長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

視察 (松代地区 水嶋)

LINEで送る

2021年12月 8日 | 活動内容:活動内容 |

早いもので、こちらに移り住んで4か月が経ちました
山のほうでは雪がちらほらしてきました
この冬は寒くなるみたいです
冬の長野も全力で楽しみたいと思っています
戸隠山を望む.jpg

秋植え(松代地区 坂本)

LINEで送る

2021年12月 6日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは。松代地区担当の坂本です。

葡萄畑の木々も紅葉、落葉が進み枯れ葉の処理におわれています。

枯れ葉もそのまま堆肥にできれば良いのですが、
枯れ葉の病気が越冬し、来年の葡萄に影響するため焼却するか埋めるしかありません。
1491153E-3228-48B5-8835-E61140F5A467.JPG

2021年11月 りんごの収穫を終えて (中条地区 大岡)

LINEで送る

2021年12月 4日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは!

中条担当の大岡です。

りんご栽培を中心に農業技術の習得を目指して活動してます。

R0012492.JPG

りんごについては2月から継続して作業を行ってきましたが、

11月ついにフジの収穫期を迎えました。

今年のりんごの出来については春先に花が咲いた直後の遅霜

による被害が最後まで響いたようです。

今年は収量が少なく、形も悪く、表面のサビとよばれる変色がほとんどの

りんごで見られ、贈答用のりんごを扱う私の受け入れ農家さんにとっては

大打撃でした。

農園主もこのようなことはかつてなかったと嘆いておられました。

遅霜による被害は周りのリンゴ農家でも見られ

同じく贈答用のりんごを扱う農家さんでは

贈答の依頼をやむなく断るという事態になっているようです。

栽培一年目の私にとっては果樹栽培の気候によるリスクをまざまざと

見せつけられる結果となりました。

一年目なので収量についてピンとこないものの

形についてはやはり思い描いていたりんごの形ではなく

おしりの部分がどちらかに偏っており、不格好なのは否めません。

またサビについてはりんごらしい赤さはなくジャガイモの皮のような

ざらざらした表面になっていてこれも明らかに見栄えを悪くしています。

しかし、味のほうはというと決して悪くはない。

R0012494.JPG

むしろ傷やサビがあるほうがりんご自身が修復しようと働くため

美味しくなるという人もいるくらいで、フジについては甘いサインといわれる

蜜が見られました。

もし長野市、長野県産のりんごをみかけたらみなさまもぜひ購入して食べていただきたい。

少し見栄えは悪くても安心して食べていただきたいと思います。

R0012503.JPG

りんごの品種については

9月下旬に早生種である秋映から

紅玉、シナノスイート、シナノゴールド、フジと

順々に収穫していきました。

私のおすすめはシナノゴールドです。

色は黄色っぽく食べると洋ナシのような香りと

甘さとちょうどよい酸味が特徴です。

いままでりんご自体それほど好きではなかった私ですが

このりんごには魅了させられました。

もっとも中条のりんごはどの品種も美味しいです。

中条では栗林と天間という集落でりんご栽培されていますが

なかなか中条を車で通るだけでは見つけられません。

私がお手伝いするのは天間地区。

県道から虫倉山側にのぼっていくとりんご畑が広がっています。

りんごがなるシーズン一面にりんごが実った収穫直前のシーズンは

特にみごとな風景となります。

決して耕作地としては広くはありませんが天間に住む各々がそれぞれの耕作地で

栽培しています。

さて一年を通してりんご栽培を学んで果たして

あなたは今後も引き続きりんご栽培していけますかというと

まだ決められませんというのが本音です。

りんごによる収入がどれくらいか?必要経費は?気候変動によるリスクは?

持続可能なのか?というような様々な視点から今後のことを考えていこうと思ってます。

R0012535.JPG

ソルガムの結果について

収穫したソルガムについて脱穀、唐箕、搗精をおこなう前の重さ1054g

脱穀等おこなった後の重さ705gという結果になりました。

つまり40gの種を4平方メートルにまくと705gの収量が得られる。

これをもって多いと考えるか少ないと考えるかは人により評価はあると思いますが

少なくてもまったくの耕作放棄地にまいてこれだけの収量があるということは

やるだけの価値はあると私は考えます。

来季のソルガム栽培に向けてできれば耕作地を拡大して収量の増産を目指していきたいと思います。

R0012537.JPG

中条での森林整備に参加しました。

樹木の伐採により中条のシンボル虫倉山が姿を現しました。

R0012512.JPG

R0012513.JPG

An attitude of gratitude brings opportunities. 感謝がチャンスを呼びよせます。「篠ノ井信里 オーラックメヘルナーズ」

LINEで送る

2021年12月 3日 | 活動内容:活動内容 |

先ずは空き家の再調査の結果を報告させていただきます。

若林地区にある物件は信州田舎暮らしのホームページに掲載済み。

信州田舎暮らしが既に管理している物件: 

上有旅 一件     4月~   見学者数   13件

青池  一件     7月~   見学者数   7件

photo_2021-12-03_13-01-10.jpg

35歳 単身移住 ~冬期湛水の準備、そして新たな開墾作業へ~(篠ノ井信里地区 木村)

LINEで送る

2021年12月 1日 | 活動内容:活動内容 |

田圃の冬期湛水の準備が終わり、ダイズの刈り取りもやっと終了。

12月に入ったというのに、まだまだ農繁期が終わる気配はなし。

愉しい日々です。

この時期に毎日、田圃に足を運ぶ人は珍しいかもしれない。冬期の深水管理は結構気を遣うものです。

21-11-30-10-02-17-920_deco.jpg

前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
藤原 祐一 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

年間アーカイブ

2022年 [36]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ