長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

移住してきました (松代地区 水嶋)

LINEで送る

2021年10月12日 | 活動内容:活動内容 |

はじめまして

2021年9月、松代町西条(にしじょう)地区に着任しました、水嶋と申します

兵庫県神戸市より移住してきました

記念すべき初ブログは、自己紹介とミッションについてお話しします

私は、丑年しし座A型、大阪生まれの神戸育ちで普段は関西弁を話します

趣味は、魚釣り、山登り、スキーなど、自然に触れる事です

あと、英語を話せるようになりたく目下勉強中ですが、まだ話せません・・・

これまで20年余り、関西にて金融、損保、福祉分野で会社員として働いてきました

一方で、その20年余り、長野に移住して、自分らしい生活スタイルを築きたいとも思っていました

その思いはずっと漠然としており、具体的にどうしたいか、どうすればよいのかまでは、日々の仕事などで考える余裕もありませんでした

しかし、2月のある日、長野市に旅行に来ていた私は、とあるレストランの窓の外に映る、降る雪のなんともいえない景色に心を

打たれ、この風景の中に溶けこみたい、自分はこの風景の中で生きていきたいと強く思いました

ちょうどその頃、締切間近だった長野市地域おこし協力隊の募集を見つけると、それからは、すべてが流れるように進んでいきました

このようにいろんなタイミングとご縁をもちまして、長野移住の第一歩を踏み出すことができました

これから、定住に向けさまざまな事にチャレンジしていきたいと思っています

20211012雪山.jpgのサムネイル画像

心がホワホワ(松代地区 坂本)

LINEで送る

2021年10月11日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは。松代地区担当の坂本です。

今月は、圃場近くにある保育園の年長さん達を招待して、
ぶどう狩りを行いました。

とっても元気で礼儀正しい子供達。
葡萄を採る前に、洗って冷やしておいたシャインマスカットを味見すると、
『おいし〜』『あま〜い』と顔をほころばせ、喜んぶ姿。
自然とこちらまで笑顔がうつり、ニヤニヤしてしまいました(笑)

収穫しやすいように、事前に袋を剥いでおいたシャインマスカット。
子供達に好きな葡萄を選んでねと言うと、『僕はこれが良い!私はこっちが良い!』と
喧嘩もしないで、楽しそうに選んでいました。
自分が選んだ葡萄を先生にハサミで切ってもらい、両手でキャッチ!
「これってどうするの?おうちに持って帰って良いの?ママに見せたいー!」
大事に持って帰って、ママとパパをビックリさせてねと伝えると、
これまた満面の笑みを見せてくれました。
IMG_0048.jpg

IMG_0049.JPG

一人一房づつで30分程度の短い体験でしたが、子供達の全力で喜んでいる姿を見られて、
心がホワホワ、ホワホワしていました。
(子供達の未来を広げられるような事がしたいなーと、漠然と考えている中、一歩だけ前進出来たかなと、これからも何かしら出来たらなと改めて思いました)

I am a canary. 私はカナリアである。「篠ノ井信里 オーラックメヘルナーズ」

LINEで送る

2021年10月 8日 | 活動内容:活動内容 |

私は11年前専攻を化学工学から再生可能エネルギーに変えました。地球のことが大好きですから。でも再生可能エネルギーは本当に地球にやさしいのか疑っています。

幸せとは私にとって、「綺麗な水を飲む、綺麗な空気を吸う、綺麗な食べ物を食べる、好きな人々と暮らす」ことができる場所に住むことです。

 専攻を変えて、自然に近いところに持続可能な生活を送っても幸せになるはずではありません。好きな人違いは遠いところに居るし、石油化学製品と有毒な重金属で環境汚染が驚異的な速度で進んでいます。声が止むまでにこんなことしか話せません。

 

photo_2021-10-08_14-56-34.jpg

35歳 単身移住 ~最高の稔りの自信作 出荷最盛期~(篠ノ井信里地区 木村)

LINEで送る

2021年10月 4日 | 活動内容:活動内容 |

信里オーナー田の刈り入れが無事に終わり、自分の田圃も刈り取り終わった頃に

収穫の最盛期を迎えるのは、秘伝の枝豆。

その大きさ、色、香り、甘さ、コク、すべてがそろった最高に美味しい品種です。

枝豆としての収穫時期は、9月下旬のわずか1週間から10日程。

21-10-01-14-30-44-240_deco.jpg

日本の歳時記が、美しい (鬼無里地区 岩川)

LINEで送る

2021年9月24日 | 活動内容:活動内容 |

DSC_6831.JPG

9月の中頃、薄曇りという最高の天気の中、初の稲刈りに参戦してきました。

DSC_6808.JPG

DSC_6816.JPG

この頃はお彼岸にあたり、家族や親戚が集まりやすい時期でもあり、その頃に実る稲。

( 。゚Д゚。) 日本の歳時記って、なんて絶妙なんだろう!!

さて、私が参戦させいただいたのも、伯母さんご家族や嫁がれた娘さんご家族といった 親戚一同 が集まられていました。

代々受け継がれていく 田んぼ仕事。

DSC_6847.JPG

子どもが、田んぼが走る姿って、やはり大事だなと思いました。
また、彼は蛙や蛇の脱け殻を集めるだけでなく、お手伝いも大好きで、立派な戦力でした。

IMG_20210927_211009.jpg

そして、刈った稲を干す。というのは、単純な作業ながら、とても奥が深いものでした。

きゅっきゅっに詰めて干さないと、落ちてしまったり
下に付くと、鳥たちのエサになったり

と、ただの力仕事ではなかったのです。

DSC_6828.JPG

DSC_6820.JPG

DSC_6848.JPG

DSC_6859.JPG

DSC_6834.JPG

DSC_6874.JPG

DSC_6884.JPG

DSC_6890.JPG

DSC_6901.JPG

今年のお米は、ますます美味しくなりますね。

DSC_0345.JPG


それと、雑草を使った焼き菓子作りを始めています。
着任して約9ヶ月で、このような形になり、鬼無里の直売所でも販売を始めることが出来ました。

IMG_20210918_124947.jpg

これには、地域の方からの
「やってみたら、いいよ~」
と、応援があったからこそ。
本当に感謝です (´T人T`)

前の5件 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

年間アーカイブ

2022年 [53]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ