長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

かき

LINEで送る

2015年11月27日 | 活動内容: |

りんご(ふじ)の収穫真っ盛り。芋井のりんご担当古川です。

IMGP0472.JPG

収穫の合間の一服に、柿をよく食べます。
この1ヶ月に食べた柿の量は、それ以前のぼくの人生で食べてきた柿の量を超えていると思います。
りんごよりずっと深く日本文化に関わっているであろう柿に、ぼくはどれだけ興味を示してこなかったんだと思う今日この頃。軒先に下がる柿すだれから、渋い眼差しを感じます。

さて、今月のテーマは鍋ということで、柿から転じてカキ鍋について書こうとしても、ひとり暮らし男子であるぼくが、カキ鍋に興じるはずもありません。

ストーブの上のなべ

10月末の冷え込みに絶えきれず購入した石油ストーブの上に、鍋がのっています。
最近の差し入れ野菜は専ら大根であって、ストーブの上の鍋で大根を煮る。これが絞り切って出てくる、ぼくの鍋の話です。
IMGP0481.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

ちなみに、差し入れの大根は葉付きで、おじいちゃんいったいどうやってこんなにたくさん運んだんだい?と思うほど多く玄関先に積まれていたりします。

IMGP0476.JPGのサムネイル画像

とはいえ、いつも大根を煮ているわけもなく、ふだん鍋の中に入っているのはお湯です。我が家にはティファールはあるけど、やかんはないので、ストーブの上に鍋なのです。
そういえば来月は、ぼくの誕生月です。
プレゼントにやかん欲しいな。煮え湯を有効活用する湯たんぽも欲しいな。

柿の話に始まり、カキ鍋は不発、ストーブでお茶を濁す、その心は。
ストーブも火器の一種です。
お後がよろしいようで。

芋井のりんご担当古川でした。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ