h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.351

宮入

一徳さん

合同会社アルカソニア 代表

生きる力を育む学習支援

文・写真 小林隆史

長野市大豆島に子どもの学習支援をする「合同会社アルカソニア」があります。集団学習の内容や方法、スピードに馴染みにくい子どもが、個々の段階に合った学習に取り組んでいます。さらに、遊びや野外活動で、人とふれあいながら、得意なことに挑戦したり、苦手なことを克服したりすることを通して、人との関わりを築いていくための素地を育んでいます。
代表を務める宮入一徳さんは、学校や教育制度だけでは十分にサポートできない多様な子どもの可能性を広げるために、安心して学習に打ち込める環境と、人と関わり合う機会をつくり、子どもたちの個性に寄り添っています。

多様な学びの場が必要とされている

宮入さんは、大学卒業後、ソフトウェア開発の会社に就職しましたが、いずれは高校までを過ごした長野に戻ることを決めていたため、37歳のときにUターン。介護施設を営む両親の影響を受け、社会福祉士の資格を取得しながら、地域生活定着支援の仕事に就き、社会復帰した人たちの相談員として、県内全域の案件に携わってきました。人間関係をうまく築けずにいる人や、自立した生活を送ることが困難な人に、働き先の紹介や公的な制度を受けられるようなサポートをしてきました。宮入さんにとって、この仕事が「アルカソニア」を立ち上げるきっかけとなります。



「生活の支援を必要とする人の中には、人と円滑に関わることができず、孤立してしまう人もいました。そのような人たちが、もっと早い段階で、人との関わりの中で生活していく経験を積むことができていたら、と思ったのです。そのためには、学校だけではなく、さまざまなことが学べる環境で、子どもの頃からいろいろな知識と経験を積むことが必要であると気づきました」

そして、2015年に「アルカソニア」を設立。小中学生たちは、学校とは別のカリキュラムで知識を培ったり、他校の子どもたちと交流したりと、この場所が新たな挑戦をする一つの居場所となっているようです。

小学1年生の児童がつくった世界地図のパズル。楽しみながらパズルを組み合わせていくことからはじまり、今後は世界地図の位置関係や各国の特徴などを学習していく

学習支援の現場

現在、「アルカソニア」では、公立高等学校の生徒支援も請け負っています。学校生活の不安や家庭の問題、友人関係の悩みなどを打ち明けることができる相談窓口として、宮入さんは学校だけでは抱え切れない課題に対応しています。学校や各機関と連携し、学校の学習環境を変更したり、先生以外の相談できる大人に出会える接点をつくったりと、宮入さんならではの柔軟な活動域で、子どもが健やかに成長するためのきっかけづくりをしています。

「子どもたちはさまざまな悩みを抱えています。先生以外の人にも相談できるように、まずは私たちがじっくりと話を聴く時間をつくっています。こどもの口から初めて知らされることもあります。学校以外の環境でも、人と関わることができたり、学習に取り組むことができたりするように、個々に合ったサポートをしています」

公民の連携を図りながら、多様な学習ステップや生活環境をコーディネートする宮入さん。まずは生徒が抱えるさまざまな問題に向き合うこと。そして、生徒が学校の中だけではなく、社会の中で、いろいろな人との関わりを築いていくための橋渡しをしていきます。

「アルカソニア」は日当たりの良い一軒の民家を借りて運営している。子どもたちは落ち着いた気持ちで主体的に学習を進めることができる

自立した生活を送るために

小学生から高校生まで、さまざまな状況の子どもたちと向き合っている宮入さん。今後は地域の大人や他校の子どもたちを交えた共同課題学習もやっていきたいと考えています。子どもたちが、地域社会の中で相談できる大人や友人をつくることが、自立した生活を送るための第一歩になると話します。

「地域生活定着支援の仕事では、コミュニケーションが苦手な人たちがその地域で円滑に生活するために、各機関と連携した支援をしてきました。今度は、子どもたちが学校だけではなく、地域社会の中でさまざまな人と関われるような場所をつくっていくことが私たちの仕事です」

子どもたちにとって「アルカソニア」は、社会の中で人との関わりを結び、生活していくための出発点となるでしょう。宮入さんはこの場所で、子どもの個性と向き合い、さまざまな経験を積み重ねていく姿を見守り続けていきます。

「アルカソニア」は学習塾と社会福祉支援の経験がある専門スタッフと宮入さんの2名で運営している。施設内の共有スペースは、それぞれの子どもがいろいろなことを学べる場所になっている

(2016/12/27掲載)

人気投稿

  1. こてつ 北村智さん 河合武俊さん 長野県住みます芸人/信州観光宣伝部長...
  2. 丹波岳仁さん 『信州蕎麦ダイニング 音菜』店長...
  3. 中尾勇哉さん、春子さん 足と靴の修理店 DecoBoco...
  4. 山田大輔さん・駒込憲秀さん 『Polka dot cafe』 ...
  5. la rencontre (ラ・ランコントル) 瀬下努さん...
会える場所 合同会社アルカソニア
長野県長野市大豆島5805-5
電話 026-405-9599
ホームページ http://www.arcusonia.com/

メールアドレス:info@arcusonia.com

長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
Nターンのススメ
Nターンとは? 移住者リアルボイス 移住コンシェルジュプロジェクト
特集一覧ページ