長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

35歳 単身移住 ~冬山登山と種籾準備~(篠ノ井信里地区 木村)

LINEで送る

2022年3月 1日 | 活動内容: |

2月下旬になってようやく、陽射しの暖かさを感じるようになってきました。

束の間の農閑期に、久しぶりの冬山登山。ここでしか会えない人と、4年ぶりの再会をしてきました。

累計標高差 2,500m、ザックの重量15㎏弱、行動時間9h。

油断すると股下まで一気に踏み抜く積雪量、完全にトレース泥棒して登ってきました。

22-02-28-19-23-16-433_deco.jpg

改めて、「身体、鈍ったなあ」と痛感。

身体の贅肉は心の贅肉ですから、気をつけなければ。。。

 さて、圃場はまだまだ雪に埋もれた状態ですが、既に農繁期の入り口です。

3月1日は、田植え予定日から逆算して80~90日前。種籾の準備を始める時期です。

昨年秋に保管しておいたササシグレの種籾を、比重1.15の塩水選にかけた後、10℃以下の水温で20日間以上浸種します(水温10℃を超えると種籾の発芽スイッチが入ってしまうので、必ず10℃以下)。

22-02-28-18-23-34-963_deco.jpg

この時期に種籾の準備を始めるのは、おそらく周囲よりも半月~1ケ月くらい早いですが、育苗の仕方は人それぞれ。

稚苗稲作と成苗稲作では、育苗期間も全く違います。低温育苗と高温育苗でも。

試行錯誤しながら、いろいろと取り組んでいく次第です。

--------------------------------------------------

土蔵の軒下にシカの脚が吊るされてからというもの、我が家の周りは毎朝誰かの足跡だらけだったのですが、無事にハイエナに食べられることもなく、とっても良い状態に熟成されました。

22-02-28-17-45-46-619_deco.jpgのサムネイル画像

普段は、1週間に一度も肉を食べないどころか、1カ月に一度も食べないことも珍しくないのに、冬は毎日のように野生肉を食べている気がします。

やっぱり、野生肉は美味しい。

日中はだいぶ暖かくなってきましたが、まだまだ湯豆腐が美味しい時期は続きそうです。

DSC_0235.jpgのサムネイル画像

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

年間アーカイブ

2022年 [40]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ