長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

今年の抱負(鬼無里地区 西田視己子)

LINEで送る

2017年1月25日 | 活動内容:情報収集・発信 |

こんにちは。鬼無里地区担当の西田視己子です。

今年もよろしくお願いいたします!

2017年が始まり、あっという間に1カ月が過ぎていきます。長野市地域おこし協力隊・鬼無里地区担当として活動できるのも残り2カ月ちょっととなってしまいました。

テーマは『今年の抱負』ですが...隊員として?個人として?少し複雑な気持ちがしています。

笑顔で活動を終える


長野市地域おこし協力隊として、ひとつひとつ積み重ねてきた3年間、その時その時にとことん考え、力いっぱい動いて、地域の方々と作ってきたものがあります。

直売所「ちょっくら」のこと、合同会社裾花ていばん家のこと、マルシェのこと、イベントのこと...。

だから最後まで元気に明るく笑顔で活動します!

お田植え体験・稲刈り体験をする田んぼも今は真っ白な雪に覆われています ↓

雪1.JPG

新たなチャレンジ


思えば3年前、長野市に移住したのは大きなチャレンジ...知り合いもいない、知らない土地、正直言えばかなり勇気が必要でした。

そして、4月からは長野市で新たなチャレンジが始まります。主人がメインとなり「クレープの移動販売」の事業をスタートさせます。クレープ販売は主人、私は事務的なことのサポートやオリジナルメニューづくりなど、二人三脚で取り組んでいきます。

そして野菜ソムリエプロとしては、料理&座学の講座を開催すること。

さらに、次のステップへ。本当にやりたいこと「人と人、地域と地域を繋ぐこと」が仕事として成り立つように整えていく予定です。

実は着々と準備はしています...。

いくつになっても好奇心を持ち、前へ前へと進んでいきたいと思っています。夢をただの夢で終わらせないために、必ず実現したいと思います。

そんなに簡単ではないこともわかっていますが、一度きりの人生、強い思いを持って進んでいきたいと思っています。

ころんだらまた立ち上がればいい!壁にぶつかれば道を変えればいい!と自分に言い聞かせながら。

ページトップ