h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.442

母袋

京子さん

カンガルーアートスクール 主宰

自己で表現する〈個〉とみんなで表現する〈和〉 二つの創作から「自分らしさを育む」アートスクール

文・写真 宮木 慧美

「いらっしゃーい。上がってきてー。」
取材先のカンガルーアートスクールに到着すると、とびきりの笑顔で招き入れてくれた母袋さん。そのフレンドリーさは、初対面ということを忘れてしまうほど。【自己で表現する〈個〉とみんなで表現する〈和〉 二つの創作から「自分らしさを育む」アートスクール】を主宰する母袋京子さんにお話を伺いました。
 

アートにルールはない。とにかく「やりたい」という気持ちが大事

長野市・城山公園にほど近い住宅地。ひときわカラフルな建物の2階を拠点に、カンガルーアートスクールは活動をしています。
 
「KANGAROO Studio」と名付けられたこの建物。1階には京子さんの娘・母袋風実さんがパティシエールを務める「てんしのけーき」があり、1歳の赤ちゃんから食べられる、無添加・保存料・着色料・白砂糖をできるだけ使わないケーキを販売しています。2階には「カンガルーアートスクール」とアーティスト・母袋京子さんの「アトリエ」が。ここでは日々、さまざまな人の手によりたくさんの作品が生まれています。
 
「カンガルーアートスクールをはじめたのは1996年から。当時暮らしていた上越市からスタートしました。その後松本市、長野市に転居をしたのだけど、その間もずっと活動を続けてきて。ここ、長野市での活動は9年目。この場所はもともと父の家だったのですが、住まいからスタートして『KANGAROO Studio』として改修・改築をしたんです」
 
木曜日以外の第2・4週に、各8人定員のスクールを開講中。「アシスタントの方がひとり来てくれるんだけど、それでもカオス。すごいことになるの(笑)。いつも子どもたちのエネルギーで溢れているんです!」(写真提供:KANGAROO Studio)
 
木曜日以外の第2・4週に、各8人定員のスクールを開講中。「アシスタントの方がひとり来てくれるんだけど、それでもカオス。すごいことになるの(笑)。いつも子どもたちのエネルギーで溢れているんです!」(写真提供:KANGAROO Studio)
 
木曜日以外の第2・4週に、各8人定員のスクールを開講中。「アシスタントの方がひとり来てくれるんだけど、それでもカオス。すごいことになるの(笑)。いつも子どもたちのエネルギーで溢れているんです!」(写真提供:KANGAROO Studio)
 
木曜日以外の第2・4週に、各8人定員のスクールを開講中。「アシスタントの方がひとり来てくれるんだけど、それでもカオス。すごいことになるの(笑)。いつも子どもたちのエネルギーで溢れているんです!」(写真提供:KANGAROO Studio)
▲木曜日以外の第2・4週に、各8人定員のスクールを開講中。「アシスタントの方がひとり来てくれるんだけど、それでもカオス。すごいことになるの(笑)。いつも子どもたちのエネルギーで溢れているんです!」(写真提供:KANGAROO Studio)
 
上田市で子ども時代を過ごし、18歳で上京、美術大学へ。アルバイト先のデザイン事務所の現場が面白くなり中退。その後、東京・六本木でデザインの仕事をしていたそう。結婚・子育てを機に、一時期はアートやデザインから離れた生活をしていました。
 
「結婚して、3人の子どもが生まれて。しばらくは筆を握ることもなかったんだけど、上越にいる時に娘が幼児教室に通うことになりました。そこで教材をつくるお手伝いをしているうちに、ある生徒のお母さんから『個人的に、アートを教えてもらえませんか?』って依頼があって。いつの間にか生徒さんが増えて『カンガルーアートスクール』が誕生しました」
 
拠点や手法を変えながら活動を続けてきた母袋さん。現在は4歳から80代まで、総勢65名の方が表現活動をしています。赤ちゃんでも、高齢の方でも、障がいがある方でも。自分自身と向き合い、自分を表現する喜びと幸せを感じてほしい、と言います。
 
「アートスクールといえば、美大受験のテクニックを身につける学校や、子ども向けのワークショップ、例えば足型とか手型とか、型が決まっているものがよくあると思います。もちろんそういうものを必要としている方がいて、そんな楽しみ方も素敵だと思います。でも、私が提供したいのは何も決まっていないところから“何かを生み出す”という体験。だから『キレイ』よりも『すごい!!』『オリジナリティ!!』『爆発!!』みたいな表現が好き!アートには変なルールはないし、答えがない。とにかく『やりたい』『悩む…』って気持ちが大事だと思います」
 
赤ちゃんとお母さんのためのワークショップイベントも開催。「絵の具って、こどもにとって一番楽しい画材。みんなすごいの!こちらが指示をしなくても、ダンスをするように筆先を紙に滑らせています」(写真提供:KANGAROO Studio)
 
赤ちゃんとお母さんのためのワークショップイベントも開催。「絵の具って、こどもにとって一番楽しい画材。みんなすごいの!こちらが指示をしなくても、ダンスをするように筆先を紙に滑らせています」(写真提供:KANGAROO Studio)
 
赤ちゃんとお母さんのためのワークショップイベントも開催。「絵の具って、こどもにとって一番楽しい画材。みんなすごいの!こちらが指示をしなくても、ダンスをするように筆先を紙に滑らせています」(写真提供:KANGAROO Studio)
▲赤ちゃんとお母さんのためのワークショップイベントも開催。「絵の具って、こどもにとって一番楽しい画材。みんなすごいの!こちらが指示をしなくても、ダンスをするように筆先を紙に滑らせています」(写真提供:KANGAROO Studio)
 

みんなで作った作品。だからすごい!

そんなカンガルーアートスクールらしい作品が、メンバー全員で作り上げるカレンダー。2017年版から続いている取り組みで、一般販売もされています(ご注文はこちらから)。
 
「365日、すべての日にちが個性的な作品になっているでしょ?動物がいたり、雪だるまがいたり、記号化してみたり、さまざまな自然を描いてみたり…。まさに、数字アートの集合体。それぞれの日にちを、生徒さんたちが自由な発想と自由な画材で描いているんです。そのひとつひとつを集めて、カレンダーという作品が出来上がっているの。みんなで作った作品。だからすごい!アートを楽しむことは人生豊かにする、というのを体現しているような気がしませんか?」
 
2020年のカレンダー。お誕生日の日は、その子が担当するお約束。母袋さんも、自身の誕生日である1月8日を担当。
 
2020年のカレンダー。お誕生日の日は、その子が担当するお約束。母袋さんも、自身の誕生日である1月8日を担当。
▲2020年のカレンダー。お誕生日の日は、その子が担当するお約束。母袋さんも、自身の誕生日である1月8日を担当。
 
さらに、「世に出して、一般の人に見てもらうことで次のチャンスにつながれば」との考えから、展示会やイベントへの協力にも積極的。2018年に開催された「おぶせエバーグリーンマーケット」では、ポスター制作やワークショップ、展覧会の展示をカンガルーアートスクールのみんなで行いました。
 
「ポスターの絵も、カレンダーの絵と同じ考え方で描きました。ひとりずつが各パートを描いて、集積します。例えば玄照寺の山門を描いたのは、こうちゃんという発達障がいのある男子。天性のスケッチ力があってね。そこに色を塗ったのがひろくんで…。そうやって、灯篭は誰々、鳥は誰々、本堂の屋根は誰々と描いていって、コラージュしていく。それぞれの個性を持った、みんながいるから完成する作品なんです」
 
おぶせエバーグリーンマーケットのポスター。細部にまでこだわりを感じる完成度。今後も展示会やグッズ展開をしていきたい、と母袋さん
▲おぶせエバーグリーンマーケットのポスター。細部にまでこだわりを感じる完成度。今後も展示会やグッズ展開をしていきたい、と母袋さん
 
生徒さんの絵を愛おしそうに見つめ、素敵でしょ、すごいでしょ、と何度も呟きます。カンガルーアートスクールの活動は、どんな想いで続けてきたのでしょうか。
 
「大事にしているのは“その人、そのものの表現”であることかな。決め決めのルールもなければ、「こうしなさい」と言うこともない。逆に何の疑いもなくよくあるパターンを描くと「本当にそうなの?」「どうしてそうするの?」と尋ねます。自分の心に素直にいること、そしてそれを表現することを大切にしています。障がいを持っていても、学校に行けなくても、「そうか」「だいじょうぶだよ」って。だから、絶対ダメ、は絶対にない」
 

ボーダレスに、素直に。誰かの人生を豊かにする場所を目指して。

その人らしさを大切にする理由を伺うと、「私の人生、波乱万丈だったから」と笑って話してくれました。その半生は、テレビドキュメンタリーに特集されるほど起伏に満ちたものだったのだとか。
 
「私が苦労してきたから『みんな大変だよね』って気持ちがあります。だから3.11の時も、私たちに何ができるんだろう?って考えて。『アートで心を癒す』なんてことも考えたけど、そんなの綺麗事でしょ、被災している時に。
だから娘と話して、お菓子を届けることにしたんです。今回の台風19号の時も、被災した方に『てんしのけーきにいつでも取りに来てください。』とSNSで発信をして、シフォンケーキやクッキーを、クリスマスには子どもたちにシュークリームを700個届けたんです。ささやかすぎるけど『何ができるか』をいつも考えています」

 
逃げ出したくなるほどの辛い日々と、その壁を乗り越えてきた経験を持つ母袋さん。そこから得られたのは、困っている人に寄り添う優しさと“自分らしくいられる”豊かさへの気づきだったのかもしれません。KANGAROO Studioが目指すべき姿を尋ねると、こんな答えが返ってきました。
 
「いちばん小さな核となるものが『個』だとすると、その集合は『家族』だと思っています。家族って大事だよね、というのは私のテーマかも。アートスクールも、ケーキ屋も、アーティストとしての活動も、一人ずつ、一つずつの“個性“が集まって集合になっていますよね。ここに来たら自分らしくいられるとか、人生が豊かになるとか。ボーダレスに、それぞれ、気のあった仲間が集まる仮想家族のような場所に、ここがなれたらいいかな。」
 
生徒さんの作品を解説してくれる母袋さん。一人一人の個性と人格を尊重して、その子らしさが存分に発揮できる機会を大切にしている
 
生徒さんの作品を解説してくれる母袋さん。一人一人の個性と人格を尊重して、その子らしさが存分に発揮できる機会を大切にしている
▲生徒さんの作品を解説してくれる母袋さん。一人一人の個性と人格を尊重して、その子らしさが存分に発揮できる機会を大切にしている
 
「カンガルーアートスクール」の主宰者、「てんしのけーき」のオーナー、そして「アーティスト・母袋京子」。多彩な顔を持つ母袋さんですが、その根底には“個”と“家族(和)”を大事にする一貫した想いがありました。その想いを新しい形として表現するため「アーティスト・母袋京子」として、新しいプロジェクトも始動するそうです。
 
「2020年2月から、“母袋京子”としての新しいプロジェクトをスタートさせることにしました。ひとつは家族を描く、“家族画“。好きな場所や好きなものに囲まれた1枚は、家族写真よりも自由で、その家族らしさが表現できるでしょ?そしてもう一つが“Name Art.”。赤ちゃんが生まれたときに筆字で名前を書くけれど、名前に込められた想いやその子の個性は、もっと自由に表現できるんじゃないかと思ったんです」
 
“母袋京子”としての新しいプロジェクト。“家族画“(写真上)と“Name Art.”(写真下)(写真提供:KANGAROO Studio)
 
“母袋京子”としての新しいプロジェクト。“家族画“(写真上)と“Name Art.”(写真下)(写真提供:KANGAROO Studio)
▲“母袋京子”としての新しいプロジェクト。“家族画“(写真上)と“Name Art.”(写真下)(写真提供:KANGAROO Studio)
 
“家族”をテーマに、個性を自由に表現していきたいと語ってくれた母袋さん。そこにある“個”と向き合い、尊重し、決して特別視せずに招き入れる包容力は、母袋さんにしか生み出せない表現なのかもしれません。すべての“個”の居場所となるカンガルーアートスクール。ぜひ一度、訪ねてみてはいかがでしょうか。
 

(2020/01/22掲載)

人気投稿

  1. 三井昭さん・好子さん 三井昭商店...
  2. 町田 哲也さん・ゆき子さん 日本料理 そば懐石 紡ぎ...
  3. 山上浩明さん 株式会社山翠舎 代表取締役社長...
  4. ゆでたかの さん 二代目長野県住みます芸人...
  5. 中村嘉郎さん カレーショップ山小屋3代目オーナー...
  6. 西澤真澄さん・義弘さん こうじ専門店 24koujiya(にしこうじや...
  7. 倉澤あゆ美さん 「豆腐とお酒 まほろば」...
会える場所
長野県長野市上松2-4-30
電話

母袋京子ホームページ
※2020.02.04 Newリリース
 
カンガルーアートスクール(KANGAROO Studio 2F)
開講日(グループレッスン):第2第4週 月・火・水・金・土・日
※個人レッスン要相談
時間:1回2時間
入会対象:4歳〜
ホームページ
電話:090-4462-4636
SNS:facebookInstagram
 
てんしのけーき(KANGAROO Studio 1F)
Open:8:30〜13:30、16:30〜19:30
Close:月・火
ホームページ
電話:026-405-6924
SNS:facebookInstagramTwitter
 

長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
ナガラボムービー

 
特集一覧ページ