h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.54

長野交通安全協会柳原支部

長野交通安全協会専務理事 伊東昭さんのマイ・フェイバリット・ナガノ

住民の力で地域の安全を守ろう!

文・写真 合津幸

交通安全協会とは?

皆さんは「交通安全協会」をご存じでしょうか? 中には協会員として活動されている方もいらっしゃるかもしれませんね。今回は地域単位の交通安全協会の中でも、とりわけ熱心な活動で注目されている柳原支部を紹介させていただきます。

とその前に、安全協会の組織について簡単に説明しましょう。交通安全協会は全国に組織されており、長野県交通安全協会には警察署の管轄エリアごとにそれぞれの地域支部が属しています。本記事の主役である柳原支部は、長野中央警察署に事務局を構える「長野交通安全協会」の30の地域支部うちのひとつです。

このように全国区での枠組みや共通ルールを持つ大きな組織ですが、実際の活動は地区ごとに独立した組織として市町村や地方の警察署と連携を図りながら進められる、とてもきめ細かなものです。地域によって異なる人の流れや交通事情に合わせて内容を工夫し、住民の方々の協力と理解を得ながら交通安全教室や交通安全指導を行っています。

カーブミラーの清掃も協会各支部が行う活動のひとつ。「見えて当たり前」のものだが、こうした地味かつ地道な作業を担ってくれる方がいるからこそ本来の役割を果たせるのだ  (写真提供:金井徳二さん)

子どもの安全と安心のために

柳原支部の交通安全協会には男性33名・女性13名の計46名の協会員が所属。1年を通じて交通安全にまつわるさまざまな行事を主催もしくは参加していますが、その中でも代表的な活動と言えば子どもたちの安全に関わるものでしょう。

学校の登校日は毎朝毎夕に柳原小学校の通学路6カ所で約10名が街頭指導を行っています。ほかにも、カーブミラーの清掃や道路への白線引き、地区や学校での交通安全教室の実施、マラソン大会やウォーキング大会等での交通誘導、学校行事への参加など幅広い役割を担っています。ちなみに協会員は、特別な資格を持つ方や特別に選ばれた方ではなく、地域のことをよく知る住民が役を引き受けてくださっているかたちで、ボランティアに近い存在と言えるかもしれません。

これらの活動についてお話をうかがったのは、平成18年度から27年度までの10年間、柳原支部の支部長を務めた金井徳二さん(現 長野交通安全協会監事/長野交通安全協会柳原支部顧問)です。「他地区で協会員を務めたことがないので比較はできませんが、柳原の皆さんは地域の安全、特に子どもたちの安全を守ろうという気持ちが強いように思います。子どもたちが安心して学校に通ったり遊びに出かけたりできる、そんな地域づくりを目指しています」と、話してくださいました。

元支部長の金井さん。手にしているのは、活動への感謝の気持ちを綴った地元小学生たちからの色紙。「子どもたちが元気に登下校し、挨拶や笑顔を交わしてくれるのが何よりの励みです」

住民自らの手で地域の安全を守る

現在の柳原地区は、金井さんが初めて柳原支部中俣分会長の役を担った平成8年と比べると、人口は減ったものの交通量は増え、さらに高齢化率も上がり続けています。こうした交通事情の変化や地域情勢の変化を的確に捉えることで、真に必要とされる対策を打つことができ、不要なトラブルや事故を防ぐことができると、金井さんは考えます。

他支部からそれらの活動を賞賛される柳原支部ですが、実は5〜6年前に高齢者が関わる交通死亡事故があり、対策の強化を図るための高齢者交通安全モデル地区に指定されたそうです。それまでの協会員の地道な活動から、対策の強化が可能であろうという期待や希望は込められた指定でしたが、協会員の皆さんにとってはそれまでの活動を振り返ると同時に未来に向けての課題を再認識するきっかけになったようです。

「子どもからお年寄りまで、住民自ら安全に対する意識を高める必要があると思います。たとえば、学校やPTAの皆さんとの情報交換の場を増やし、具体的な活動の検討と実践を進める。また、高齢者の個別訪問を増やして免許返納についてわかりやすく説明し、不安や不満を取り除きながら安全のための行動を促す。今後はそうした活動を加速させてゆきたいです」

そう語る金井さんはもちろん、協会員の誰もが安全と安心な日常を願う地域住民の一人です。だからこそ彼らの言葉や行動は、そこに暮らす住民が自ら考えて行動することでしか守れない大切なものがあるということを、強く熱く訴えかけているように感じました。

警察と協力して毎年行っている小学校の交通安全教室。協会員は目立つよう、活動時は必ず黄色い蛍光色のジャンパーを身に着けている。なお、3月8日現在、柳原地区は連続1658日で交通死亡事故ゼロ。現在は2000日を目標に掲げている (写真提供:金井徳二さん)

<info>
金喜商店(金井さん自宅) TEL:026-243-4860
長野交通安全協会(長野中央警察署内) TEL:026-244-0377

一般財団法人長野県交通安全協会HP

(2017/03/23掲載)

人気投稿

  1. 苦手? お腹が痛くなる? だからこそ飲んでみて欲しい味...
  2. 地附山から見るパノラマ 「善光寺から10分。無名の景色」...
  3. こめや東町「ぷくぷく亭」のおにぎり...
  4. 古道具そらしま
  5. 長野県自閉症協会北信地区 いとぐるまの会...
長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
Nターンのススメ
Nターンとは? 移住者リアルボイス 移住コンシェルジュプロジェクト
特集一覧ページ