長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

鳥のいのちをいただく話(大岡地区 鈴木)

LINEで送る

2017年1月 8日 | 活動内容:文化・行事 |

大岡地区鈴木です。

個人的な抱負は禁酒。

任期終了まであと3ヵ月。

この期間で、任期後も継続したいことをどうするか、そして次の隊員にバトンをどう渡すかを考える。

年末年始ものんびり出来ないくらい、別の案件に忙殺されており、3月にイベントも企画しているため、この最後の宿題に手を付けられずにいますが。

本年もよろしくお願いいたします。

酉年なのでトリにちなんだお話。

卵をとるのに鶏を飼いたいと思っているので、自主活動として鶏の解体を学ぶ場に参加させていただきました。

にわとり.jpg

農村の生活が色濃く残る大岡では、最近は少なくなったものの、家の敷地内で鶏(にわとりやウコッケイ)やヤギ、馬を飼ってる家もあります。

家畜がいるといいんですよね。

残りご飯や、野菜を作っていると必ず出てくる、葉っぱとか収穫したあとの残渣を食べてもらえるので。

ゴミを減らすために飼っている人もいるくらいです。

yagi.jpg

動物と日常的に触れ合う事で、常在菌の種類も豊かになり、風邪を引かなくなったり、アレルギーが出にくくなったりもするそうですよ。

話が逸れましたが、鶏の解体。

コケコケと歩き回る鶏さんをお肉にします。

命に感謝しいただくことをはきちがえて、残酷だとかおっしゃる方は、以下お読みにならず通り過ぎるようお願いします。

地元のじーやんばーやんの笑い話で、夕飯にしようと鶏の首をチョンっとはねたら、体だけ走って逃げられた、なんて聞いたこともありますが、正しくは首と胴体は離しません。

①中指~小指の3本で羽を固定し、同じ手の親指と人差し指でくちばしを固定すると鶏は動かない。(↑上の写真参照)

②頚動脈を左右2本、素早く切って、1分ほど放血する

③お湯に漬けて毛穴を開き、羽をむしる。

④内臓を出す(部位によっては食べる)。用途に応じ、部位ごとに切り分ける。

的確にスピーディーに作業をすることで、神経を傷つけることなく、鶏さんも痛みを感じることなく、安らかにお肉となれます。

新鮮なお肉や内臓は刺身でも美味しくいただけますし、鶏がらは濃厚なスープが出ます(個人的にはこれが一番利用価値が高い)。

最終的に食べない部分は、鶏さん達に食べてもらったり、肥料にしたりして、余すことなくいただきます。

kamo.jpg

合鴨農法で草取り部隊として働く合鴨たちも、お仕事が終わった後は、ほぼ例外なくお肉になります。

お米の副産物です。

通常苗を植える時にヒナを入れ、稲の生長と共に鴨も大きくなります。

翌年、大人になった鴨を田に入れれば、小さな苗を食べてしまうので、毎年ヒナを入れます。

稲穂をかじってしまうので、夏に穂が出る前には田から出して、年末頃まで栄養価の高い餌を与え、太らせてからお肉にします。

(情が移ってそのまま飼ってる人もいるみたいですが、餌代もかかるのに毎年何10羽も増やしていけないですよね。)

合鴨農法は稲作の農業技術と別に、鳥を飼育管理する畜産の技術や設備も必要となり、ハードルが高いというか、単純にすごく大変。

毎年鴨南蛮が食べられるのは魅力的ですけどね。

自分が鶏を飼えば、ヒナから育てれば絶対愛着わいて、名前つけてかわいがりそう・・・と思うと、そこの切り替えが一番の課題かなと思ってます。

その辺は羊を飼っている、信州新町の島田隊員(ひつじ普段めちゃくちゃ撫でてる)に聞いてみたいところです。

ページトップ