長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

大岡・中牧神社の御柱祭

LINEで送る

2016年5月10日 | 活動内容:移住・交流 |

大岡地区の鈴木です。

7年に一度の御柱祭が、ここ大岡でも4月23日に行われました。

地域の小さなお祭りなのかなと思ったら、たくさんの人が集まり、本場諏訪の木遣り保存会の方も来ていただき、それは盛大なお祭りでした。

DSC_0372.jpg

3月に山から木を切り出す「山出し」があり、今回は里曳きです。

不勉強で恐縮なのですが、山から切り出した木(山の神)が人里に運ばれ、幾つかの儀式を経ることでたくさんの人と関わり里の神となり、神社に建てた時、その木はご神木となる‥といった意味なのだそうです。

DSC_00341.jpg

DSC_00259.jpg

みんなで曳き綱を曳き、色鮮やかなおんべを振って、ヨイサーヨイサーと掛け声を出して歩いていきます。

DSC_0374.jpg

中牧神社は山の中にあるので、未舗装の落ち葉の道を数百m歩き、最後は150段の階段を引き上げます。

DSC_0397.jpg

法被と鉢巻が格好いい木遣り隊の3人の男衆が、要所要所で唄ってくれます。

そのりりしく高らかな声は、心にダイレクトに届き、勇気づけられます。

DSC_0387-2.jpg

DSC_0405.jpg

DSC_0406.jpg

DSC_00430.jpg

地区内の集落ごとの獅子舞を奉納します。

豪華5匹の獅子が舞う!

DSC_0433.jpg

皆で曳いて来た木が、この瞬間から御神木となり、地域を守ってくれることでしょう。

山には山桜、遠くには残雪の北アルプスの山脈。

新緑が芽吹き始めた里山の中を、皆で力を合わせて綱を曳き、地を踏み、声を出す一体感。

五感にびんびんに響きまくります。

久しぶりに心揺さぶられる貴重な体験でした。

大岡に暮らし2年。

里山の恵みを受け、大岡に受け入れてもらったことに、この地の神様に改めて感謝したのでした。

次回は7年後、今から楽しみな大岡無形文化財(2016鈴木認定※非公式)です。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ