長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

35歳 単身移住 ~土壌の酸度~(篠ノ井信里地区 木村)

LINEで送る

2021年5月 7日 | 活動内容: |

気が付けば、穀雨も過ぎて蛙が賑やかになってきたと思ったら、

一昨日から暦は立夏。

今年も、1/3が瞬く間に過ぎ去りました。

21-05-04-19-40-48-617_deco.jpg

昨年の秋に天地返しをした一画。 案の定、pH5を切る酸性土壌。

コンクリートのようなガチガチの土質に、生えてくる草を見れば一目で分かるけれど。

化学肥料と農薬を使い、それが抜けてきたときに起こる禁断症状とも言われるけれど、実際にどうなのかは、私には分かりません。

日本の土壌は酸性に偏りがちではあるけれど、自然界では酸度は守られているのは事実ですし、生えている草に多様性があればpH6以上はあるものです。

それにしても、酸度が5を切ると流石にいくら何でも栽培は難しい。

苦土石灰が手放せなくなっていくのは当然です。

この酸度で良好に生育する植物といったら、ブルーベリーくらいしか思いつきません。ブルーベリーを栽培するのも悪くはないですが。

石灰資材は使わずに、土壌のpHを整えていこうと思います。

-----------------------------------------------------------------------

世間一般ではゴールデンな連休も、農家にとっては忙しい時期。

草刈りに、水路清掃に、代掻きの準備に始まり、その他大多数を占めるのは、名もない作業の数々。

連休中に遊びに来てくれた相棒は、3日間みっちり作業をさせられて、筋肉痛と腰痛を抱えながら帰っていきました。

同じ作業を連日しても、筋肉痛にも腰痛にもならない私に、散々煽られながら。

21-05-04-15-12-46-335_deco.jpg

 作業の合間の一息休憩。

 焙煎したての豆で、丁寧に淹れたコーヒーを飲みながら、

 縁側で過ごす至福の時間。 

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]

松代豊栄
坂本 賢二 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]

七二会
井上 格 [記事]

戸隠
高橋 理絵 [記事]

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡
佐々木 健司 [記事]

中条
藤原 祐一 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川
宋 裕光 [記事]

隊員OB・OG
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

年間アーカイブ

2021年 [46]

2020年 [64]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ