長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

初めてづくしの3年間でした。(信州新町地区 島田)

LINEで送る

2017年5月23日 | 活動内容: |

こんにちは。信州新町地区担当の島田です。

 来月6月末で、「長野市地域おこし協力隊」の任期を満了します。
東京から長野市に移住して、早くも3年が経とうとしています。
任期満了後も、当初の予定通り、このまま長野市信州新町に定住させていただきます。


◆ 初めてづくしの3年間でした。

横浜や東京など、大都市での生活しか経験のない私にとって、信州新町に移住してからの3年間は、初めて経験することの連続でした。
刺激に満ちた毎日を過ごすことが出来て、本当に幸せでした。

・初めて体験した、農業の楽しさと大変さ。

リンゴ.jpg ワイン葡萄2.jpg干柿.jpg 野菜作り.jpg野菜作り2.jpg


・微生物の凄さを感じた、日本酒造り。

日本酒作り.jpg 日本酒作り2.jpg


・色々と考えさせられることが多かった、緬羊飼育。

マイ緬羊.jpg 

マイ緬羊5.jpg 駆虫.jpg

・初めて見られる側の立場となった、「ゆるキャラ」。

ゆるキャラ.jpg


・初めて見た、野生動物の必死の形相。

カモシカ.jpg カモシカ3.jpg


・蕎麦打ち、とうろう作り、神輿担ぎなど、初めてづくしとなった、地域のイベントやお祭り。

蕎麦打ち3.jpg とうろう作り.jpg

祭り.jpg 夜祭2.jpg

納涼大会2.jpg せたがや祭り.jpg


・テレビや新聞、雑誌など、こんなに多くの人に注目されたのは初めてでした。

テレビ.jpg 新聞2.jpg

新聞.jpg


・小型重機や軽トラック、草刈り機など、田舎暮らしでは必需品の機械、初めて触れるものばかりでした。

バックホー2.jpg バックホー.jpg

軽トラ.JPG 草刈り.jpg


◆ まだまだこれからです。

「地域おこし協力隊制度を利用して良かったのか?」 そして、「この地に移住して良かったのか?」、まだまだ長く永く人生を過ごしていかなければ、その答えは出せません。
この3年間で得られたご縁への感謝の気持ちを忘れずに、今後も日々を楽しんで生きていこうと思います。

信州新町地区担当
島田 裕生


◇日々の出来事を綴っています。
Facebook:https://www.facebook.com/Dazima
Blog:http://ameblo.jp/shinshushinmachi

ページトップ