長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

35歳 単身移住 ~地域おこし協力隊 始動~(篠ノ井信里 木村)

LINEで送る

2020年9月 7日 | 活動内容: |

 はじめまして、篠ノ井信里地区 地域おこし協力隊の木村です。令和2年9月1日より着任しました。  

 長野には縁もゆかりもないどころか、"長野市"には35年間一度も訪れたことすらない状況で、今年の3月に"おためし地域おこし協力隊"として地区を視察に回らせていただきました。

そして6月に、ここ信里に移住を決めました。

はぜ掛け米①.jpg

 着任して一週間、挨拶回りや何やらで、何だか慌ただしく過ぎてしまいましたが、地域の方々には色々な準備をして頂いて、本当に暖かく迎え入れてくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。
 地区内を回りながら、先ず目に飛び込んできたのは、はぜ掛け米(天日干し)の美しい景観と、その景観を創っている農家さんたち。
地元の関東周辺では、刈り入れは9月下旬のイメージだったので、随分と早いように感じました。
はぜ掛け米②.jpg
 この信里地区で、主に農業ミッションで活動していきます。
棚田、露地野菜、果樹、複合的に取り組んでいきます。そして狩猟にも関わりたいので狩猟免許も、猟銃と罠、両方取得しようと思っています。
 そのうち、山羊(日本在来種のトカラ山羊、あるいはシバ山羊)と、地鶏を飼いたいとも思っています。
-------------------------
着任して早々に、農作物を沢山いただきました。
□サツマイモ  □信里のはぜ掛け米
□加工用トマト □キュウリ
□生食用トマト □ブドウ(ナイアガラ)
□丸ナス    □ブドウ(シャインマスカット)
③.jpg
 早速、はぜかけ米を焚いて、加工用トマトはお味噌汁に、丸なすは糠漬けにしていただきました。
地のもので作る食卓、なんとも豊かで幸せな気持ちになります。土鍋で焚いたはぜ掛け米は、ひとりで3合平らげてしまいそうなくらい、美味しかったです。
④.jpg
中山間地とはいえ、車で10分も下りれば何でも揃う市街地。
地域も周辺環境も、何も知らずに移住してきましたが、ここ信里は豊かな自然環境と生活利便性のバランスがとれたとっても素敵なところだと思います。
1番近いコンビニまでも徒歩圏内!
(歩いて片道40分ほどかかりましたが(笑) 正確には、往路36分/復路39分でした)。
日々の生活を愉しみながら、これから活動していきます。
よろしくお願いします。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ