長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

アイドルから2時間ドラマの女王になった人みたいな名前の鍋

LINEで送る

2015年11月 4日 | 活動内容:その他 |

こんにちは!鬼無里担当No.3のきのっぴーです!

すっかり寒くなりました。家の中でも吐く息が白くなる!

これって冬じゃ?まだ秋なんですかね?

地元のガソリンスタンドのお兄さんにそう聞いたら、

「こんなもんじゃ、まだ秋だね」と一蹴されました。

早く土壁塗りしないと冬は本当に凍ってしまいそう、なんて思っています。

(11月15日に土壁塗りワークショップ(←楽園信州サイトリンク)やります。)

 

タイトルおよび前置き長くってすいません。

今月のテーマは「おいしいお鍋の季節」なのですが、

鬼無里で鍋物って。。。何か特徴ある鍋があるとは聞いてなくて。。。

結構前から11月テーマ「鍋」どうしよう、と悩んでいたのです。

悩んだまま、鬼無里観光協会主催「砂鉢山登山縦走コース」(リンク)に参加し、

10月18日に砂鉢山(※)に登ったのです。

  ※ 砂鉢山

      標高1、432m。荒倉山山系の最高峰。

kino_IMGP0225.jpg

お天気も良く、砂鉢山は紅葉が進んでいてとても美しかった!

kino_IMGP0224.jpg

去年も同じ時期に参加したのですが、今年の方が紅葉は良かったと思います。

登り始めて振り返ると、眼下の鬼無里集落はまだ霧に沈んでいました。

kino_IMGP0228.jpg

コースは中級者という砂鉢山、初心者の私には

鎖場など結構大変でしたが、今年は雨が少なくて足元は落ち葉でフカフカ!

滑ったりせず、転ばずに怪我なく登れました。

足元を見ると、去年は殆ど見つけられなかったミズナラのドングリや、

ブナの実などが沢山!しかも1粒1粒が大きい!

今年はブナの実が沢山あるから、クマも山から下りずに済んでいることだろう、と

参加者のみなさん、納得されていました。

kino_IMGP0236.jpg

案内は地元山大地区・峰地区などの住民の方々。

時々コースを外れて、木立の中に入って行ってしまいます。

おやおや???

暫くすると、手に何か一杯もってくるのです。

↓この方、案内役の地元の通称"ジャンボさん"です。

kino_IMGP0264.jpg

そうです!キノコ!この日はキノコ日和!

地元では「カタヒラ」と呼んでいる、おいしいキノコだそうです。

カタヒラは標高の高いところにしか生えないそうです。

本名は「ムキタケ」。「カタヒラ」とか「カタハ」とか呼ばれるようです。

さすが地元、それにしてもキノコの場所がどうしてわかるんだろう???

「キノコのにおいで分るんだよ」とか「キノコレーダー搭載してるんだよ」とか

「キノコが小声で「ここだよ」って呼ぶんだよ」とか。。。(^^;;)

言った後でゲラゲラ笑っておられましたが。

鬼無里側から登ると険しい砂鉢山、誰もここまで登ってまでは獲らないのか、

この日は大収穫だったみたいです。

 

砂鉢山登山に何度も参加してみたくなる理由、そのひとつは

登り終わって山大公民館に到着すると、地元の人たちが

手打ちそばを準備して待っててくれているのです。

山を下り始めても、何度も登ったり下りたりで疲れがピークになってくると

「手打ちそばが待っている!」と勇気を奮い立たせるのです。

そして遂に!なめたけがたくさん入った手打ちそばにありつけた!

去年は愚かなことに写真を撮る前に平らげてしまったので、今年は忘れずに!

(ここには自分で撮った写真を載せましたが、

鬼無里観光協会主催「砂鉢山登山縦走コース」(リンク)に掲載されている

写真の方がはるかにおいしそうでした。H係長に負けた。。。(T_T))

 kino_IMGP0281.jpg

ごちそうさまでした!!おいしかったーーーー!!

山大公民館から見える素晴らしい景色と、ささやかながら地元の人たちとの交流、

そんなことも相乗効果なのか、より一層おソバがおいしく感じられます。

 

え?鍋はいつ出てくるのかって?

これからです、これからです。

おすそ分けをいただいたのです、カタヒラの。

kino_IMGP0283.jpg

肉厚でおいしそうです。そうだ、鍋で食べちゃおう、と。

ちょうどニンジンやお肉もお豆腐も買ってあったのです。

味付けは鰹節酒醤油みりんで適当、鍋に仕立ててみました。

kino_IMGP0287.jpg

おいしかった!!

カタヒラさん、まったく癖がなく肉厚で、

鶏肉やちくわから出たダシともよく合ってジューシー!

今もぴんぴんしているので、ツキヨタケじゃなかったみたいですし!

(キノコをよく知る地元の人が採ったので「絶対大丈夫」と。時期も違うし)

「カタヒラ鍋」、

アイドルから2時間ドラマの女王になった人の名前みたいな鍋です。

「ムキタケ鍋」じゃないかって?

いやいや誰が何と言っても「カタヒラ鍋」です。

  (長いタイトル付けてみたかっただけなんだよ。。。

  オヤジギャグ言ってみたかったんだよ。。。)

そもそも、あの2時間ドラマの女王がアイドルだったことなど

今の若い人、知らないかもねー!!

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ