長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

林業はじめました (鬼無里地区 木原)

LINEで送る

2020年1月27日 | 活動内容: |

はじめまして。2020年1月から鬼無里地区の地域おこし協力隊として着任した木原です。

私のミッションは「鬼無里de薪活プロジェクト」ということで、

  • 薪を活用した地域循環のしくみづくり支援
  • 間伐材、支障木等の伐採および薪の製造
  • 有害鳥獣対策支援

などを行っていきます。

IMG_1257.JPGのサムネイル画像

写真右側に見える屋根が薪ステーションです。基本的に冬は山に入らないそうなので、今はこちらで薪の製造作業を行っています。

IMG_1259.JPG

奥に見える薪は約1700束ほどありますが、暖かくなるころまでにはこの倍近い束を作るそうです。

右の柱にぶら下がっている箍(たが)に入る分だけの束にするんですが、運ぶときにバラけないように隙間にも木槌で叩いて押し込みます。これが結構コツが必要で意外と時間もかかります。

IMG_1263.JPG

これが薪割り機で、右手の黒い球が付いたレバーを下げると赤い刃がゆっくり降りて薪をパッカーンと割ってくれます。

ものによっては気持ち良いほどサクっと割れるものもあるんですが、節のあるものはうまく割れずにグチャっと裂けていったり、割れた木がパーンと飛んで行ったりすることがあるので注意しないといけません。

今は時間も忘れるほどひたすら無心で、薪割り機と一体となって作業してますが、お腹が空いてくるとバウムクーヘンが食べたくなってきます。。。

IMG_1267.JPG

今年は雪が無いのでこの時期にしては鬼無里らしい景色ではないですが、休憩のたびにこの景色と澄んだ空気に癒されます。

「林業はじめました」とは言ったものの、まだ山には入っていないのでまだまだこれからですし、協力隊のミッションとしては薪以外にもたくさんあります。鬼無里暮らしを満喫できるよう楽しみながらやっていきたいと思いますので、これからどうぞよろしくお願いします。

ページトップ