長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

いもい・りんご・ふるかわゆうた

LINEで送る

2015年8月19日 | 活動内容: |

芋井地区のリンゴ担当 古川悠太です。
好きな食べ物はバナナです。

 IMGP0262.JPG

インパクトを残す
IMGP0184 のコピー.JPG
 
 芋井に来てもうすぐ3ヶ月。この間にも自己紹介をさせていただく機会は多くありました。自己紹介というチャンスを最大限に活かすためには、「インパクトを残す」ことが大切だと思います。
 地域の方に誘われてカラオケに参加したとき、世代のギャップを超えてインパクトを残せる曲が思いつかなかったので、PSY『カンナムスタイル』を歌いました。それまで一度も歌ったことも、まともに聞いたこともありませんでしたが、インパクトがあると思い、歌いました。韓国料理の名前をちょいちょい挟んで、ごまかしながら歌いました。学生時代、韓国料理屋さんでバイトしててよかったです。
 おかげさまで私の名前を覚えていなくても、「あ、あの韓国語の歌をうたった人ね」と、認識されています。
TPOに合わせる
IMGP0104 のコピー.JPG
 
 また、何度も自己紹介をしていると、だんだん自分の自己紹介に飽きてくるので、「毎回違うことを言う」ことも大切にしています。
 例えば、猟友会の方がいらっしゃる場では「先日、うちの前にハクビシンのフンがありまして、私自身も獣害を被っています。古川悠太です。」とTPOに合わせたことを言います。
 これによって「おっ、こいつは有害鳥獣に関心があるな」と、相手方の意識を引き寄せることができます。
むしろ自己紹介してほしい
IMGP0256.JPG
 
  私は度々ご挨拶をしているので、顔と名前がだんだんと地域内に広がってきました。有り難いことではありますが、埼玉の分譲住宅地で育った私は、右を向いても左を向いてもデンダさんがいらっしゃるという状況はありませんでした。
 地区の方々は、下の名前で呼び合ったり、まえでの○○さん、などのコードネームで呼ぶことが定着しています。新参者の私には、地区の方々の顔と名前が未だに一致していないのが痛いところです。
 私の活動には関わっていない圧倒的多数の方々を知ること。これが目下の活動で気にかけていることです。
 ということで、今後も積極的に自己紹介していきたいと思います。古川悠太でした。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ