長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

困ったときのお鍋頼み

LINEで送る

2015年11月24日 | 活動内容:その他 |

こんにちは~鬼無里地区担当の西田みきこです。

テーマは「美味しいお鍋の季節」

いきなりですが、私にとっての「お鍋」はピンチを救ってくれるありがたい助っ人、困ったときのお鍋頼み。そんなお鍋にはエピソードもいっぱいあってこの季節になるとなんとなく思い出すことも。

大騒ぎして食べたお鍋、みんなで競って食べるサバイバル鍋、女子会の譲り合い鍋、これは後にして。

さて、今夜のお鍋の具は何がいいかな?なんて、家にある材料に何をプラスしたらいいのか頭の中で食材を整理整頓することが続いています。

食卓にカッセトコンロを置いてお鍋をのっけてスタンバイ!!

P1050215.JPG

(しまった。。。お気に入りのコーヒーカップと湿布まで写っていました。)

さてさて今日のお鍋はなんだろな?

今日はきのこ鍋にしました~。

P1050216.JPG

しいたけ、まいたけ、ひらたけ、ぶなぴー。そして、地元の方から頂いたはくさいを入れ、スープは愛知の友人が送ってくれた〇〇〇鍋の素を使って、ピリッと辛みがあるキムチ風味!

P1050220.JPG

ここで、私のお鍋の思い出を少しだけ。。。

かつて私が勤めていた会社には、先輩から申し送りをされる重要な伝承がありました。それはクリスマスやバレンタインには上司の机の上に「〇〇課一同より」とメッセージを付けてプレゼントを置いておくということです。

そうすると、翌日には「みんなで〇〇鍋に行こう」とプレゼントのお返しの話しが舞い込んでくるわけです...大皿に透き通ったお魚がのってるお鍋や足をもいで食べるときは無口になるお鍋などをいただくことが出来るわけです。もちろん「ごちそうさまでした~」の一言で完了!

時にはこんなことを思い出しながら、ホットな鍋物を食べて元気に活動したいと思っています。

最近、鬼無里では挨拶と一緒に「いつ雪が降り始めてもおかしくないね」という会話が飛び交い、天気予報でも雪だるまマークがちらほらとしています。

これから我が家では心からあったまるお鍋デーが続くことになりそうです。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ