長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

2015年5月の記事一覧

植えつけ+田植え+民泊=?(古民家で生きるために2 その1)

LINEで送る

2015年5月30日 | 活動内容:農作業 |

こんにちは!鬼無里担当No.3のきのっぴーです!

 

地域おこし協力隊の任期は3年、私の場合、あと残り2年を切りました。

任期後もここで生きるために、どうやって収入を得ていけばいいのか

常に悩んでいるのですが、私はまず収入のベースは農業で、

と考えています。

周りの人は「農業では食べていけないよ」とおっしゃいますけどね。

鬼無里に来るまで農業なんてやったことなかったですしね。。。

植物育てると大抵枯らしちゃうし。。。ゆるウサギ*兔斯基(Tuzki)*シクシクシクシク(T_T) のデコメ絵文字

で、去年はピーマン・ミニトマト出荷農家のお宅で

お手伝いをしながら勉強させてもらい、

今年は収入源になりそうな作物を作ってみようと畑を借りました。

取り合えずは花豆とピーマン野菜 のデコメ絵文字 を作ろうと。

花豆は、小川村のMさんや以前住んでいた松原地区のNさんから

種を頂いたので、お返しできるぐらい作らないと!

そして、できれば自分で食べるお米も少しでいいから作りたい、

田んぼの生き物を見てみたい、と思っていたところ

想定よりかなり広めですが家の近くの田んぼを

貸していただけることになりました。5畝あります。

田んぼは畑と違って道具も必要だし大変だよ、お金にならないよ、と

皆さんおっしゃるんですけどね。

また、今の古民家に移り住んだのは、ここ鬼無里で

グリーンツーリズムなどの農業体験をしてもらうことができないかな、

と考えたこともありまして。。。

鬼無里では都会の中学生の農家民泊を受け入れており

去年、農家民泊の受け入れ家庭のお手伝いをさせていただいたので

今年は受け入れ家庭として、手を挙げることにしました。

将来的に収入の1つになればいいかなと。

高齢化や地震などの影響で受け入れ家庭が減っているとのこと、

収入に繋がらなくても、少しでも地元の助けになれば、とも思いまして。

で、5月分を受け入れるには申し込みが遅すぎたので

6月分の1校だけ、と思っていたのですが、

実行委員会の方から「5月20日の受け入れ、どうですか?」と

打診を受けまして、深く考えず挑戦してみることにしました。

そこからが大変だった。。。

5月20日、1校だけと思っていたら2校連続だった!

1校目は5月20日午後~21日(午前中に送り出し)、と、

2校目は5月21日午後~22日(午前中に送り出し)!

  じゃぁ19日は準備で大変だな、と思っていたところ

「19日は田んぼの苗床のシート外しのお手伝いがあるよ」

  そうかぁ、じゃ、準備は18日にするか。

民泊実行委員会の方から「5月27・28日の受け入れもどうですか?」

  まぁちょっと日にちが離れているので大丈夫かな。OKしました。

「ピーマンの苗、18日から配り始めるんだよ」 え!

「花豆は5月20日に種を落す(播種する)んだよ」 ええ!

「田んぼの苗は20日ごろから植えつけ始めないと」 えええ!

 

うわーん!見事に全部重なったよー!(タイトルなし) デコメ絵文字

 

ジャガイモの植え付けだって終わってないよー! 

花豆の畝だって出来てないよー!

それから私がどうしたのかは、その2を乞うご期待!!

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


地域の仲間と一緒に立ち上げる合同会社裾花ていばん家の発足記念講演会を行います。

LINEで送る

2015年5月26日 | 活動内容:農作業 |

こんにちは。鬼無里地区担当の西田 靖です。
今日はイベントのお知らせです。
私と視己子隊員が、地域の仲間と一緒に立ち上げる合同会社裾花ていばん家の発足記念の講演会を行います。マスターソムリエの高野豊氏をお迎えして、「味噌漬けでむら作り」というテーマです。当日は、視己子隊員が司会進行も務めます。地域の活性化のヒントにもなると思いますので、ぜひご参加ください。
お申込み・お問い合わせは、西田 靖まで。090-3938-2991裾花ていばん家 チラシ(2015.4.30).jpgのサムネイル画像

鬼無里・5月トレッキング!

LINEで送る

2015年5月24日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは!鬼無里担当No.3のきのっぴーです。

5月、日々新緑が濃くなっていきますね!

鬼無里でも5月はいろいろな行事がありまして、

そのうちの一つ、鬼無里の周辺にある山々の

トレッキングに参加しました。

 

「柄山峠トレッキング」

まずは、5月4日の「柄山峠トレッキング」。

柄山峠のトレッキングは去年も春・秋両方参加し、今年も足を運びました。

ですが。。。去年と違って、すごいことになっていました。

IMGP8395.jpg

IMGP8401.jpg

昨年の地震と例年にない大雪で地盤が緩んだのか、

地滑りや倒木が至る所に。

事前に登山道整備にあたったH山係長によると、

道が無くなっていて、丸太橋は傷み、そこらじゅう倒木だらけ。

張ってあったワイヤーやロープは土砂とともに

崖下に落っこちていたそうです。通れるなんてもんじゃなかったようです。

IMGP8417.jpg

IMGP8407.jpg

思わず「うひゃー!」と口に出したほど、滝の横もひどく崩れていました。

めげずに道をつけていただいたH山係長に拍手!手だよ。拍手 のデコメ絵文字感謝!エラい のデコメ絵文字  

私を含め参加者の方々は、おっかなびっくり細く急な斜面の

道を何とか渡ったのでした。一人じゃ渡れないけど、皆と一緒なら大丈夫!

保険もかけていただいていることだし!安心です!

IMGP8437.jpg

木地師の小倉家ゆかりの方のお墓で、供養のお経を唱えました。

ここまでくれば、もう道は平坦で大丈夫です。

頑張った皆さんへのご褒美のように、たくさんのコゴミ

そして、とてもかわいらしいイワウチワ

IMGP8460.jpg

イワカガミよりも花が大きく、見栄えがします。この日はたくさん咲いていました。

このイワウチワを見たくて参加した、という方もおられました。

他にも、サンカヨウやエンレイソウ等、春の山野草の花々を見られました。

昼食のためにたどり着いた鉄塔付近では、

コブシの仲間のタムシバが美しく咲き、ウグイスの声も

ひときわ美しく響いて、心を和ませてくれました。

 

帰りはいろは堂ギャラリー横の東屋で、提供していただいた

「おやき」を平らげて解散となりました。ごちそうさまでした!

参加者のみなさんも取った山菜をたくさん持ち帰り、

満足していただけたのではないかと思います。

いろんな山菜の情報を教えていただいて、勉強になりました。

柄山峠トレッキングは、は毎年5月4日開催と決まっていて、

は今年は紅葉シーズンの10月24日(土)に予定されているようです。

 

「水芭蕉と原生林の新緑ウオーク」

奥裾花自然園はミズバショウだけじゃない!

「なんといってもブナ林」なんだそうです。

湿地は見ていたけど、ブナ林の方は足を踏み入れていなかったので

5月17日の「水芭蕉と原生林の新緑ウォーク」に参加しました。

IMGP8544.jpg

ブナ林は鍋倉高原にもありますが、急な斜面も割と多いように思います。

ほぼ平地で起伏が少なく、楽にブナ林を堪能できるというのが

奥裾花自然園のブナ林の特徴だそうです。

雪解け水が多いので長靴を履いた方がいいですが、長靴を忘れても

駐車場の脇で一足150円で貸長靴を借りることができます。

IMGP8549.jpg

今回は残雪がまだ多く、ブナ林の奥まで入れないとのこと、

それでもブナ林の入り口付近のコースを案内していただけました。

IMGP8566.jpg

写真では伝わりにくいのですが、幹回り3m超の"巨木"です。

推定で樹齢300年は越しているだろうとのことです。

IMGP8570.jpg

私も抱きついて、下から写真も写してみました。

樹齢300年、あやかりたーい!300年は無理かぁ。

でも、なんだかパワーをもらったような気になります。

鍋倉高原のブナの樹齢はせいぜい200年ほどとのこと。

昔は薪炭として伐採されてしまうことが多かったそうです。

樹齢200年を超えるような、これだけ大きなブナが

残っているのは貴重だそうです。

IMGP8562.jpg

IMGP8588.jpg

吉池に到着、ここで昼食となりました。

初めて吉池に来て、池のほとりの木に目が釘付けになってしまいました。

写真では伝わりにくいのですが、池の奥、根元が水辺に入っている状態で

静かにたたずんでいる大きなトチノキです。推定樹齢450年とか。

池に映る自身の姿を見つめているような、まるで伝説のナルキッソスのよう。

一回り小さいトチノキが傍らに同じように生えており、

こちらはナルキッソスを悲しげに見つめるエコーのよう。

IMGP8620.jpg

吉池を後にし、今池湿地に着きました。

ここで、「しなののくに」の名前の由来になっているといわれる

シナノキを見せていただきました。

これまでに2回は通ったことがあるのに、シナノキの存在に

気付かず通っていました。やっぱり案内の人がいて

いろいろ説明していただくと勉強になっていいなぁ。

IMGP8631.jpg

こちらはブナの木なのですが、沢山固まって生えています。

全部で12本ほどあるそうですが、なぜ固まって生えているのか

分らないんだそうです。

この先、このまま大きくなると、どうなるんだろう???

皆、幹がくっついちゃうんですかねー?

 

ミズバショウもまだまだきれいで見応え十分でした。

(いつまでが見頃なんでしょうか?聞く人によって見頃の時期が違う。。。)

ミズバショウが終わった後でも、ブナ林や地層も素晴らしいと思います。

また、あの吉池のトチノキに会いに行きたいなぁ。

 

「春の荒倉山(砂鉢山)登山」

去年の秋のトレッキングには参加したのですが、

春は登山道整備にちょこっとだけ参加し、トレッキングは

他の行事が重なって参加できなかったので、

今年こそは!と5月24日のトレッキングに参加しました。

紅葉橋から砂鉢山を縦走し、山大・宮崎地区の公民館へ

下りるコース。

朝7時から受け付け開始、皆さん朝早くから

よくぞお越しいただいたと思います。

IMGP8741.jpg

まずは松沢隧道を通って前岳・霧見岳を目指します。

IMGP8747.jpg

IMGP8750.jpg

登ったと思ったら、

IMGP8773.jpg

下りて、を何回繰り返したことやら。

IMGP8753.jpg

途中、かわいい花や珍しい植物に出会います。

↑は、葉っぱの真ん中に花を咲かせるハナイカダという名の植物。

IMGP8777_イワカガミ.jpg

こちらはイワカガミ。柄山峠で見たイワウチワより花は小ぶりですが

ピンクの色が濃く、たくさん花をつけるようです。イワウチワより

葉っぱがピカピカ光るらしく、名前の由来になっているようです。

IMGP8838_ギンリョウソウ.jpg

↑ こちらは本当に植物なのか疑問を持ちたくなるギンリョウソウ。

  ようやく頭を出しただけ。これからまだ伸びると思います。

IMGP8806.jpg

IMGP8801.jpg

8時過ぎに登り始めて、何回か休憩を入れながら

11時過ぎに山頂に到着しました。

山頂から見える景色に、「あれが高妻山」「あれが八方にらみ」と

皆さん口々に教えてくださいます。私の記憶力がもっと良ければ。。。

山頂でお昼をいただいた後、見晴らし台に向かい、

14時半すぎに山大地区の宮嵜の公民館へ到着。

ここでお楽しみが待っていました。地元の方たちとの交流会です。

IMGP8861.jpg

地元のお父さんたちによる手打ちのおソバ!

去年の秋のトレッキングの時は、あまりにおいしそうで早く食べたくて

気付いた時にはぺろりと平らげていて、写真を撮り忘れていました。

今年は食べる前にちゃんと写真を撮らなきゃ、と。

IMGP8862.jpg

私のようなものにまで給仕していただいて、頭が下がります。

交流会は楽しく、あっという間に終わってしまいました。

砂鉢山はかなり起伏に富んでいて、中級者向きなんだそうです。

初心者の私が行くのは結構無謀?

確かにひざはガクガク、ももはパンパン。

両手両足をフルに使って「ボルダリングではないだろうか?」と

思いながらがむしゃらに登りましたけど、なんとか登りきれました!

この砂鉢山もこの冬の雪で倒木が相当ひどかったらしく

地元の人たちが一生懸命道を整備してくださったそうです。

おかげで、去年よりもとても通りやすく感じました。

ありがたいことです。  

 

6月に入ってからも、一夜山ふれあい登山や中西山登山などがあります。

お気軽にご参加ください。

登りきった後の爽快感と、交流会のおやつが"やみつき"になるポイントです!

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


【大岡】天ぷらのバリエーション

LINEで送る

2015年5月21日 | 活動内容:文化・行事 |

大岡地区鈴木です。

この時期は、新緑と苗が植えられた田んぼ、残雪のアルプスが美しい光景が見られます。

いつも見ている私も、ついつい車を停めて眺めてしまう事しばしば。

 

よねだわ.jpg

(大岡温泉のあたりからの眺め。)

 

このあたりでは連休頃から、道の駅やスーパーの産直コーナーには山菜が並び始めます。

大岡地区内でも、あぜ道や山から採って来たり栽培していたり、旬の様々な山菜たちは食卓の主役です。

ふきのとうに始まり、あさつき、こごみ、カンゾウ、ノビル、タラの芽、コシアブラ、行者ニンニク、ワラビ等々。

これらはわりと有名ですが、ある日の食卓はちょっと変化球。

山菜.jpg

手前右から時計回りに、ヨモギ、ニセアカシアの花、山ブドウの新芽、桑の葉、タラの芽、山ウド。

山ブドウは山菜の風味に後味がフルーツっぽい酸味、ニセアカシアはふわっと甘くて美味しい!

蜂蜜をとったりするくらいですから。

桑の葉はある方に「うんまいぞ~!」と言われ摘んでいると、「葉っぱなんか揚げちまえば一緒だ」とも言われ、えーと、どっちもその通り!でした。

 

長野の人は色々揚げちゃいます。

以前いただいた天ぷらは、お餅、干し柿、こんにゃく、干し芋が入ってましたが、何も聞かずに持ち帰って食べたので、???の連続で、主人と天ぷらクイズ大会となりました。

長野の北部で食べたビスケットの天ぷらは衝撃でしたが、あぁ、うちもやるわ、という意見もちらほら。

天ぷらの可能性、無限大です。

 

 

【大岡】田植え始めました

LINEで送る

2015年5月20日 | 活動内容:農地活用 |

大岡担当鈴木です。

新緑と青空、水を張った田んぼに残雪の北アルプスが美しい季節がやってきました。

今週来週は田植えラッシュ。私達の田んぼでも、先週末から田植えが始まりました。

一枚は特別栽培(減農薬)で、田植え機械で植えます。

田植え機.jpg

もう一枚は、紙マルチという、遮光性の紙を敷きながら手で苗を植えていく特殊な農法で、無農薬で栽培しています。

まるち.jpg

本来、紙マルチ専用の田植え機で植えるところを人力でやるという、紙マルチの中でも特に珍しい手法のようです。

大岡では一部の方が何年も前から実践していて、住民の認知度もあります。

去年研修させていただき、植え方や効果などを学びました。

お米作りは、稲の成長を妨げる雑草をどう防ぐかが重要なポイントで、無農薬栽培にも色々な農法がありますが、多くは夏の間じゅう、田んぼに入ってひたすら雑草取りをします。

私も昨年やりましたが、暑い時期にほぼ人力での除草は気が遠くなるような作業でした。

紙マルチ農法では、ロール状の紙を引き出しながら、紙に穴をあけて植えていくので、通常の手植えよりも時間がかかりますが、植えた後の除草の手間が不要なので、小規模であれば草取りよりは省力なのではと考え、実験中です。

 その成果は秋の収穫までのお楽しみ。

このブログで、経過の報告をしていきたいと思います。

 

23日の体験イベント、午前の回のみ若干名の参加が可能です。

http://nagano-citypromotion.com/assets/mt.cgi?__mode=view&_type=entry&id=943&blog_id=10

 

 

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
 涌田 周 [記事]
 安西 晋 [記事]

芋井
 古川 悠太 [記事]
 小池 将太 [記事]

篠ノ井信里
 清水 峻明 [記事]

松代
 牧野 真弓 [記事]
 大島 誠子 [記事]

若穂
 越前屋 圭司 [記事]
 大野 雅和 [記事]

七二会
 石鍋 明子 [記事]
 山崎 信悟 [記事]

信更
 窪美 靖 [記事]

戸隠
 水谷 翔 [記事]

鬼無里

大岡

信州新町
 小寺 章洋 [記事]
 島田 裕生 [記事]
 浅野 知延 [記事]

中条
 瀧田 明博 [記事]

隊員OB・OG
 橋本 太郎 [記事]
 栗原 健 [記事]
 木下 恵美子 [記事]
 西田 靖 [記事]
 西田 視己子 [記事]
 飯島 悠太 [記事]
 鈴木 明子 [記事]
 藤原 大樹 [記事]
 小林 佐知 [記事]

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き
ページトップ