キャッチフレーズ・
ロゴマーク

「キャッチフレーズ・
ロゴマーク」をご活用ください。

長野市の魅力を掘り起こし、磨き上げ、一人でも多くの方々に長野市の素晴らしさを知っていただき、何度でもおいでいただき、移り住んでいただけるよう、各種団体、企業をはじめとした民間団体と行政が一体となった取組みを、"ながのシティプロモーション実行委員会"は行っています。

このたび、市民の皆さんや各団体など、長野市にご縁のある方々と一体感をもって長野市の素晴らしさを伝えるために、長野市のイメージを具体化する「キャッチフレーズ・ロゴマーク」をつくりました。

市民の皆さん、長野市にご縁のある皆さん。この「キャッチフレーズ・ロゴマーク」をさまざまな場面でお使いいただき、長野市のブランド力を高めることにつなげていきましょう!

そして市外のみなさん。これから様々なところでこの「キャッチフレーズ・ロゴマーク」を見かけると思います。そこでは、きっとこれまで知らなかった、気づかなかった長野市に出会えるはずです。ぜひとも、注目していてください!

キャッチフレーズ・ロゴマーク

キャッチフレーズ:
「ながのご縁を ~ 信都・長野市」の基本理念

~「ながのご縁を」を合言葉に、
「信都・長野市」の交流の輪をひろげよう~

長野市は、古来、庶民信仰の名刹・善光寺の門前町として、全国の善男善女とご縁を結んできた「結縁」の聖地。信の国「信州信濃」の核心の「信都」として、「日本一の門前町」ともいうべき誇り高い歴史を重ねてきました。

いま、文明転換期と言われ自然回帰や人間性の尊重が潮流となる時代の中、長野市はどこに向かうべきなのでしょうか。「日本一の門前町」の伝統に立ち返り、心の時代の「信都」として、都市の心を再興するときなのではないでしょうか。

人と人が心を通わせ、一生変わらぬご縁を結び、人生折々の感動を共にする、生涯交流観光都市「信都・長野市」へー。

私たち長野市は、「ながのご縁を」を合言葉に、市民一人ひとりが主役になって交流の輪を拡げ、人の信頼を集め末永くご愛顧される、そんな「信都・長野市」を実現していきたいと考えています。

◎ ながのご縁を
「長野のご縁」と、「末永いご縁」の意味を持たせています。
 "ありがとうございました。またお越しください。"の代わりに、"ながのご縁を!"と呼びかけに使っていただくイメージです。
◎ 信都・長野市
主に、「信州信濃の県庁所在地」、
「善光寺信仰・戸隠信仰に代表される信仰の聖地」、
「人とのご縁が続くには、信頼関係が必要であることから信頼を得られるまちでありたいという願い」
が込められています。

「キャッチフレーズ・ロゴマーク」をぜひご活用ください!

「キャッチフレーズ・ロゴマーク」の使用等の詳細は実行委員会事務局(長野市企画政策部企画課 TEL.026-224-5023)にお問い合わせください。
名刺にご利用いただく場合は、使用申請は不要です!下記から、画像ファイルをダウンロードしてご利用ください。

※名刺以外にご利用いただく場合は、使用申込書を、実行委員会事務局までご提出いただくか、電子申請での申請をお願いします。

名刺にご利用いただく場合は、こちらからロゴマークの画像ファイルをダウンロードしてください。

jpgデータをダウンロード
各ロゴデータの横/下部分にある上記のマークにポインタを重ねた状態で右クリックして、
「対象をファイルに保存」を選択してください。

※ご利用に当たって次のことにご注意ください。

ロゴ:正体使用形A
正体使用形A
jpgデータをダウンロード
ロゴ:正体使用形B
正体使用形B
jpgデータをダウンロード
ロゴ:タテ型使用形A
タテ型使用形A
jpgデータをダウンロード
ロゴ:タテ型使用形B
タテ型使用形B
jpgデータをダウンロード
ロゴ:ヨコ型使用形A
ヨコ型使用形A
jpgデータをダウンロード
ロゴ:ヨコ型使用形B
ヨコ型使用形B
jpgデータをダウンロード