長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

【大岡】やしょうま作り教室

LINEで送る

2015年1月28日 | 活動内容:文化・行事 |

長野の郷土料理、やしょうま作り教室に参加しました。

DSC_0955.jpg

やしょうまの語源は、痩せた馬だったり、「ヤショ(お釈迦様の弟子の名)、美味かった」がなまったとか、諸説あります。

お釈迦様の命日に仏壇に供えるお団子だそうです。

昔は海苔やゴマなどを練りこんだそうですが、今は食用色素を入れて色とりどりの絵柄を作ります。

米粉を練ってふかしたものなので、お餅のような、ういろうのような感じでしょうか。

生地をこねたり伸ばしたり、色を作ったり、太巻き飾り寿司のように、パーツをひとつずつ作って組み合わせていきます。

松と桜を作ってます。

DSC_0930.jpg

工作みたいで楽しい~とコネコネしてましたが、その複雑な細工にまったくついて行けず、後半はベテランのねーさん達に圧倒されっぱなし。

これはすみれを作ってます。

DSC_0945.jpg

 

花びらの隙間に白を詰めて、一本の筒状に組み合わせて、伸ばして・・DSC_0934.jpg

五つに切って重ね、枝も作って桜の木に組みます。

 DSC_0936.jpg

 オトナの粘土遊びは芸術の域に・・・もう完全についていけない!

 DSC_0943.jpg

これを丸めてぐいぐい伸ばしていく頃には、中がどうなってるのか、何が出てくるのか未知の領域に。

 

ついに完成、糸で切って中の絵が現れた瞬間、わぁっ!きれい!と歓声があがります。

DSC_0947.jpg

試食の際は、みなさんの持ち寄りのお惣菜も並びます。

この日のお品書きは、大根の煮物、大根漬物、キムチ、干し柿、塩漬け柿(意外にも甘くて美味!)、こんにゃく(みなさん日常的に手作りしてます)。

DSC_0957.jpg

できたては柔らかいので砂糖醤油で食べました。焼いても揚げても美味しいです。

 

お供えする日は2月15日とのこと。

バレンタインのチョコレートもよいけど、先人たちの継承してきた農村の伝統に敬意を示す気持ちも、忘れないでいきたいと思いました。

 

チョコやケーキよりも和菓子が好きな、鈴木でした。

 

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
酒井 慎平 [記事]

川中島
鈴木 清子 [記事]

篠ノ井信里
木村 智佳子 [記事]

松代
坂本 賢二 [記事]
水嶋 謙治 [記事]

若穂
西中 崇 [記事]
小野寺 可菜子 [記事]
殿畑 多朗 [記事]

七二会

豊野
古畠 和昌 [記事]

戸隠

鬼無里
木原 貴之 [記事]
岩川 義子 [記事]

信州新町

大岡

中条
井上 功康 [記事]
大岡 堅信 [記事]

浅川

芋井
岸 豊 [記事]


隊員OB・OG
藤原 祐一 [記事]
オーラック メヘルナーズ [記事]
中川 卓真 [記事]
宋 裕光 [記事]
井上 格 [記事]
佐々木 健司 [記事]
西濱 芳子 [記事]
村松 聡 [記事]
武内 智之 [記事]
平本 千穂 [記事]
澤田 奈央 [記事]
渡邉 昌佐樹 [記事]
越前屋 圭司 [記事]
大野 雅和 [記事]
佐竹 永成 [記事]
清水 峻明 [記事]
水谷 翔 [記事]
安西 晋 [記事]
小池 将太 [記事]
窪美 靖 [記事]
橋本 太郎 [記事]
栗原 健 [記事]
木下 恵美子 [記事]
西田 靖 [記事]
西田 視己子 [記事]
飯島 悠太 [記事]
鈴木 明子 [記事]
藤原 大樹 [記事]
小林 佐知 [記事]
小寺 章洋 [記事]
島田 裕生 [記事]
平田 真梧 [記事]
涌田 周 [記事]
古川 悠太 [記事]
大島 誠子 [記事]
牧野 真弓 [記事]
山崎 信悟 [記事]
石鍋 明子 [記事]
浅野 知延 [記事]
蛭田 浩生 [記事]
瀧田 明博 [記事]

カレンダー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

年間アーカイブ

2022年 [82]

2021年 [108]

2020年 [59]

2019年 [66]

2018年 [125]

2017年 [227]

2016年 [257]

2015年 [159]

2014年 [64]

長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き ご縁ながの ココカラ おしごとながの ながの百景
ページトップ