長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

「佐々木 健司」の記事一覧

2021年1月 年初計画打ち合わせ、芦ノ尻道祖神祭り・どんと焼き(大岡地区 佐々木)

LINEで送る

2021年1月22日 | 活動内容: |

大岡地区の佐々木です。

新年1月は、ワイン用ぶどう畑構築に向けて、今年の作業計画を基に関係各位との打ち合わせを進めています。
...といいつつ、協力隊に着任してから約4か月が経過しましたが、そのくらいの期間中ですら想定外の事案が頻発してきましたので、2021年もどうなることやら...。
柔軟に対応して参りたいと思います。

さて、その関連で着任当初からお世話になっている角藤農園にも伺って参りましたが、道すがらに買ったワインにつきまして。

角藤農園のご近所にぶどう畑を開かれている小布施ワイナリーの「ソガ・ペール・エ・フィス クロ・ド・カクトー シャルドネ 2019」です。

2021_01_22_01.jpg
<果実感は黄りんごからトロピカルフルーツ系まで、バターやバニラのニュアンス、骨格のしっかりした味わい...シャルドネのスタンダードを突き詰めたワインだと思いました。>

ショップで見かけたとき「CACTEAU...かくてあう?ん...カクトー?あーっ!」と心の中で叫びました。ええ、私にとっては新年1発目のサプライズでした。角藤農園産のぶどうを仕込んだワインです。

レジにて「いやー、私も角藤農園で収穫とかやらせてもらったんスよー!」とか喉まで出かかりましたが、コロナ禍で長っ尻が忌まれる昨今(ショップにも注意書きがありました)、そのバカ話は絶対メーワクかけるよと思ったので大人しく買って参りました。

個人的には、今年の幸先を祝してくれるワインと出会えたと勝手に思っている次第でございます。

2020年12月 大岡公民館主催・ワイン関連イベント2件(大岡地区 佐々木)

LINEで送る

2020年12月23日 | 活動内容: |

大岡地区の佐々木です。
2020年内の私の投稿としては、今回が最後となります。

先月の私の記事にて少し触れました「アルプス展望道路」沿いのワイン用ぶどう畑・予定地ですが、耕起作業が半分ほど終わりました。

2020_12_23_01.jpg
<ぶどう畑の場合、耕すかどうかの判断はケースバイケースですが、こちらは地勢などを考慮し耕すこととしました。>

もちろん、(土木工事系のキャリアなどない)私が重機などを扱えるはずもないわけで。いずれそうも言ってられない日が来るかもしれませんが...。
大岡地区、特に地区内で「笹久区」と呼ばれるエリアの関係各位ならび、大岡支所のみなさまのご協力にて、今年はここまで進捗しました。
この場を借りまして御礼申し上げますとともに、来年以降も引き続きよろしくお願いいたします。

しかしまぁ、ここまで終わった次の日からドカ雪が降ってきましたっけ。
危なかったです...。

2020年11月 ぶどう畑予定地の整備と「大根プロジェクト」(大岡地区 佐々木)

LINEで送る

2020年11月26日 | 活動内容: |

大岡地区の佐々木です。

現時点での、大岡地区でのワイン用ぶどう畑・予定地のうち一か所は「アルプス展望道路」と呼ばれる県道12号線沿いを予定しています。
今月はまださわりの段階ですが、こちらの整備作業を始めました。

2020_11_26_01.jpg
<南向きの傾斜地で、北アルプスのパノラマビューが広がっています!>

今年は雪が多いとの予測もあるようですが、春までにできるだけ植樹の準備を進めておきたいと思います。

...といいつつ、今月は現場作業よりもデスクワークのほうが多かったというのが本当のところです。こういう仕事は会社勤めなどとそう変わらないようでして。

今月は以上です。

2020年9月~10月 白・赤ワイン用ぶどう収穫(大岡地区 佐々木)

LINEで送る

2020年10月27日 | 活動内容: |

大岡地区の佐々木です。

徐々に秋も深まり、朝晩は肌寒くなって参りました今日この頃。
大岡の山々でも紅葉が深まり、美しい秋の景色が見ごろを迎えて...。

2020_10_27_01.jpg
<先日、大岡支所付近の橋梁工事を、支所の方々と見学させていただきました>

...と持っていければ様式美が成立したんですけどねぇ~。
執筆時点、大岡は、まだ青々とした木々も多いです、はい。
あと1週間もすれば、また違ったかもしれませんけど(言い訳)。

出オチはさておき、それではワイン用ぶどうの話へ。

ヴィニュロンを目指して ―協力隊への応募から着任まで―(大岡地区 佐々木)

LINEで送る

2020年9月28日 | 活動内容: |

はじめまして。
2020年9月1日付で大岡地区に着任となりました佐々木と申します。

着任にあたり私のミッションは、ワイン用ぶどう栽培から、ワイン醸造(まずは試験醸造)までを完遂させることです。
もちろん、地域振興全般に取り組むことも重要なミッションですので、折に触れてそれらの活動もご紹介できればと考えています。なお、大岡地区担当の先輩隊員である鈴木さんも当ブログの過去記事『大岡百景』でご紹介されていますが、大岡の棚田はやはり美しいですよ!

2020_09_28_01.jpg
<大岡支所業務に同行した際、棚田を撮影>

しかし、当ブログのうち私などの記事をご覧になる方は、「地域おこし協力隊ってどういう感じ?」「長野市に住みたいんだけど?」「農業をやってみたい!」といった情報と同等もしくはそれ以上に、「生食用というよりワイン用ぶどうはどうなの?」「ワイン醸造に関わる仕事がしたい!」といった情報に興味があるのではと想像します。
(もっと露骨に申し上げるなら、「『ウスケボーイズ(映画版公式サイト)』がカッコよくて!」という方もいらっしゃいますか?。私も、原作の小説も読みましたし、映画も繰り返し見たクチですが、そのために「ワインを造るなら、ぶどう栽培から考えていかなければ!」とすっかり感化されたひとりです。)
そのようなわけで、私の記事の話題は「ワイン用ぶどう」あるいは「ワイン」関連に寄せていこうと考えています。

これから、地域おこし協力隊の任期である3年間、当ブログへの寄稿を続けていく予定です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

(※「ヴィニュロン(vigneron:仏)」という言葉について、当記事では「ワイン用ぶどう栽培からワイン醸造まで手掛ける者」という意味で用いています。)

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠
中川 卓真 [記事]

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
藤原 祐一 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川
宋 裕光 [記事]

隊員OB・OG
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

年間アーカイブ

2021年 [72]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ