h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.472

宮田

多美枝さん

エステティック・ヒーリングサロン「SHRINE」「ALOHILANI」代表

コロナ禍こそ大切にしたい、自分を見つめる方法を著書に

文・写真 石井 妙子

美容とスピリチュアルを融合した本を出版

長野市でエステティックサロンとヒーリングサロンを経営する宮田多美枝さんは、キャリア30年に及ぶ人気エステティシャン。15年ほど前から自身の体調の変化をきっかけにスピリチュアルも深く学ぶようになり、お客様にヒーリングなども行っています。美容とスピリチュアルを融合したサロンは県内でも珍しく、多くの支持を集めています。特にスピリチュアルのセミナーは大人気で、県内にとどまらず国内各地、さらに海外でも出張セミナーを行うほど。
 
年数回、スピリチュアルセミナーを実施するハワイの大地に立つ宮田さん
▲年数回、スピリチュアルセミナーを実施するハワイの大地に立つ宮田さん
 
経営する長野市内のサロンでは人気エステティシャンとして活躍中。20年通い続けている常
▲経営する長野市内のサロンでは人気エステティシャンとして活躍中。20年通い続けている常連さんもいるそう
 

「美容とスピリチュアルは対極的なようでいて、実は目指すゴールは同じ。『幸せになること』なんです」

2つを融合させたメソッドをサロンに訪れる人以外にも紹介したいと、2020年に初の著書『クリアリングの魔法で、おそろしいほど幸せになる!ハワイの火の女神ペレ様から届いた18のメッセージ』を出版。翌2021年には、早くも2冊目となる『3分間のクリアリングでキレイになる!おうちにいながら大自然とつながるハワイアンペレズメソッド&エクササイズ』を上梓しました。それぞれに、コロナ時代を健やかに美しく生き抜くためのヒントが詰まっています。
 
左が1冊目の著書『クリアリングの魔法で、おそろしいほど幸せになる!』、右が2冊目の『3分間のクリアリングでキレイになる!』(共にヴォイス刊、各1,600円+税)
▲左が1冊目の著書『クリアリングの魔法で、おそろしいほど幸せになる!』、右が2冊目の『3分間のクリアリングでキレイになる!』(共にヴォイス刊、各1,600円+税)
 
「最初に本を出したいと思ったのは2007年頃でした。今でこそスピリチュアルはメディアなどを通じて広く受け入れられていますが、当時は“スピリチュアル=怪しい”という印象が強くて。それを払拭するために、美容とかけ合わせてカジュアルに紹介したいと思ったことがきっかけです。魂やスピリチュアリティがどれだけ人生を豊かにして、どれだけ人々を支えていく糧になるか、本当は多くの方が分かっているんです。それが隠されている状況がもどかしくて、多くの方に知ってもらうために企画しました」
 
しかし当時は企画を受け入れてくれる出版社に巡り会えず、計画は頓挫。諦めかけていましたが、2019年に縁あって再び出版の話が持ち上がり、スピリチュアルに対する世間の認知の変化もあって「驚くほどスムーズに出版へ進みました」と振り返ります。
 

3分で手軽にできる「クリアリング」とは?

著書で提唱しているのが、誰でも手軽に行える「クリアリング」というメソッドです。「一言で言えば、自分を浄化して本当の自分自身に戻す方法です。慣れれば、日常生活の中で3分でできるようになります」と宮田さん。書籍では自宅でも一人で手軽に行えるよう、クリアリングの方法をイラストで分かりやすく解説。特別な心構えや準備はいらず、普段の暮らしの中で五感を研ぎ澄ませ、自分の内側に意識を向けて心と体をメンテナンスするイメージです。
 
『3分間のクリアリングでキレイになる!』のページの一部
▲『3分間のクリアリングでキレイになる!』のページの一部
 
特に2021年に出版した2冊目は悩みのタイプ別にクリアリングを紹介したり、ダイエットや美肌につながるエクササイズも合わせて紹介したりと実用的です。試してみると本当に手軽! 一人でやってみると「正しくできているのかな?」と不安になることもありますが、「感覚的で大丈夫です」と宮田さんから頼もしい言葉。
 
「リラックスして『こんな簡単でいいの?』というぐらいの感覚でやった方が、実は効き目があるんです。こうやらなきゃと考えすぎてマニュアルガチガチだと、エネルギーが固くなってしまうから効きにくい。“テキトー”ぐらいの感覚でやってもらった方が効果的です(笑)」
 
自然の中で過ごした時の心地よさを思い出し、イメージすることがクリアリングを助ける
▲自然の中で過ごした時の心地よさを思い出し、イメージすることがクリアリングを助ける
 
多くの人が不安やストレスを抱えているコロナ禍の現在こそ、宮田さんはクリアリングの大切さを感じています。
 
「クリアリングは自分自身を振り返る時間。自分で自分のことが分からない人におすすめです。コロナ禍の今は特にテレビやネットの情報に振り回されがちで、自分がどうしたいのかを意外と分かっていない方が増えているなと思います。“あなたは何が食べたい?”から始まって、“何のために仕事してるの?”、“どう生きていきたいの?”まで、答えられない方ってすごく多い。情報にむやみに触れて不安になるより、3分でできるクリアリングをした方が心にも体にもいいと思います」
 

ハワイの大自然が教えてくれたもの

宮田さんのメソッドを語るうえで欠かせないのがハワイ。スピリチュアルを志した当初、オアフ島在住のチャネラー(霊媒者)に学ぶためハワイに飛んだことをきっかけに通い始め、コロナ禍前は年5回ほど行き来しながら、現地で日本人受講者に向けたセミナーを行ってきました。
 
島全体がパワースポットとも言われるハワイで古くから神話で語り継がれているのが「火の女神・ペレ」。その出会いが、宮田さんのターニングポイントになりました。
 
女神ペレの住むハワイ・ボルケーノ国立公園を歩く
▲女神ペレの住むハワイ・ボルケーノ国立公園を歩く
 
「ペレ様は姿はありませんが、ハワイの人たちみんなが存在を信じている神様です。日本で言うと天照大神のような存在かな。スピリチュアルにまったく興味がない地元の人も『ペレはいるよ』と当たり前のように言う。ペレ様が怒ると噴火など大変なことが起こるので、畏れられている存在でもあります」
 
一般的には見えない女神ペレの姿が見え、話すこともできるという宮田さん。現地ではそこまで珍しいことではないそうですが、日本で生まれ育ち、信仰も違う宮田さんにそれができるのはかなりレアケースだそう。宮田さん提唱のクリアリングも、女神ペレの言葉が元になっています。
 
「2冊目の本を出す話を頂いたのは2020年末でした。お引き受けするか迷いましたが、ちょうど日本で新型コロナウイルスの第3波が来ていた頃で。観光大国であるハワイは大打撃を受けていて、現地の友人や知人と連絡をとって状況を聞くたびに辛く、心配でした。こんな時だからこそハワイの本を書いて、日本の皆さんにハワイを忘れないでほしいと出版を決めました。私がハワイにできる恩返しだと思ったんです」
 
出版後の2021年10月、コロナ禍が比較的落ち着いたタイミングで宮田さんは久々にハワイへ。お礼参りとして聖地を巡り、さらにインターネットラジオなどで日本へ向けてライブ発信。ハワイの現状を伝えました。
 
オアフ島のラニカイビーチ
▲オアフ島のラニカイビーチ
 

各地を飛び回りながらベースを長野に置く意味

国内外各地を飛び回る生活を続ける宮田さんですが、長野に拠点を置くことの価値を年々感じています。けれど20年ほど前、結婚を機に移住してきた当初は「正直、長野が嫌いでした」と振り返ります。
 
「引っ越してきて感じたのは、閉鎖的でよそ者に厳しい風土。特に北信地方はエステティシャンへの偏見が強く、ビジネスでも苦労しました。でも私はこの仕事だけでやってきたし、仕事が好き。何より、お店を始めたらどんどんお客様が来てくださったんです。お客様の期待にひたすら応え続けて、気がついたら今に至ります。正直、ドラマチックな転機や特別な決意などは何もありません(笑)」
 
仕事が軌道に乗り、常連さん、なかには20年通い続けてくださるお客様もでき、長野への愛情が深まっていった宮田さん。長野だからこそ感じる自然エネルギーも、愛する理由の一つです。
 
ハワイから帰国しても、長野ではすぐに自然に戻れることを実感している
▲ハワイから帰国しても、長野ではすぐに自然に戻れることを実感している
 
「長野は、すぐに豊かな自然に戻れる場所。出張が多くてもバランスを取って自分を維持していられるのは、拠点が長野にあるからだと思います。新幹線で長野駅に降り立った時の空気のおいしさったらないですね。自然の山や川ではない、駅のホームでさえ実感します。市街地にある自宅のベランダからでも雄大な山や空を眺められることも、大きいと思いますね。
 
これは私だけでなく皆さんそうなんですが、例えばハワイに行ったら、ハワイの土の上で、エネルギーが“ハワイの人”になっているんです。そこから東京に帰ったとすると、東京はエネルギーが混雑しているからハワイのエネルギーのままになってどうしても違和感が残り、生活しにくい。長野なら自然がクリアで豊かだから、すぐに長野のエネルギーに戻れるんです」

 
ハワイでのエステティックの施術風景
▲ハワイでのエステティックの施術風景
 
例えば「新潟の仕事を終えて2日後に大阪で仕事」というスケジュールでも、あえて一度長野に戻って過ごしているそう。「夫には『わざわざ帰ってこなくてよくない?』と言われます(笑)。でも私が私であるために必要だから」と宮田さん。
 
「長野は私にとって重要なベースですね。ハワイも大好きですが、移住を考えたこともありません。あんなに大嫌いだった長野が、今では私の人生に必要な存在になりました」
 
まだまだ終わりの見えないコロナ禍。長野だからこその自然を感じ、本来の自分を取り戻すことを生き抜く上で大切なのかもしれません。
 
ハワイでのエステティックの施術風景
 

(2022/01/27掲載)

人気投稿

  1. 北澤良洋さん 三河屋洋傘専門店 店主...
  2. 倉澤あゆ美さん 「豆腐とお酒 まほろば」...
  3. 中村嘉郎さん カレーショップ山小屋3代目オーナー...
  4. 濱野 友美 さん ユウナギ ごはんと文房具と。店主...
  5. 塚田和大さん・香里さん 暮らす店 実と花...
  6. 三井昭さん・好子さん 三井昭商店...
  7. 水沢仁亮(じんすけ)さん 株式会社二見屋 代表取...
会える場所 ヒーリングサロン Alohilani(アロヒラニ)
長野市稲田3-19-25
電話 026-263-1613(完全予約制)
ホームページ https://shrine-healing.com

営業時間 平日10:00~21:00、土日祝10:00~20:00
定休日 水曜、第2・4日曜

長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
ナガラボムービー

 
特集一覧ページ