長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

エピソード0【前編】(中条地区 藤原)

LINEで送る

2020年8月31日 | 活動内容: |

中条地区の藤原です。

DSC_0004_1598864458046[1].JPG
雨上がりの虹。

長野は暑い日が続いています。
7月はずっと雨。
8月はずっと晴れ。そして猛暑。
もうちょっとバランス取れないもんですかね。

まあ、自然には勝てません。
気長にやるしかないですね。
いまのところリンゴもブドウも大きく影響は受けていません。

さて、今月はエピソード0ということで、

僕がなぜ地域おこし協力隊になったのか。

を書いていこうと思います。

前々からどこかで書こうとは思っていたんですが、
機会がなく・・・

昨今このご時世の影響か、
地域おこし協力隊の見学に来る人が増え、
色んなところで、聞かれることが増えたので、
一度、まとめておこうと思います。

~目次~
§1 なぜ農業なのか
§2 なぜ果樹だったのか
§3 なぜ地域おこし協力隊を選んだのか(次回)
番外編:農業次世代人材投資資金について(次回)
 ※書いてたら長くなったので、前後編で送ります。

のような感じでまとめておきますので、
興味のあるところをお読みいただければと思います。

最初に言っておくと、
今の状況(地域おこし協力隊)は結果的にベストだったと思っています。
そんな理由もつらつらと書いていきます。

写真少なめ、文字多めです。

§1 なぜ農業なのか
ずばり、

「こどもと過ごす時間を取りたかったから」

です。

前職はやりがいのある職場でしたが、

とにかく忙しかった。
こどもの寝顔しか見ることが出来ない日々に、

「あれ?これ違くね?」

って思うことが増え、転職を考えました。
(他にも理由は色々ありますが、大きな理由はこれ)

はじめは、普通の企業の就職セミナーとか、
時間を見つけて行ってたんですが、
う~ん。ピンとこない・・・(ピンとくるかこないかは、結構重要だと思ってます)
ピンとこないというか、大学時代から塾講師ばっかやってた自分には、
他に何ができるの?その会社に貢献できるの?
って、自問自答に答えられない・・・

そんなとき、ある就職セミナーでふと目に留まったのが、

「就農相談」

と書かれたブース。

昔から、
「いつかは農業やりたい」
と思ってたことを思い出し、
何となくお話を聞くことに。

10代の頃、
農業やりたいけど、
「経験もコネもないから、自分には無理だなぁ」
と何となく諦めていたわけですが、
これを機にインターネットや書籍で色々調べてみて、

「お。意外とできるかも」

と思ったのがスタートでした。

ちなみに、農業をやりたいことに明確な理由はありません。
なんとなくの憧れとか、田舎に住みたいとかその程度です。

§2 なぜ果樹なのか
農業といっても、色々あるわけで、
ざっと上げても、

①水稲
②施設野菜
③施設果樹
④露地野菜
⑤露地果樹
⑥花き

と様々あります。

①水稲
 ・広大な面積が必要。
 ・初期費用(機械等)がかかる。
 ・国の政策に左右される(減反政策,輸入など)

②③⑥施設野菜、施設果樹、花き
 ・初期費用やランニングコストなど、とにかく金がかかる。
  (ハウス敷設、燃料費など)

ということで、①②③⑥は選択肢から消えました。
お金ないもの・・・。

残るは④露地野菜、⑤露地果樹ですが、
下向いて作業するか、上向いて作業するか
どっちがいいかな~と考えたときに、

「上だな☆キラン」

と思って、果樹やろうと思った次第です。
(俺めっちゃ舐めてるな。と今書いてて思いました・・・)

※露地栽培は他に比べて金はかかりませんが、それでもイチからやるのであれば、数百万は必要。

長くなってきたので、続きは次回にします。
次回の方が重要!!
あらためて読みなおすと内容が薄い。
次回はもっと濃くなる!!・・・はず。

DSC_0008_1598864456341[1].JPG
ジュース配達の帰りに寄った美麻村のそば畑

DSC_0003_1598864458673[1].JPG
リンゴも順調です。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ