長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

協力隊生活スタート@若穂保科

LINEで送る

2021年1月25日 | 活動内容: |

はじめまして!

令和3年1月より若穂地区に着任した小野寺可菜子と申します。

若穂地区の中でも、中山間地域である保科がメインの活動場所です。

早いもので引っ越しから1か月が経ち、活動や日常生活にも大分慣れてきました。

想像よりも遥かに充実した日々で、脳と体が嬉しい悲鳴をあげています。

私の活動は主に有害鳥獣駆除と利活用、地域PRがメインとなります。

有害鳥獣駆除はまずは猟友会の支援ということで、

巻狩(みんなで行う狩り)に参加させて頂いたり

罠にかかった鹿の止め刺し~解体までのお手伝いをしたり。

体力には自信があったのですが、猟友会の方々の健脚には全くついて行けず...。

巻狩.jpeg

こんな感じです。道なき道を行く勇気も必要。

コロナのステイホームを言い訳にだらけた心身を鍛え直そうと心に誓いました。

(今のところ誓っているだけ)

有害獣の利活用として、若穂産獣皮のブランド化を目指してレザークラフトも始めます。

地元の古民家改修屋さんにお世話になり、とても素敵な作業場も完成間近!

↓元々年代物の倉庫の一室だったのが...

20210113_132538.jpg

20210121_120643.jpg

↑こんな素敵なレトロかわいい空間に!

作業場に負けない素敵な作品を作らなくては...(`・ω・´)

地域PRでは、特産物の果樹を県外イベント等で宣伝したり

保科にある素敵なお店を旅行者や移住希望者の方々に発信したいと考えています。

コロナの影響もある中で、直接対面ではない新しいPR方法を考えることが課題ですね。

果樹シーズンが始まるまで数か月、試行錯誤したいと思います。

着任する前は、地域に対して何ができるだろうか?と色々考え悩みましたが

実際に地域を見て、地元の人と話している内に、

自ずと「やりたいこと」、そのために「やること」がぽこぽこと顔を出し始めました。

今は「やりたいこと」がたくさんありすぎて「やること」が順番待ちしてます。

私の元々の性分として「案ずるより産むが易し!即行動!」な人間なので

フットワーク軽く、どんどん「やること」をクリアしていきたいと思います!

2021年1月 年初計画打ち合わせ、芦ノ尻道祖神祭り・どんと焼き(大岡地区 佐々木)

LINEで送る

2021年1月22日 | 活動内容: |

大岡地区の佐々木です。

新年1月は、ワイン用ぶどう畑構築に向けて、今年の作業計画を基に関係各位との打ち合わせを進めています。
...といいつつ、協力隊に着任してから約4か月が経過しましたが、そのくらいの期間中ですら想定外の事案が頻発してきましたので、2021年もどうなることやら...。
柔軟に対応して参りたいと思います。

さて、その関連で着任当初からお世話になっている角藤農園にも伺って参りましたが、道すがらに買ったワインにつきまして。

角藤農園のご近所にぶどう畑を開かれている小布施ワイナリーの「ソガ・ペール・エ・フィス クロ・ド・カクトー シャルドネ 2019」です。

2021_01_22_01.jpg
<果実感は黄りんごからトロピカルフルーツ系まで、バターやバニラのニュアンス、骨格のしっかりした味わい...シャルドネのスタンダードを突き詰めたワインだと思いました。>

ショップで見かけたとき「CACTEAU...かくてあう?ん...カクトー?あーっ!」と心の中で叫びました。ええ、私にとっては新年1発目のサプライズでした。角藤農園産のぶどうを仕込んだワインです。

レジにて「いやー、私も角藤農園で収穫とかやらせてもらったんスよー!」とか喉まで出かかりましたが、コロナ禍で長っ尻が忌まれる昨今(ショップにも注意書きがありました)、そのバカ話は絶対メーワクかけるよと思ったので大人しく買って参りました。

個人的には、今年の幸先を祝してくれるワインと出会えたと勝手に思っている次第でございます。

高所恐怖症は克服できるか?(鬼無里地区 木原)

LINEで送る

2021年1月21日 | 活動内容: |

初めての雪下ろしで腕がパンパンになったうえ全身筋肉痛に悩んでいる協力隊員は一体誰か。そう、私です。

2019年12月中旬に東京から引っ越し、明けて2020年1月から協力隊員として着任しましたので丸1年が経ちました。

鬼無里は全域が特別豪雪地帯に指定されているものの、昨年はほとんど雪が降らず、降ったとしても2~3日すれば溶けてしまいました。

しかし今年は連日20~30cmくらい降る日が普通に続いたため、国道沿いのあちこちには除雪された3m近い雪の山があったりします。また、奥裾花ダムのほうまで行くと鬼無里支所周辺よりも雪深く、屋根の上には自分の身長に近いくらいの雪が積もっています。

20200121-1.jpg

農閑期

LINEで送る

2021年1月14日 | 活動内容: |

あけましておめでとうございます。
松代地区担当の坂本です。

長野に移住してきて初めての年越しです。
東京の生活から15年ぶりの雪国での生活。
雪国生活は慣れていると思っていましたが、
たまに帰るのと暮らすのでは差がありますね。

坂_8098 2.jpg

Learning to dance in the rain.(in the snow) 雨の中で(雪の中で)踊るのを学ぶこと。 篠ノ井信里 オーラックメヘルナーズ

LINEで送る

2021年1月12日 | 活動内容: |

新年明けましておめでとうございます。今年のお正月は、篠ノ井のアパートで一人で過ごしました。私は十代の頃から一人の時間が、大好きです。 その時間のほとんどを読書して過ごしていました。だから、このお正月は、読書とお気に入りの日本映画「男はつらいよ」を見て過ごしました。「男はつらいよ」を観ることは、日本語の勉強にもなるし 寅さんはいつも、自由気ままに日本中を旅して一人ですが、東京の下町の柴又に戻ってくると寅さんを囲んで暖かい日本の団らんの会話風景が、とても好きです。私は破天荒な寅さんですが、その心根の優しさに画面を通して触れると つらいことを忘れさせてくれて、温かな気持ちになり前向きな気分になります。

車の運転の初心者の私は、12月の初雪から事故を起こさないように出来れば車を使わず徒歩通勤をしています。元々歩くのが大好きで運動にもなりまし歩くことによって車通勤には無い自分の目で周りの風景をゆっくり観察しながら、また 排気ガスを出さずに環境にも優しいと思いながら1時間20分かけて篠ノ井から信里の連絡所まで歩きます。時々大家さんが、犬の散歩をしているところで挨拶したり、犬のナツミちゃんに嘗められたり、地域の方に車の窓口を開けて声を掛けてくれたり、たまには 連絡所の山内さんに篠ノ井駅まで載せてもらったりという新たな楽しみが出来ました。毎回違う景色を見るのももちろん楽しみの一つです。

IMG_3469.JPGIMG_3411.JPG

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]

松代豊栄
坂本 賢二 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]

七二会
井上 格 [記事]

戸隠
高橋 理絵 [記事]

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡
佐々木 健司 [記事]

中条
藤原 祐一 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川
宋 裕光 [記事]

隊員OB・OG
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

年間アーカイブ

2021年 [37]

2020年 [64]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ