います。

・草刈り機の操作や、小型機械などが故障した際の応急処置方法
・長物、重量物の運搬の仕方、ロープ等の上手な使い方
・管理機、除雪機、場合によっては重機の使用方法 etc

農業・林業に関わらず、最低でも上記のような事項をスムーズに出来るようになることが第一歩であり、それをベースに様々な事業・企画を構想していくことが求められていると思います。

なぜなら、山で生きるとは、理念・ビジョン・アイデアよりも、まずは、いかに人として基礎スペックが備わっているかが重要であり、話しはそれから的なムードがあります。

でも、それは3年生活をしているとひしひしと感じる点です。

大豪雨や豪雪の後、人々は休みもなく、復旧作業に当たります。その時に必要なことは、現場でいかに独力で動けるかが肝だからです。

田舎独特の人間関係も注目すべき点です。

都会やビジネスライクとは異なった人間模様・信頼形成のために必要なことが里山には多々あります。人によっては抵抗感を持つケースがあると良く言われますが、環境と人々の暮らしは、相関関係があると私は考え、郷に入れば郷に従えで、様々な寄合い・集会、公道の草刈り・水路掃除等、参加できる限りは、全て参加しました。

同じ空気を吸い、同じ釜の飯を頂くスタンス。

頭で考え過ぎず、まずは行ってみること、やってみることの指針で取り組んできました。

その結果、得られたことは大きく、20代後半~30代前半でリアルな里山暮らしの経験値を増やせたこと、地域の尊敬できる諸先輩方との繋がりが出来たことが、何よりのギフトだと思っています。

さて、協力隊制度は、人よって捉え方は様々です。

私の場合、3年後には事業をある程度軌道に乗せていくという目標を立て、スタートしました。

自然が豊富な環境の中、里山暮らしにどっぷり浸かりながら、地域の眠った資源発掘に力を入れ、事業・起業を構想したい人にとっては、最適なフレームワークだと期間満了の今、思います。

活動期間中は、以下の4つの柱を常に念頭に置いてきました。

①何でも食わず嫌いをせず、自分の手でゼロから全てやってみること
②地域内外・他分野にまたがる、志を尊重した人的ネットワークの形成

③農と食に関して専門性の高い知識・スキルを身に付けること及び質の高い情報ソースを持つこと
④ブランド戦略と情報発信体制を整備すること

郷に従う(若穂大野)

LINEで送る

2019年6月26日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、若穂のオオノです。
いいところまで書き上げたブログの記事がどういう訳か
消えてしまうことが何度かありました、今回もそれです。
こういう時にやる気を盛り返すのはとても苦労します。
だから私は普段からメモ帳に手書きで予定を記します。
(それをを失くしてしまえばそれまでですが)
最近やっとわかってきました、何故破竹にサバ缶なのかが。
せっかく頂いたものだから自分で処理して調理しようと
見よう見まねでやってみたら、なかなかおいしい。
引っ越してきた頃は「なんで水煮?味噌煮じゃないの?」
などとほざいていた自分が恥ずかしくなります。
うちの家族にも好評で、長女は何度もおかわりします。
しかしサバだけ残して食べる、でも大好きとの事。
DSC00730[1].JPGのサムネイル画像
【採るのも楽しく食してもよし。サバ缶依存からの脱出が今後の課題】


りんごとブドウの栽培を行います(中条地区 藤原)

LINEで送る

2019年6月25日 | 活動内容:その他 |

6月より中条地区の担当になりました藤原です。

DSC_0709.JPG

メインのミッションはリンゴの栽培と販路の拡大です(ブドウの栽培もやります)。

37歳。前職は塾講師で、幼少期から農業に憧れていたものの経験なし、コネなし。
ただただ長野が好きということと、農業がやりたい!という気持ちだけで、妻と2歳の娘を連れて協力隊に応募しました。将来的に独立就農を目指しています。

というわけで、僕のブログでは、

新規就農を考えているけど、
何から始めていけばいいのか分らない方
果樹栽培に興味のある方

に向けて、リンゴ,ブドウの栽培の年間の流れを中心に書いていきたいと思います。
※農家さんによって様々なやり方があるため、これが必ず正しいというわけではありませんので、その辺は温かい目でご覧いただければ幸いです。


もちろん、中条の魅力も同時に発信していきます。

「ワイン用ブドウ畑の開墾及び栽培」

LINEで送る

2019年6月24日 | 活動内容:その他 |

みなさま こんにちは
長野市浅川地区担当 宋(そう)です。

昨年10月より「ワイン用ブドウ畑の開墾及び栽培」を主な任務として妻子3人で移住着任し、浅川ダム建設時に生まれた約3町歩の土地をワイン畑に変えるべく始動いたしました。

「始動前の土地」

43950200_2137177246300862_5947815292984885248_n.jpg

着任後すぐに土壌改良計画をスタートし、研修先でもある角藤農園(高山村)

佐藤農場長ご指導のもと、挿し木用の剪定枝確保、枝切り、重機による土壌改良、整地設計、穴あけ、土入れ、耕耘、マルチ張りなど作業を進めました。

51771334_2315164168502168_666339037530816512_n.jpg

51680021_2314090595276192_7543316774964428800_n.jpg

53892524_2367916409893610_8943945553385881600_n.jpg

そして、先月5月18日19日の2日間

約27000本の挿し木植樹を完了しました!(養生分18000本)


当日2日間で約70名以上もの地元ボランティア方達にご協力を頂き、

早くて3年後、しっかりブドウの実がなっているよう作業していきたいと思います。

60978557_2485874358097814_6548436885595750400_n.jpg

61368055_2485871841431399_6459854301807247360_n.jpgのサムネイル画像

植樹1ヶ月後、順調に萌芽成長しています!

DSC02355.JPGのサムネイル画像

久々の養鶏作業~廃鶏編~ (中条地区 村松)

LINEで送る

2019年6月21日 | 活動内容:その他 |

 長野市に来て今月で3年目を向かえました。

自分の仕事といえば、罠を仕掛けてイノシシ、シカの捕獲・駆除・解体を中心に活動中です。ですが、地域の方に頼まれればそれ以外の仕事もします。今回は、地域の方に頼まれて採卵鶏の廃鶏作業をお手伝いしました。

廃鶏、即ち殺傷分です。これは経済動物の悲しい宿命ですね。卵を産めなくなったニワトリや病気になり調子の悪くなったニワトリは飼育していても商品にならずエサを消費するだけの存在となり処分の対象となります。

IMG_0369.JPG

 四国に住んでいた時は、仕事で養鶏をしていたのでニワトリの扱いはなれたものです。ニワトリは3歩歩けばモノを忘れるといいますが、結構頭がよく人を見て覚えてます。その分愛情を注ぐと出荷する時には切なくなってきますが。

IMG_0370.JPG

 素早くニワトリを捕まえて、出荷用の鳥かごにいれます。後は、広い場所に行き処分します。

最近は田舎暮らしブームで、ニワトリを飼育して採卵しようとする人もいるようですが、最後の廃鶏するところまで考えて養鶏をしてほしいと思いました。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページトップ