h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.4

戸隠雪中酒販売組合の「戸隠山雪中酒」

戸隠観光協会理事 藤井治樹さんのマイ・フェイバリット・ナガノ

戸隠神社宝光社境内の雪室で低温熟成
戸隠限定の雪中酒

文・写真 みやがわゆき

神域で熟成された特別なお酒

米どころ信州では珍しくない、雪中酒。読んで字のごとく雪の中で熟成されたお酒です。雪深い地域で、雪の有効活用のために始まった例が多くあります。ただし、「戸隠山 雪中酒は特別な雪中酒です」と、戸隠観光協会理事で戸隠神社の楽人(がくにん)でもある藤井治樹さんは誇らしげに語りました。それは、熟成される場所が「戸隠神社宝光社の境内」であること。神雪(神域に降った雪)に包まれ、太鼓の音を聴きながら育ってきた、まさに「御神酒」なのです。
 
 
 
 
 
 

宝光社社殿へと続く石段の数は、274段! (写真提供:戸隠観光協会)

雪中保存する理由

戸隠山雪中酒は、搾ったばかりの新酒を雪中貯蔵したものです。酒米も米こうじも、すべて長野県産。「若緑」で有名な長野市の造り酒屋・今井酒造で醸されたお酒です。
「雪中で寝かせたことで、新酒ならではのフルーティーさを残しながらも、角がとれたまろやかな風味をお楽しみいただけます」
そう話すのは、戸隠雪中酒販売組合代表で、越後屋酒店の渡辺忠茂さん。雪の中は0度で、外気との対流もなく、湿度100%とお酒が熟成するのに最高の環境。雪中貯蔵で新酒の粗さがとれ、まろやかで喉越しなめらかなお酒に仕上がるそうです。
 
 

4月の掘り出し。雪が少なかった今年は途中で雪を補充したそう。(写真提供:戸隠観光協会)

地元の人々の手で

そもそも、雪中酒づくりは、“戸隠ならではのお酒でお客様へのおもてなしを”との思いから、地元で商を営む若者たちの手で始まりました。毎年1月上旬の埋蔵、4月中旬(雪の少なかった今年は4月4日)の堀出しを有志が協力して行う、手作りの逸品でもあります。
生産数は3500本限定。戸隠地区内のおそば屋さんや、旅館等でお客様へ提供されているほか、お土産物屋さんで一般販売もされています。毎年このお酒を楽しみに、地区内外から買いに訪れるリピーターも多いそうです。
企画から十数年の時を経て、確実に戸隠ブランドとして定着した雪中酒。手土産としても喜ばれる逸品です。

旬の山菜との相性も良い(生酒なので、冷蔵庫で保存してください)。

販売価格(税込み)
特別本醸造酒:一升瓶2,780円、四合瓶1,540円
 純米吟醸酒:一升瓶3,400円、四合瓶1,850円
販売店(下記3店舗のみ)
「おみやげ処 宝泉」「戸隠そば 山口屋」「地酒処 越後屋酒店」
※そば店・宿泊施設での取り扱いについては、各店舗・施設にご確認ください。

問合せ先
戸隠雪中酒販売組合(代)026-254-2315(越後屋酒店)

(2016/05/12掲載)

人気投稿

  1. 「信州ピクルスキッチン」の信州野菜ピクルス...
  2. ひつじの町・信州新町のサフォーク牧場...
  3. ギャラリーと喫茶 ハナモモ...
  4. Record Store『GOOD TIMES』
  5. 松代焼
長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
Nターンのススメ
Nターンとは? 移住者リアルボイス 移住コンシェルジュプロジェクト
特集一覧ページ