長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

実るほど頭を垂れる稲穂かな・・・・

LINEで送る

2016年10月14日 | 活動内容:活動内容 |

こんにちは。鬼無里地区の西田 靖です。

朝晩めっきり冷え込むようになって、ストーブが恋しい鬼無里です。

『秋の実り』が今月のテーマなのですが、山里なので、農作物だけでなく、

自然の風景の中にもいろいろな実りがありますね。

こんなのも・・・

栃のみJPG.JPG

これは?

鬼無里の皆さんに聞いてみたけど、わからない。

何人もに聞いてみて、ようやく『栃の実』だと判明しました。

岐阜などでは、『栃の実せんべい』を売ってるんですが、

こちらでは、食べる習慣がないようです。

こちらは定番の『山栗』

小粒ですが、焼き栗にすると美味しいです。

栗.JPG

ついでに、こどもの頃よく拾ったドングリ。

子供の頃の記憶がよみがえるような気持ちになるので、つい目がいきます。

ドングリ.JPG

これもいっぱいありますね。

種がいっぱいだけど、甘くて美味しい。皮の部分も具を詰めてオーブン焼きも

美味しいです。

アケビJPG.JPG

その他にも、栂茸や舞茸など山で採れるキノコ。ナメコやヒラタケなど

原木栽培のキノコもいっぱいありますね。山里ならではの美味しい味覚です。

最後に・・・・やっぱり『お米』。

一番大切な主食ですよね。

水も空気も美味しいので、当然美味しいお米ができます。

先日、案山子コンテストにあわせて、『案山子カフェ』を開催したときに

たわわに実った稲穂を見て、ふと思いました。

IMG_7843.jpg

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』

稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ

謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということのたとえですが、

果たして自分は、どうなのかなと。

もっと謙虚にならなくちゃ。もっと成長しなくちゃいけませんね。

そんなことも思う『実りの秋』でした。

来月もよろしくお願いします。西田 靖でした。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ