長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

目指せ☆地域に根ざした桃娘!〜脱!こたつむり〜(川中島 鈴木)

LINEで送る

2023年12月15日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは!

川中島地区、地域おこし協力隊の鈴木です。

あれ?もう今年が終わるの??と、毎年12月になるとちょっと気持ちが焦るのはなぜでしょう( ´Д`)

冬=農閑期とはいえ、意外と仕事が多いと感じます。

寒いからコタツから出るのがおっくうな毎日です(/ _ ; )

この冬、いっぱい穴を掘ってます。

IMG_3636.jpg

なぜ掘るのか。。。苗木をたくさん植えたいからです٩( 'ω' )و

桃の苗は、川中島白桃、たまき、あかつき、なつっこなど、まずは川中島の主戦力を増やす作戦です。

他にも、ヘーゼルナッツ、栗、ブルーベリーを植えています。

遊休農地の活用、そして桃シーズン以外での収入を見込めるように。

これから大切に育てて、川中島の風土に適して、効率よく美味しい実ができる果樹をさらに増やしていきたいと思います!

IMG_36381.jpg

そのための穴掘りは結構な肉体労働( ;∀;)でもなんとか頑張ってます 笑

元気に育ってね〜

そしてお正月の準備も 笑

公民館のしめ縄講座に参加してきました!

初のしめ縄作り♪

IMG_3617.jpg

悪戦苦闘しながらも、牛蒡締めを編み編み。。。ついでにリースも作ってみました。

クリスマスにも飾れるように、松ぼっくりや南天をつけようかなぁ〜

来週12月20日はSAKURAマルシェ♡

レイヤー 2.jpg

川中島からは農産物(ねぎ、鞍掛豆、干し芋、切り干し大根、もち米など)と、学び舎めぶきさんの加工品(ドライフルーツ、黒ニンニクなど)やアクセサリー&小物などが出品予定です!

今年のマルシェ納め、楽しい1日になりますように♪( ´▽`)

小中学生が葛の根掘り体験

LINEで送る

2023年12月11日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは、芋井地区担当の岸です。今回は、小中学生たちが行った葛(クズ)の根掘り体験についてご紹介させていただきます。

皆さん、葛とは何か、ご存知でしょうか?葛もちの原料となる葛粉が採取できる、つる性の多年草です。

この雑草、芋井に限らず、野山や荒地の至るところに沢山生えており、その繁殖力の強さから、別名・グリーンモンスターとも呼ばれています。

p1.png

どうして、こんな特殊なものを小学生たちと掘ることにしたのかと言えば、自分が小学生の時に、学校の授業時間中に、葛の根掘りを体験し、いい思い出として記憶に残っているからです。

当時は、小学生の同級生15人ほどで4時間以上かけ、直径15㎝以上ある極太の長さ1m以上あるものを掘り当てました。汗だくになりながら、大変な作業でした。

p6.png

葛の根掘り体験を主催したのは、「体験・発見・貢献隊 わくわくリーダーズながの」という、長野市と上水内郡内の小中学生と学校の先生たちからなる一行の皆さん。17人の生徒が、私が暮らす百舌原集落にバスで駆けつけてくれました。

今年の春先、芋井小学校の先生に葛の根堀りの面白さをアピールした経過があり、それを気にかけてくれていたことから、上記の体験教室で採用されることとなりました。

葛が自生する荒地を事前に草刈りして整備。前日には、芋井小学校で、おやつに食べてもらう葛もちづくりも芋井小の先生たちと行いました。

p3.png

本番は11月18日。予め、対象となる直径5㎝以上ある葛の根の根っ子を特定しておき、葛とはどんなものか、どうして葛の根掘りをするのか?オリエンテーションを行ってから、4班に分かれて作業が始まりました。

掘削に用いたのは、剣スコとツルハシ。現代っ子たちが面白がって掘ってくれるかどうか一抹の不安もありましたが、その心配は皆無。小中学生は、野山の荒地を舞台に奮闘してくれました。

その集中ぶりは見事。休憩という大きな掛け声が耳に入っても手を休めない様には、私もびっくり。時代が変わっても、子供たちの感性は変わらないんだなと感銘を受けました。

葛の根の形や土の中での根の張り方は複雑でまちまちですが、どの班の子どもたちも、ユニークな形をした根っ子を掘り上げてくれました。

p2.png

作業を終えた後は、葛もちにきな粉と黒蜜をかけて舌鼓。子どもたちは笑顔で帰ってくれました。

P4.png

ここ一ヶ月の出来事(信更地区 梅野)

LINEで送る

2023年11月29日 | 活動内容:移住・交流 |

ご無沙汰してます梅野です。
先日、人生で初めての出店をマルシェでしてきました。
信州ブレイブウォーリアーズ対...どこか忘れましたが富山県のチームとの試合会場、ホワイトリング入口で、です。
この日の為に作ってきたリンゴジュースを、やまのぶりんごと共に販売してきました。
なんとなく思ってはいましたが...やはり富山人の方がこれらのモノをよく買ってくれていました(笑)
今回出店してみて、初めて気づいたことや、お客さんの生の声が聞けて、とても有意義な時間が過ごせたと思います。
現場でやってみないと見えないような改善点など、今後の出店に活かしていこうと思います。
IMG_4132.jpg
(初出店の様子、思っていたより上手くいった!?)
入場前、ハーフタイム、試合終了後、の3パターンでそれぞれ集客の為に、道行く人に声を掛けていました。
中でも試合終了後が、一番短時間で人が集まり品物が売れていきました。
けどそれは諸刃の剣で...声を掛けると、とたんに険しい表情になったり、まるで汚いものを見るような目で通り過ぎて行く人まで...
帰りのバスがあるので、時間的に急いでる人が多いのは事実なんですけど。タイミングが悪かったですかね(笑)
人の振り見てなんとやら...
これからは自分も、興味のない勧誘等にも軽く会釈くらいはしよう、と心に固く誓いました。
IMG_4532.JPG
(ジュースには自分達でデザインしたラベルを!)
先日、圃場のわい化栽培(木の成長を2~3mでとめて、諸々の作業効率を上げた栽培法)された、りんごの木を切り倒す為の付帯作業をやりました。
数日前に収穫を終えたばかりの、樹齢20〜30年のフジりんごの木を切り倒すというので、まずその前段階の枝払いです。
伐木の理由は、りんごの色つきが悪くなった、美味しいりんごをつけなくなった、ということだそうです。
そういう経済的な寿命が20~30年だそうで、今回の木々もちょうどそれに当てはまる樹齢です。
そこで、新たな苗木を植える世代交代の為にやむなく伐木となるのでした。
直径3~4センチ位の枝を切り落としていると、中身は枯れ木のソレとは違い、若々しい黄緑色でした。素人目には、まだまだ植物として活力がみなぎっているように見えました。...なんとなく残念。
痛覚の有無は知りませんが、植物にも意思があるなんて話を聞いたことがあるので、せめてもの労いで
″今まで長い間よく頑張ったね、暑さ寒さに耐えて美味しいリンゴを沢山ありがとう!お疲れ様!!″
心の中でそう語りかけながらの伐木作業でした。
...ほぼ初対面なんですけど(笑)
IMG_4531.JPG
(最後に固い握手を交わしてお別れ)
追伸
その後、この切り倒したリンゴの木は一年間ねかせたのち、薪となって再び人々の生活を豊かに!
死してなお人の役に立つ...リンゴ等、果樹って素晴らしいですね!
DSC00690.JPG

フジ 最盛期(若穂地区 北村)

LINEで送る

2023年11月27日 | 活動内容:移住・交流 |



こんにちは。若穂地区協力隊の北村です。

移住して3ヶ月が経ちました。いよいよスキー場のオープンや雪の予報も出始め、

例年より早めにスタッドレス交換をしました。

エルニーニョで暖冬の予報ですが、数度は大雪がありそうな予感です。

京都も寒いでしょ?と言われますが、間違いなく長野の方が寒いです。

さて、先週になりますが、11月22日はいいフジの語呂から「長野県りんごの日」だそうです。

そう、お歳暮に向けてフジが最盛期を迎えています。

IMG_9461.jpeg

ここ最近は2軒のリンゴ農家さんを中心に研修させていただいていますが、

家族、親戚、お手伝いさんなど総出での収穫作業〜選果、梱包、出荷で

てんやわんやの一大イベントです。

果樹は年に一度の収穫ですが、同じように作っても毎年の天候、また木の年数、

場所によっても出来栄えは様々で、近年の気候変動もあり、本当に一筋縄ではいかない難しさがあります。

それでも収穫の喜びや、毎年楽しみにされている消費者の方を思って仕事をされている姿を

横で感じつつ、勉強させていただいています。

朝晩の寒暖差が大きくなり、フジも蜜が入ってきました。

その分、重みも増し、見ると光が通って見えると言われますが、、

まだまだその域への道のりは遠そうです。

IMG_9429.jpeg

見て、取って、食べ比べて、いっぱい経験を積んでいきたいと思います。

やはり生食が一番と思って毎朝食べていますが、娘は焼きりんごやジュースが好きなようです。

オススメの調理法などありましたら教えていただきたいです!

さて毎週のように開催されてきた秋イベントも落ち着いてきましたが、

最後に来月イベントのご案内です。

◎ SAKURAマルシェ

日時:令和5年12月20日(水) 11:00~15:00

場所:長野市役所第一庁舎1階 展示サロン(屋内)

ご興味ある方、ご都合つく方は是非ご来場お待ちしております!

虹蔵不見(長沼地区 茂垣)

LINEで送る

2023年11月24日 | 活動内容:移住・交流 |

今日も日中はポカポカ陽気。
りんご畑にはトンボとミツバチとてんとう虫。

blog024.jpg
blog023.jpg
blog021.jpg

なんだか季節感も狂いがちですが、
11月22日~11月26日ごろは、
二十四節気・小雪の初候 七十二候の第五十八候
虹蔵不見[にじかくれてみえず]

blog020.jpg

空を見上げても虹は隠れて見えない、
どんよりとした重たい雲が垂れ下がる日々が続く頃。
空からは小雪がちらちらと風に舞い、
野山が雪化粧をし始める頃。

ドンピシャのタイミングで、
ここ長野市でも明日25日未明から雪予報。

blog022.jpg

短い秋が終わり、急激に寒くなってきました。
ふじの収穫作業も最終盤戦。
りんごの木も葉が落ちはじめましたが...

IMG_2201.jpg

七十二候の第五十九候は、
朔風払葉[きたかぜこのはをはらう]

前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]
小林 梨恵 [記事]

篠ノ井信里
那須野 佑樹 [記事]

信更
梅野 大樹 [記事]

松代
水嶋 謙治 [記事]

若穂
北村 健 [記事]
越智 健三 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

長沼
茂垣 明徳 [記事]

豊野

戸隠
加藤 有希子 [記事]
高橋 理絵 [記事]

鬼無里

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
大岡 堅信 [記事]
坂本 賢二 [記事]
木村 智佳子 [記事]
岩川 義子 [記事]
古畠 和昌 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
西中 崇 [記事]
木原 貴之 [記事]
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

年間アーカイブ

2024年 [50]

2023年 [111]

2022年 [94]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ