長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

土作りに熱中しています!

LINEで送る

2016年11月19日 | 活動内容:農地活用 |

1 五十土~笹原.jpgのサムネイル画像
戸隠 旧柵地区の杉の紅葉の様子(11/11撮影)

冬の足音がすぐそこまで近づいてきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?戸隠担当の水谷です。

11月の半ばを過ぎ、朝が氷点下の日は珍しくなくなり、戸隠に一気に冬がやってきたような印象です。戸隠は山々に囲まれている場所が多く、午後2~3時ともなると日が陰り、夕方以降の寒さも厳しくなります。昼夜の寒暖の差の大きさも中山間地ならではの特徴だと思います。人間の生活リズムも気候の変化と共に有りという感じです。

私が住む集落には数十年前に一斉に植林された落葉松が沢山生えています。最近まで寒さにビクともしない様子でしたが、ここ1週間くらいで一気に紅葉が進んでいます。戸隠の中でも奥地とよく言われる旧柵地区・西条では緑と橙色のコントラストが美しい景色が広がる今日この頃です。

さて今回のブログテーマは「今月の活動」です。11月は地域間交流事業(戸隠⇔古牧、第二地区)への参加、都市部での農産物の販売(鬼無里の西田隊員が詳しく書いてくださいました)、戸隠中社ゲレンデでの茅刈り(茅葺き屋根に使用)など、目玉となるイベントが月中頃までに多数ありました。

一方、地味で時間を要する作業ですが、来年の野菜栽培に向けて時間の合間を縫って進めてきたことがあります。それは「土作り」です。良質な土作りのため、土地の方々からアドバイスと参考文献を紐解いたり、インターネットで情報収集をしながら、これは!と思ったら即実行の感覚を優先して取り組んでいます。これがまた面白く、最近熱中しています!

今回の記事では土作りのために取り組んでいることを3つの視点からまとめたいと思います。

1.耕作放棄地の整地
2.土壌分析
3.土中での堆肥作り

2 霜①.jpg

3 霜②.jpg
野原に霜がおりている様子(11月中旬 朝8時頃撮影)

1.耕作放棄地の整地
来年の高原花豆を中心に栽培を予定している耕作放棄地となっていた畑は9月下旬に草刈りをし、その後は土中に雑草を天然の緑肥としてすき込むため、しばらく乾燥させていました。そろそろ良い頃合いかと思い、乗用トラクターをご担当の補佐からお借りし、耕すことにしました。

ここ旧柵地区は数百万年前の海底隆起の土壌と飯綱山の噴火による火山灰土がミックスされた土壌、場所によって程度の差はあるものの、土中に岩石類がかなり多く、いざトラクターを使い始めると次から次へと刃に岩がぶつかり思うように進みません。

7 岩石①.jpg

岩石類は放置しておくとトラクターの刃に負担をかけるのと、来年の農作業にも支障が出るので、出てくる度に一つひとつ取り除いていきました(実際はこの写真の10倍以上は取り除いたと思います)。

8 岩石②.jpg

スコップではどうしようもないサイズの岩はツルハシとバールを使って取り除きます。こんなサイズのものがゴロゴロ出てきます(もっと大きくどうしようもないものもあります)。気が遠くなる労力のかかる作業に最初は思えましたが、遥か古代に山野を開墾していった先人達の精神に触れれる気がして、だんだん楽しくなってきました!

9 抜根①.jpg

次の曲者は強力な根を土中に張り巡らせているでした。生命力が強く草刈機で刈っても既に新しい芽が誕生していました。さすがにトラクターでもパワー不足。そこでこちらも時間がかかったのですが、ツルハシを使って、何度も刃を入れ、抜根することにしました。

10 抜根②.jpg

地下部約30cmまで刃を入れて取り除きました。茅は10箇所以上ありました。

ちょっとずつの動作も続けていく事でこんなに綺麗になりました!

4 耕地①.jpg

5 耕地②.jpg

粗削りかもしれませんが、今回の一連の作業を通じて耕作放棄地の整地のために必要なことを体験を通じて学ぶことが出来ました。今後の農作業に向けても良い経験になったと思います。

ちなみに整地前の様子はこんな感じです。

6 整地前.jpg

このエリアは現在80%以上が耕作放棄地となってしまっていますが陣場平山が望めるとても良いところです。私はこの景色が好きで作業の合間にいつも見て癒されています。

11 陣場平山.jpg

2.土壌分析
整地後にすぐに取り掛かったのが土壌分析です。長年何も手がついていなかった土壌はどういう成分なのか興味がありました。土をよく知ることで最適な肥料・分量や適した野菜の選択に繋がります。10月に参加した農業ワールドの際にご縁をいただいた土壌分析の専門会社に分析をお願いすることにしました。

指示のあった手順通りに土を畑の複数個所から採取しました。成分に偏りが出ないよう採取時のポイントや採取箇所へのアドバイスも頂くことができ、とても参考になりました。

12 土壌採取①.jpg

13 土壌採取②.jpg

検査・分析前に水分を限りなくゼロに近づけておく必要があり、今は軒下で土を乾燥させています。近日中にサンプル土壌をお送りする予定です。

土壌はPHから窒素リンカリウム(加里)カルシウム(石灰)マグネシウム(苦土)ケイ素といった多量必須元素から微量要素と言われるホウ素マンガン亜鉛、その他多種にわたるまで分析が可能とのことです。

23 元素②.jpg

さらに驚いたのは、元素がどういう状態で存在しているかまで分析できるという点でした。例えば窒素だと、硝酸態窒素(NO₃-N)、アンモニア態窒素(NH₄-N)、無機態窒素〔(NO₃+NH₄)-N〕、可給態窒素の4つの状態の値まで調べることが出来るそうです(もっと多いのかもしれません)。

24 石英.jpg
石英(クリスタル)はケイ素(Si)の化合物です。ケイ素は地表で酸素に次いで多い元素とされ(フランク・クラーク数)、植物の進化に深く関与してきたと言われています。植物の養分吸収力を高めたり、耐病性の向上、倒伏に強くなる等とも指摘されています。

もう一つ新しく知ったのは「EC」という指標です。近年の土壌分析において重要度が増してきている値だそうで、肥料の種類・施肥量と野菜成長の相関関係を見ていく際に大切なポイントになってきそうな気がしました。

-------------------------------------------------------------------------------
◎ECとは何か?
ECとは電気伝導率のことで英語ではelectrical conductivityと言います。一般的に農業分野では、この頭文字を取ってECと呼ばれ、目安として肥料濃度を表します。

◎ECから分かること
チッ素、リン、カリなどの植物が生長するのに必要な肥料分はイオンの状態でしか植物には吸収されません。ECは培養液中に溶出している肥料イオンの量、つまりチッ素・リン・カリなどのイオンが測定時に使用する電極間をどれだけ移動するのか?を表した値です。
(※GROW WORKSより引用)
-------------------------------------------------------------------------------

25 波紋.jpg

3.土中での堆肥作り
100%天然資源を使っての堆肥作りを行っています。原料の90%以上は畑の雑草や霜で枯れてしまった野菜類(トマト、シソ、ツルムラサキ、花豆、大豆など)の葉・茎であり、そこに有機物を何種類か入れています。

少々変わっている部分と言えば、堆肥は地上ではなく、縦1m×横1mの約60~70cmの穴を掘り、地下で作っていることです。農業関係の様々な文献・資料に目を通したのですが、もっとも理に適っていると思われたので、今回はこの方法を選びました。

地上で堆肥作りを行うと発酵過程で熱を帯び、同時にガスが空気中に放出されますが、このガス自体が有効成分である可能性が高いと思われ、地下で作ることでガスを土に吸着させて逃がさないようにすることが狙いです。

発酵熱と発酵ガスが出ている最中は野菜の特に根に障害を与えてしまいますが、来年の春以降のための堆肥作りですので、今から4~5ヵ月を見越して準備しておけば大丈夫だろうと思います。

①穴を掘る
15 地下堆肥作り①.jpg

②雑草・枯死した野菜類の葉・茎を敷き詰め踏み込む
17 地下堆肥作り③.jpg

③米ぬか、そばがら等の有機物と微量要素を散布する
21 有機物散布.jpg

ここに水を適量かけ、上から土を10cmほど覆土し、さらに同じような草と土の層を1~2層作ります。堆肥が腐敗発酵しないよう有用微生物を活性化させるための乳酸菌入りの液肥を適量散布します。

参考文献に書かれていた内容に少々オリジナル要素も加えて堆肥作りを進めています!ちょうど今日(11/18)は全体の工程の70%が終了したところですので、数日以内に全てやりきりたいと思っています。

畑を開墾し、土壌成分を調べ、それに合うような有機肥料を施し野菜を育てていく、このプロセス全体を経験するのが初めての私は多くの時間がかかっていますが、とても遣り甲斐を感じ、今から来年野菜を育てるのが楽しみで仕方がありません。

冬の農閑期は育苗・栽培計画を立て、引き続き「安心安全で美味しい野菜を作るにはどうすれば良いか?」を考え、取り組んでいきたいと思います。

★ソーシャルメディアでも情報発信を行っています!
○ブログ 「戸隠農園あまな」はこちら
○Facebook 詳細ページはこちら
○インスタグラム 詳細ページはこちら

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ