長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

大岡グルメスポット

LINEで送る

2017年2月 8日 | 活動内容:情報収集・発信 |

大岡地区の鈴木です。

いつもいなか自慢ばかりしてきて、そういえば触れたことがなかった、私が大好きな大岡の美味しいお店をふたつ、紹介します。

そばとかおやきとかうどんはどこでも美味しいので、今回はあえて・・・

DSC_0491.jpg

ど~~ん

大岡の至宝・お好み焼でございます。

このお好み焼きが食べられるのは、三重から移住してきたご夫妻の店、「田舎かふぇKIDO」です。

これ、地元でちょっと美味しい店、のレベルを超えてます。

行動範囲内のお好み焼とたこ焼きはすべてチェックする我が夫も、「これより美味しいお好み焼が長野にあったら教えて欲しい」と絶賛。

生地にもこだわりがあるそうですが(機密事項につき割愛)、ポイントはキャベツ。

長野では秋から冬にかけて、冷え込みと共にキャベツは甘さを増します。

そんな旨味がぎゅっと詰まったキャベツどっさりのお好み焼きは、「キャベツの美味しいのが無い時は作らない」そうです。

DSC_0479.jpg

定食は小鉢がたくさんついててメインもボリューム満点なのに、550円~とリーズナブル(写真はメンチカツ650円)。

ボリュームもすごいので、ガッツリ系の男性も満足。

ランチで定食を頼みつつ、お好み焼きを数人でシェアしても良し、夜はお酒が飲めるので、おつまみにしても良し、テイクアウトも可能です。
私はお好み焼はごはんと食べたい派ですが、一枚が大きいので、シェアしないと無理です。

オーナー夫婦がめちゃくちゃおもしろい人物&経歴なのですが、長くなるのでナガラボで紹介された記事を一読ください。

http://nagano-citypromotion.com/nagalab/people/people1293/

■田舎かふぇKIDO

026-266-3008 長野市大岡甲4462-7

月火休み

そしてもう一つは、「のらcafe」。

bnr_about1-910x496.jpg

限定一組だけの小さな古民家のお宿、農家民宿「農楽里ファーム」の奥様が営業するカフェです。

宿泊者しか食べることが出来なかったお料理が、ランチで楽しめます(要予約)。

本当にお料理のセンスがいいんです。

PB125285.jpgc.jpg

その時期採れるもの×お母さんのひらめきで、色んな素材、料理があります。

自家製お米や野菜を使った和食が定番ですが、ペーストから手作りするグリーンカレーも最高です。

グリーンチリやたくさんのハーブ類のフレッシュで豊かな香りは、タイ料理店でもそうそう味わえません。

フルーツ大好きなお母さんが作る、旬の果物を使った独創的なスイーツやドリンク類もはずせないです。
PB272454.jpgc.jpg

nora.JPG

動物性食品は不使用、と言われると、あっさりしてて物足りなそう...と想像する方もいるかもしれませんが、むしろ豆乳やナッツなどを使っているので、濃厚でリッチなコク。
フルーツの香りと自然な甘さが引き立つ、甘さ加減も絶妙。本当の贅沢って、こういうものなんじゃないかな~って思います。

3匹の個性的なもふもふ猫ちゃんにも会えます。

昔の造りの良さをきちんと残してリノベーションされた母屋の古民家も必見。

いなか暮らしや古民家に興味がある人は、一度は訪れてもらいたい場所です。

ビーガン食を得意としていますが、ベジタリアン、ノンベジも対応可能なので、ご相談ください。

ライブやワークショップ等も不定期で開催しているので、ブログをチェックしてみてくださいね。

ちなみに冬季はお休み、3月中旬ごろから再開するので、福寿草(庭一面に咲いて見事です!!)が咲く頃に訪れてみてください。

■のらcafe / 農楽里ファーム(農家民宿)

予約制です。HPよりお問い合わせください。

http://www.noracafe22.com/

ページトップ