長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

いもいのりんごおいしい理由

LINEで送る

2015年10月27日 | 活動内容:農地活用 |

「しりとりしよう」

「いいよ」

「しりとり」

「りんご」

そう、しりとりの冒頭にでてくる頻度が高い果物といえば、りんご。
IMGP0355.JPG


芋井のりんご担当 古川です。

しりとり、りんご、ごりら、らっぱ、
このつぎに、ぱんつ、になるか、ぱんだ、になるかが、
しりとりの分かれ道。
芋井のりんごはおいしい。
標高700メートル前後に畑があるから、色付きとミツ入りが良い。
粘土質の土+水はけのよい傾斜地という条件が、木の生育に適している。
機械の入らない畑でも、ストイックに働く生産者さんがいる。

12107871_591880840950487_8831249761934349762_n.jpg
[10月4日撮影 シナノスイート]
 
だから、芋井のりんごは味が違うんだ。おいしいんだ。
と、理屈ならいくらでも並べられますが、百聞は一食に如かず。食べてみて下さい。
しかしながら、どこで芋井のりんごを買えるのですか?
IMGP0360.JPG[10月17日撮影 楽市楽座にて]
 
残念ながら、芋井のりんご農家さんたちは、ネット販売をしていません。
芋井地区周辺の直売所なら、生産者表記のあるりんごを購入可能です。
そして、11月21、22日は
芋井りんご共選所にて、ふじ祭りが催されるそうです。
芋井のりんごを手に入れるチャンスです。
ぜひ、芋井に来て下さい。長野駅から車で20分くらいです。
新しいしりとりの始め方のご提案
「しりとりしよう」
 
「いいよ」
 
「しりとり」
 
「理屈抜きにおいしい芋井のりんご」

りんご好きの皆様、次回しりとりをする時には
この始め方で、相手を崩しにいってください。

以上、芋井のりんご担当、古川でした。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ