長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

2014年11月の記事一覧

人と人のつながり

LINEで送る

2014年11月29日 | 活動内容:その他 |

鬼無里地区担当の西田視己子です。

22日の地震発生以来、多くの方々から応援メッセージや暖かい言葉をかけて頂き本当にうれしかったです。

鬼無里を気にかけてくれていた。

遠く離れていても、何年も話してなくても、鬼無里に来たことがなくても、そこに住んでいる人のことを心配してくれたことが。

地震の後、誰かと誰かが「怖かったね。家は大丈夫?怪我はない?」とお互いに気遣う様子があちこちで。

一週間が過ぎ、少しづつ会話が変わってきた。「〇〇さんも大丈夫だったって!まだまだ余震があるから気を付けてね。今週は息子や娘が来てくれるんだ。孫が電話くれたんだ。そろそろ雪が降りそうだね?風邪ひかないようにね。」

笑顔も戻ってきた。                      

今日は午前中雨が降っていた。。。亀裂の入った道のことが気になった。

一日に何回かは体に感じる揺れもあり、心配している人もいます。早く落ち着いてくれるといいな。

どの地区に行っても両親と同じ年ぐらい(それ以上?)のお父さんやお母さんに逆に励まされ、優しい言葉をかけてもらい嬉しさでいっぱいになりました。

みんなと一緒に笑顔で頑張ります!

古民家を生かすために

LINEで送る

2014年11月29日 | 活動内容:情報収集・発信 |

こんにちは!鬼無里No.3のきのっぴーです。

 

他の中山間地と同様、鬼無里には空き家となった家が数多くあります。

そのうちのひとつをお借りし、家主の方の許可を得て

12月から少し手直しして住みやすい家にし、そして

古民家のモデルとして紹介できる家として活用してみよう

という試みをNPOまめってぇ鬼無里さんとともに

していく予定です。

kominka_omote.jpg

kominka_ura.jpg

 

参加費が有料で、ちっと高いかもしれませんが

古民家の構造を知り、できるだけ手作業で修理改築の予定であり

古民家について勉強したい方や自分で古民家を修繕したい方には

良い試みの場になるかと思います。

私も古民家については素人で、知らないことが多いので、一緒に勉強し

参加した方からアイディアや知識をいただけたらなぁと思っています。

座学よりは実際に手を動かしてもらうことが多くなるかもしれません。

興味があればご参加ください。

このブログでも、様子など折々紹介していくつもりです。

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


 

鬼無里の地震の状況

LINEで送る

2014年11月29日 | 活動内容:その他 |

こんにちは、鬼無里No.3のきのっぴーです。

 

鬼無里でもぼちぼち地震の被害が見えてきまして

地域おこし協力隊の3人も、手分けして地区を回り

ゴミ出しに困っているご家庭はないか

(支所まで運ぶ必要があるので、遠い地区は大変)

ボランティアが必要な作業はないか

区長さんに確認しに行きました。

 

私が回った地区では、おおむね問題ないようなのですが

お堂の位置がずれたり、お墓が倒れたり

同じ地区でも、川や道の向こうとこちらで

被害に差が出ていたりするようです。

IMGP6957.jpg

↑ 土倉文殊堂や奥裾花自然園方面へ向かう道に落石。

  私が通った道ではここともう一か所ぐらいに落石。

  (道は通れます)

IMGP6962.jpg

IMGP6963.jpg

石仏や庚申塚が倒れている。でも、この辺りは

建物への被害は少なかったようで、不思議です。

地層の関係なのかな??

声をかけてみた何人かの方も、みなさん

「大丈夫だよ」とおっしゃるのですが、

遠慮しておっしゃらないだけなのか。。。

 

被害状況は地区によって大きく差があるみたいです。

他の2人の隊員が回っているところは

自宅から避難されていらっしゃる方もいるようです。

今回の地震で被害が大きかった白馬に近い地区の方が

被害が少なく、遠い地区の方が被害が大きかったり

それでも、今まで通れなかった小川へ抜ける県道36号線が

通れるようになったり、少しずつ復旧してきているのをみると

少し安心します。

支所の方たちも土日返上で対応されており、頭が下がります。

 

途中道すがら目にしたドングリの真っ赤な紅葉に

ちょっとホッとしました。コナラかミズナラか

ドングリの葉が黄色やオレンジ、よくいって朱色までは

見たことあるんですが、こんなに真っ赤になったのは

初めて見ました。この辺では当たり前なのかな。。。

IMGP6961.jpg

一日も早く、以前の鬼無里に戻りますように。

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子

【超限定!】大岡産原料使用のオリジナルビール!の巻【糖化編】

LINEで送る

2014年11月28日 | 活動内容:その他 |

大岡産の原料を(一部に)用いたビール作りの続編
準備編はこちら


こんにちは。
アツアツの鍋におでん、ぶり大根、湯どうふ etc・・・と、冬こそビールの真価が問われると主張したい大岡地区担当・飯島です。
(いや・・・このラインナップはどっちかっていうと日本酒か?)

さて、前回の続きを見てみましょう。

 

小麦と桜清水~運命の出会い~

まずは釜に破砕した麦を入れたところで、大岡地区・桜清水の湧き水が登場!

遠く茨城の地で、ついに2人は出会ったのです♪

DSC_0236.jpg
(相性バッチリ☆のはず!)

かき混ぜながら熱を加え、さらに釜の下から麦汁をジョッキに汲んで上に戻します。
これを循環作業というそうです。

DSC_0250.jpg
DSC_0247.jpg
(麦汁循環中)

 

たまには小難しい話でもして理系アピールをしよう

10分ほど休ませたら、循環を続けながらさらに温度を上げていきます。

これは、麦のデンプンを酵素の力でにしてあげるためです。
(今回がんばってくれる酵素はアミラーゼ。唾液に含まれているあいつです)

なぜにしなきゃいけないかっていうと、次にその糖を酵母くんたちがアルコールに変えてくれるからなんですね。

なので、まずは酵素が働きやすいように温度を上げるわけなんですが、

酵素はタンパク質なので、熱しすぎると壊れちゃうんです。
(失活。卵を熱すると固まるあれですね)


65℃を超えたら、40分ほど休ませます。

 

奇跡の再会

この間に麦汁が糖化してるかどうか検査。

登場したのは・・・


ヨウ素液!!


そう、あの小学校の理科で使ったあいつです!

懐かしい!まさかおまえにもう一度出会う日がくるとはっ!!笑


これを麦汁に垂らすのですが、

ご存知の通り紫色になるとデンプンが残っている証拠、つまりアウトです。


さぁ、結果はいかに・・・!?

DSC_0249.jpg
(セーーーーーーーーフ!!)

無事、3つの釜すべてで糖化が終わりました。

 

あ~~~なんか思ったより長くなっちゃったなぁ。

ということで、焦らすようですが今回はここまで!

次回、「飯島隊員、茨城に散る!」(仮題)
乞うご期待!!

【超限定!】大岡産原料使用のオリジナルビール!の巻【準備編】

LINEで送る

2014年11月27日 | 活動内容:その他 |


こんにちは。
断れない性格なだけなのに、いつのまにか地域内で酒好きキャラになっている大岡地区担当・飯島です。


10月末のある日―

「大岡産の原材料を(一部)使ってビールを作ろう!!」

大岡地区にある山村留学大岡ひじり学園保護者有志のみなさんが、こんなステキすぎるプロジェクトを発足させました。

大岡に湧く豊富な湧水と、地産の小麦。
これで作ったビールが美味くないわけがなかろうよ!

とってもおもしろそうなので、私も同行させていただきました。

車から降りたら茨城でした

やってきたのは、那珂市の木内酒造さん。

DSC_0231.jpg

日本酒やビールの製造・販売を中心に行っている酒蔵さんですが、
こちらの手作りビール工房では、誰でもオリジナルビール作り体験ができるのです!!


中に入ると―

DSC_0239.jpg
(・・・なんですかこのワクワクしちゃう空間はっ!)

スタッフの方の案内で、さっそく作業開始!

まずは、テイスティングで作るビールの種類を決めます。

DSC_0233.jpg
(手前から、スウィートスタウト、アンバーエール、ペールエール、ホワイトエール)

どれも独特の美味しさがあり、とっても迷います。
参加者一同、非常に悩みながら真面目に何度も試飲を繰り返し、ああでもないこうでもないと意見を戦わせました。
(あくまでもテイスティングです!きっとそうです!)

本来ビールには大麦を用いますが、今回は持ち込んだ小麦を一部に使用するため、自動的にホワイトエールに決定。
(そこ!「結局飲んだだけじゃん」とか言わない!)

 

次に麦を計量し、破砕機で砕きます。

DSC_0234.jpg
(大岡の小麦のほかに2種類をブレンド)

 

そして、ビールには欠かせないホップ。
多くの種類の中から、香り付け用1種、苦味付け用1種を決めます。

DSC_0240.jpg

香りを嗅ぎながら選んでいくのですが、
3種類目くらいから違いがわからなくなっちゃった(笑)ので
ほかの皆さんのご意見に乗っかりました。

ほかにコリアンダー、オレンジピール、ナツメグの3種類スパイスを量って準備完了!

続きは後編で♪
いよいよ仕込み!そして完成!?

1  2  3  4
長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
 涌田 周 [記事]
 安西 晋 [記事]

芋井
 古川 悠太 [記事]
 小池 将太 [記事]

篠ノ井信里
 清水 峻明 [記事]

松代
 牧野 真弓 [記事]
 大島 誠子 [記事]

若穂
 越前屋 圭司 [記事]
 大野 雅和 [記事]

七二会
 石鍋 明子 [記事]
 山崎 信悟 [記事]

信更
 窪美 靖 [記事]

戸隠
 水谷 翔 [記事]

鬼無里

大岡

信州新町
 小寺 章洋 [記事]
 島田 裕生 [記事]
 浅野 知延 [記事]

中条
 瀧田 明博 [記事]

隊員OB・OG
 橋本 太郎 [記事]
 栗原 健 [記事]
 木下 恵美子 [記事]
 西田 靖 [記事]
 西田 視己子 [記事]
 飯島 悠太 [記事]
 鈴木 明子 [記事]
 藤原 大樹 [記事]
 小林 佐知 [記事]

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き
ページトップ