長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

信州新町の雪。(信州新町地区 島田)

LINEで送る

2017年2月27日 | 活動内容:その他 |

こんにちは。信州新町地区担当の島田です。

1月半ばから2月末までは、牧場の羊達は出産期です。
信州新町の羊達は、8月半ばから10月半ばに種付けをして、寒い冬に出産します。
 降雪のあった夜の翌朝は、「雪はどれくらい積もったかしら??」、そして、「今朝は産気づく子はいるかしら?」と、2つのことを思いながらベッドから起き出します。

い.JPG

 

 

◆  早朝、除雪車のエンジン音で目が覚めます。

 

車の走行に支障が出る程度の積雪があると、早朝真っ暗なうちから除雪車が出動します。

私の住んでいるアパートの目の前には大きな除雪車が収まる車庫があり、そのため、積雪があった夜の翌朝は、除雪車のエンジン音で目が覚めます。

除雪車の音が聞こえてくると、「お、雪が積もったな...。 羊舎の周りは大丈夫かな??」と思いながらカーテンを開き、外の様子を確認してみます。

「うわ! 随分積もったな~! これは面倒くさいぞ...。」と思う日があれば、「あ、これならたいしたことないな...。」という日もあります。

いずれにしても、いそいそとツナギに着替えて、羊舎へと車で向かいます。

 

 あ.JPG

 

 

 

◆  羊舎の周りの雪をかき、扉を開けてみると...。

 

「羊舎の周りの雪をかき、扉を開けてみると...、そこには産まれたばかりの子羊が!」なんて都合のよい場面には中々遭遇するものではありません。

特に今年は、昼間の出産が多かったような気がします。

 今期は2度ほど大きな積雪がありましたが、それほどつらい思いはせずに済みました。

 

 う.JPG え.JPG

 

 

 

◆  難産もありました。

 

通常、出産時に、子羊は2つの前足と頭部から産道を出てきます。

その場合は、いわゆる"安産"で、私が母羊の出産そのものを手伝う必要はありません。

ですが今期は、"逆子"の出産が4頭もありました。

"逆子"は自然に母体から出てこられないので、私が産道に腕を入れて、出産を介助します。

今年は2頭を助けられましたが、残念ながら、2頭を救えませんでした。

「いつかは全ての子羊を救えるようになるぞ!」と念じながら、経験を積んでいくしかありません。

 

 お.JPG か.JPG

 

 

 

◆  ほどほどです。

 

2月に入り、陽射しが強くなってくるに従い、積もっていた雪が溶けるスピードが速くなってきます。

牧場の雪もかなり溶けて、草地が見えるようになってきています。

3月の降雪もありえますので、まだまだ油断は出来ませんが、信州新町の積雪は、長野市の他の中山間地域よりも少なめで、とても助かります。

 

 き.JPG く.JPG

 

 

 

 

 

 

信州新町地区担当

島田 裕生

 

 

日々の出来事を綴っています。

Facebook:https://www.facebook.com/Dazima

Blog:http://ameblo.jp/shinshushinmachi

ページトップ