h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.58

緑の水平線に広がる空と山

ナガラボ編集部のフェイバリット・ナガノ

文・写真 小林 隆史

緑いっぱい、東京ドームの1.2倍

国道18号線を上田方面から長野へ向かう途中、一面の緑が目を引きつける大きな芝生公園。ここは、篠ノ井中央公園。

平成27年の3月に開かれたこの公園は、敷地面積6ヘクタール(東京ドームの1.2倍)の広さで、見渡す限り一面に緑が広がっています。

夏の時期には、1500m級のそれほど高くはない近隣の山まで視線が開け、空と山が緑の水平線上にあるような開放感を与えてくれます。

“海なし県 長野”に暮らす私にとって、そんな緑の水平線に浮かぶ雲は、まるで海辺に立って、遠くを眺めているような気分にさせます。

緑と空のコントラスト

こんなにも開けた緑の水平線が広がっているのは、電灯や電線が景色を邪魔していないから。
植林された木々と同じような高さの電灯が、遊歩道沿いに並び、遠くに見える大きな鉄塔からは、この公園の上空を避けて、電線が通っています。

緑を残すこと

さらに、この場所の面白さは、直線と植物のコントラスト。
近隣の病院やビルが空をソリッド(硬質)に切り出すのに対して、地面には、植物が色とりどりに空へと伸びています。
建物も植物も、すべて人の手によって、作られた(植えられた)ものですが、その対照的な様子に、何か面白さを感じます。

もちろん、建物もビルもあるべきもの。けれど、これほどまでの緑を、ここの地に残すことを決めた長野市の覚悟みたいなものが、何か長野を好きにさせるのでした。

篠ノ井中央公園では、地域ボランティアや一般財団法人などによって、緑化活動が行われているそうです。

きれいに育てられた植物の中で、子どもたちが元気に遊んでいる姿を見ると、子どもたちはきっと、緑のある風景をいつまでも忘れないだろうなあと思うのでした。


「篠ノ井中央公園」
長野市篠ノ井会716
https://www.city.nagano.nagano.jp/site/toshikouen/7381.html
駐車場:無料101台(普通車95台/障害者用6台)

(2017/10/06掲載)
長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
Nターンのススメ
Nターンとは? 移住者リアルボイス 移住コンシェルジュプロジェクト
特集一覧ページ