長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

鬼無里よいと~こ何度も~おいでぇぇ。

LINEで送る

2015年8月27日 | 活動内容: |

皆様こんにちは。 鬼無里地区担当の西田 靖です。

鬼無里にやってきて、もう一年半。本当に早いものです。

初めて訪れた時が、大雪の雪景色だったので、「静けさ」 「美しさ」 にとても感動しました。四季を通して一年半たった今も、この感動に変わりはないです。

そして、なんと言っても、「人」が温かいです。田舎の良さの一番は 「人」 これが 「宝」 まさに、「人財」ですね。

さてと、他の隊員が好きな食べ物とか書いているので私も・・・・

好きな食べ物はイノシシ。 すいません。 嘘 です。

IMG_猪肉縦.JPG

写真は獲れたてのイノシシの前脚肉です。後ろはイノシシではなく私です。(どうせ何か言われる!) 

ちなみに好きな食べ物は、カレーライスです。 ご近所さんにいただいたこのイノシシ肉も使ってみました。3度煮こぼして臭みを消したら・・・・なんとか・・・・噛みごたえがあってなかなか美味かった(?)です。

でも・・・もういらないかな・・・(汗) いだたいた方、申し訳ございません。でも、またください。

いただきものが多いのも田舎の良さですね。野菜はほとんど買いません。食べきれないほど貰います。皆様いつもありがとうございます。これからもたくさんお願いします。 ここに住めばこんな野菜生活が存分にお楽しみいただけると思いますよ。

さてと、自己紹介を書くんだったっけね。

どこから来たのか?

愛知県出身ということになっているが、実は岐阜県各務原市出身。

前職は、タクシードライバー。その前は、26年間、旗、幕、のぼり

の企画、製造、販売会社を経営。

なぜ地域おこし協力隊になったのか?

人生も後半になり、何か社会の役に立ちたいと思っていた。

かっこよく書けばこうなります(笑)

ただ、本当にそう思う年代になってきたということでしょうね。

若い方々もいずれわかると思います。

何がしたいのか?

鬼無里での課題も、耕作放棄地の増加、鳥獣害被害、空き家の増加など

他地域と同じですが、この問題の根本は人口減少にあると考えているので

都市間交流や、地域発事業などから、持続可能な魅力的な地域づくり、仕組み

作りをしたいと思っています。

これまでの活動とこれからの活動

・地域の皆さんの仲間に加えていただくために、家庭訪問など密着した活動

・案山子コンテストなどイベントの立案、営業、事務局

・地域発の農産物加工会社の経営参加

・農家中心の農林産物直売所の経営戦略や仕組み作り、そしてプラットホーム化

・住民自治協議会への支援や地域行事への参加

・都市間交流を見据えての大企業の誘致及び地域のPR活動

・地域づくり研修等を通しての人脈つくりや相互活用

などいろいろやりながら、持続可能な地域づくりをしていきます。

今までは、できること望まれることをやってきました。

これからは、地域にとって必要なこと、やるべきこと

やっていきます。

こだわり

地域には、生身の 「人」 がいる。

その人たちのために 「地域おこし協力隊」 は居ると、私は思っている。

私は、この人達の想いを、気持ちを大切にしていきたい。

自分のことは最後でいいかな。と思っています。

こう書くと、妻のみきこ隊員に怒られますがね。(笑)

あまり面白いことは書けませんが、経営者目線で記事を書いていきたいと思います。

来月からもよろしくお願いします。50歳の西田 靖でした。

 

 

 

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ