長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

着任しました(松代西条地区 澤田)

LINEで送る

2019年6月15日 | 活動内容:その他 |

はじめまして。


6月より松代西条地区に着任しました、澤田奈央と申します。
埼玉から夫と2人でやってきました。


主に薬草の栽培をし、遊休農地の活用、薬草栽培の普及を目指します。


これから色々と活動の様子や気になったこと、いいところなどなど紹介していきたいと思います。よろしくお願いいたします!


松代は長野市の最南端にある、江戸時代には約250年間真田10万石の城下町となった歴史あるまちです。江戸時代以前〜現代の文化財も多く残り、様々な時代にタイムスリップするような感じがします。


そして、コンパクトなまちの中に温泉がたくさんあります!


0529makibanoyu.jpeg
[コトリの湯からの眺め]

三年目のお米作りスタート(若穂地区 越前屋)

LINEで送る

2019年6月 7日 | 活動内容:農地活用 |

まだ6月だというのに夏のような暑さが続く若穂です。
長野に協力隊として移住してきてすぐに地元の方から

「せっかく長野に来たんだから自分家で食べる分の米だけでも作ってみないか?」とお誘いを頂き
着任した年から米作りに参加させていただきましたが、今年で3回目の米作りになります。

自分の場合、田植え機、稲刈機、耕運機は持っていないので、機械を必要なときは借りて行うのですが
いずれの機械も3回目ということで随分と慣れてきました。

田んぼの水の管理も知恵がつきました。昨年は田の水が漏れて漏れて安定するまでかなり時間がかかったのですが、
今年は去年の失敗を教訓に水漏れ箇所を初めて水を田にいれる段階からチェックして塞ぐ作業をしたので水漏れは最小限で済んでます。
水が抜けないで蒸発分だけを補充できるような田だと水管理の労力は格段に少なくなり田植え終わると後は稲刈りまで周囲の草刈りだけのような状態になります。

IMG_6663.JPG

【昨年まで水が苦労した田んぼ】

5月の晴れた空の下(信里地区 渡邉)

LINEで送る

2019年6月 5日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは。信里地区の渡邉です。

今年の5月は雨が降りません。田圃も畑も大変です!!雨が降らないので田植えも遅くなっています。6月に入ってやっとぽんすけ育成会の田圃の田植えが出来ました。

ponnsuketannbo.jpg

雨が降らないため、小さい田圃にしか水が来ません。全て手植えです。

2019年花豆栽培スタート

LINEで送る

2019年5月31日 | 活動内容:農地活用 |

5月末。花豆栽培が今年も本番を迎えています。

昨年は色々とこだわったことが裏目に出てしまい、おまけに天候不順に見舞われ、花豆栽培は失敗。

悔しい思いをしました。

しかし、トライ&エラーは農業において大きな力となります。

IMG_1372b.jpg

IMG_1348b.jpg

発芽は感動的シーン。"生れ出た" を感じさせる動的なエネルギー。

この瞬間がたまりません。

栽培へのモチベーションを高められます。

これまでの経験と失敗ケースを踏まえ、大粒で良質な花豆栽培が実現できるよう、2019年もチャレンジです。

違いを知る【若穂大野】

LINEで送る

2019年5月29日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは、若穂のオオノです。
すっかり緑になってしまいまして、爽やかな日々です。
子供達と散歩をしたり畑の準備をしたり、活動的になります。
そして知恵がついてきだした三女のいたずらを誰も止められず、
キッチンに忍び込んでは何もかも引っ張り出してしまいます。
ぶちまけたチリパウダーをブツブツ言いながら掃除機で吸い取るも、
それ以来掃除機の排気からその匂いが消えません。
世の中は、経験しないと学べないことで溢れかえっています。
DSC00645[1].JPG
【しかしこんな姿を見ていると、父ちゃんとても嬉しくなります】

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
ページトップ