長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

最後のブログ(信里地区 渡邉)

LINEで送る

2020年3月 9日 | 活動内容:移住・交流 |

とうとう、最後のブログになります。3/5に更新予約したのに、何故かされないので、おかしいと思ってみてみたら、記事が無くなってました。最後までパソコンにもてあそばれています。ところで、あれ?長野市の協力隊は1年任期の最長3年間まで、ではないの?となるのですが、令和2年度より、雇用形態が変わるため、私達長野市協力隊の4期生6月採用の隊員は令和元年度の契約が令和元年6月1日~令和2年3月31日となっており、令和2年度の4月5月と改めて延長の契約として1年間とするといったややこしい形態になっています。そのため、確かに5月31日まで協力隊として残る選択肢はあるのですが、3月31日で満期終了、再契約せずという形を取ることにしました。

 matomenokai.jpg

 

最後の報告は今年度も受け入れさせていただいた市立長野中学校の農業体験の発表会(まとめの会)について載せさせていただきます。

6月、11月と2回、りんごの農業体験DAY民泊を体験した同中学校の生徒さんたちが、自分たちの研究テーマをまとめ発表するといった会で、昨年に引き続き参加させていただきました。

 happyoukai.jpg

長野に来て、3年・・・。退任後も信里に住む予定です。

ページトップ