長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

「古川 悠太」の記事一覧

春になってしまったよ

LINEで送る

2016年3月25日 | 活動内容: |

りんごの剪定から帰ると、玄関先に泥だらけの大根が積んでありました。
芋井のりんご担当 古川です。

IMGP0658.JPG

近所の方々が、雪の下で越冬した大根を差し入れしてくれたようですが、
ぼくの家の軒先に大根を供えると、天国に行けるというカルマでもあるかのような量です。

 

 

いぬ

LINEで送る

2016年2月25日 | 活動内容: |

ずいぶんと寒さの緩む日もある今日この頃。
芋井のりんご担当 古川です。

IMGP0634.JPG

借家の間取りは4LDK。一人暮らしには持て余します。
部屋が暖まりません。

寒い日が続く中では、本気で犬を飼おうかと思いました。

もう一度言います。

仔犬を飼うことが、中山間地ひとり暮らし男子にとって最も効果的な寒さ対策なのではないでしょうか。たとえ周りの視線が冷え込んでいくとしても。
※私の場合であって、すべての人にあてはまるものではありません

real artists ship.

LINEで送る

2016年1月27日 | 活動内容:その他 |

冬の間、りんご農家は何やってるの?と、よく聞かれます。
芋井のりんご担当 古川です。

IMGP0540 のコピー.JPG

農閑期ではありますが、剪定(せんてい)という枝を切る作業があります。
作業効率を上げるためだけに切るのではなく、生長を想定して樹形を整える、
大切な作業なのです。

息子がサンタクロース

LINEで送る

2015年12月25日 | 活動内容:その他 |

冬のおいしい食べ物は、ストーブの上で焼くバナナ。
芋井のりんご担当古川です。
りんごの出荷は一段落し、年の瀬感でてきています。
IMGP0497 のコピー.JPG

この聖なる日に、このブログを見ている人はいくらほどいるのでしょうか。
2015年を振り返りつつ、ブログという本来的にプライベートな要素を扱う媒体を、今回は超プライベートに使わせていただきます。

ここから先は、おそらく世界で唯一、私の投稿を楽しみに待っているであろう、母へ。

かき

LINEで送る

2015年11月27日 | 活動内容:その他 |

りんご(ふじ)の収穫真っ盛り。芋井のりんご担当古川です。

IMGP0472.JPG

収穫の合間の一服に、柿をよく食べます。
この1ヶ月に食べた柿の量は、それ以前のぼくの人生で食べてきた柿の量を超えていると思います。
りんごよりずっと深く日本文化に関わっているであろう柿に、ぼくはどれだけ興味を示してこなかったんだと思う今日この頃。軒先に下がる柿すだれから、渋い眼差しを感じます。

さて、今月のテーマは鍋ということで、柿から転じてカキ鍋について書こうとしても、ひとり暮らし男子であるぼくが、カキ鍋に興じるはずもありません。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7
ページトップ