長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

ベジロック(芋井地区 古川)

LINEで送る

2017年8月 3日 | 活動内容: |

車をどこに停めても怒られない。
これは中山間地の魅力なのかもしれません。

芋井のりんご担当 古川です。

IMGP0126.JPG

ちゃんと駐車場に停めてますよぼくは。

IMGP0124.JPG

ぼくは野菜も米も育てていませんが、
周りには育ててる方もいらっしゃって、
しかしながらご自宅だけでは食べきれないようで、
そんな時「あそこに若えやついたな」と気がつくのでしょう。

うちの玄関わきに夏野菜が並びます。
今年もこの季節来たな。

1年目きゅうり食べすぎて痩せてそれをグチったのが拡散してしまったようで、
2年目古川の家に野菜を持っていく当番制が勝手に出来上がり、
3年目の今年は「おわったかあ?」と聞かれる。

この「おわったかあ?」は、
「摘果おわったかあ?」とか、「消毒おわったかあ?」という仕事に関することではなく、
「この前あげた野菜食いおわったかあ?」の意味である。

きゅうり山盛り、ズッキーニ、ナス、トマトなどなど頂いて、
翌朝、「おわったかあ?」コール。
「きのうもらって・・・」と答えると、
つつましやかに3本だけきゅうりが置いてある。
きゅうり3本の愛。
この善意のボディブローに目が泳ぐ。

IMGP0120.JPG

とあるおばあは、きゅうりくれるたびに「きゅうりに味噌つけて食べるとうまい」と言う。
その話もう100回聞いた。それでも聞く耳をもつ。101回目に違うこと言ってくれると信じて。

これぞ盛夏の風物詩、ベジロックフェスティバル。

以上、芋井のりんご担当 古川でした。

ページトップ