長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

2015年3月の記事一覧

【大岡】福寿草の観察会

LINEで送る

2015年3月30日 | 活動内容:移住・交流 |

大岡地区の鈴木です。

 

この数日ですっかり雪がなくなり、雪解け早々咲く花、福寿草が見頃を迎えています。

 

先日、私が住んでいる中牧区の有志の方の企画で、地域の自然と福寿草の観察会が開催されました。

DSC_1316-2.jpg

 DSC_1300-2.jpg

百体観音、蟻ヶ城跡、山神様と湧水地、水生植物や昆虫の生息地、北信五岳と棚田が見えるビュースポット、陶芸家の方の穴窯など、徒歩数分の範囲内に、今まで気づかなかった、知らなかった魅力がたくさんあったことにびっくり、そして感激。

 

地域に昔から住んでいる方々のお話を聞きながら、ゆっくり歩いて回りましたが、歴史の話、子供の頃の話、植物の話など、あちこちで話が盛り上がり、なかなか前に進みません。

 

そしてメインの福寿草。

 DSC_1305-2.jpg

ここに住む方が、何年もかけて手入れをし、ここまで増やしたとのお話。

 

大岡ではどこでも見られ、市街地のタンポポのようによくある花ですが、ここまで広範囲に群生していると圧巻で、歓声があがります。

 DSC_1320-2.jpg

福寿草、棚田、アルプスの競演。

 DSC_1329-2.jpg

大岡に住んで一年を迎えようとしていますが、この日の体験で、自分の住む地区がぐっと身近に感じられ、愛着が沸きました。

 

隣の地区から参加された方も、大岡で生まれ育ったけど来た事がなかった、こういうのをもっとやりたいよね、という意見や、移住者の先輩も、10年も住んでて知らなかったことばっかり、と喜んでいたり、それぞれ収穫があったようです。

 

私も普段見過ごしていたこと、見えていなかったことがいかに多かったか。

 

昨日と今日とで、見える世界が変わってくる、地元を歩くのが何倍も楽しくなる、そんな感覚に興奮し、その夜はなかなか寝付けなかったのでした。

 

 

 

ちなみに自然が豊かな大岡では、春から秋にかけてたくさんの種類の花が見られ、夏にはスーパーの産直コーナーに野菜に負けないくらい様々な花がずらりと並びます。

寒暖差があるので花の色も鮮やかで、東京の花屋さんで同じ花を見ると、色褪せて見えてしまいます。

 大岡の人達は、男性も女性も花が好きな人が多く、生態にも詳しくて、○○が咲いたら□□を植える、なんて目安にしていたり、田畑の隅に花を植えたり、私もお花を戴いたことが何度もあります。

生活の中に身近に花があるのが、ホントに素敵だな~といつも思ってます。

 

 

 

古民家を生かすために13

LINEで送る

2015年3月21日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは!鬼無里担当No.3のきのっぴーです。

油で揚げたやしょうまがおいしくてたくさん食べ過ぎたのか、

体調を崩して寝込んでしまいまして、

古民家再生セルフビルド作業は終盤ですが、その前に、

今住んでいるところの退去日が迫ってきてしまいまして

やっと起き上がれたと思ったら片づけに追われる日々です。

最近、作業にほぼ参加できなかった。。。

古民家再生作業の続き、少しだけです。

 

先々週、いろいろな用事の合間を縫って顔を出したところ、

かなり竹木舞の壁が出来上がっていました。

柱に土を塗るための縄木舞も、以前紹介したときよりも

さらにパワーアップしていました。

IMGP7954.jpg

↓遠くから駆けつけてお手伝いしていただいたお姉さんです。

IMGP7950.jpg

4月になって土が凍らなくなったら、いよいよ土壁塗りです。

(その時は、いろんな方にお手伝いいただけるとありがたい!)

お風呂・お手洗い前の廊下も、想像以上の仕上がりです。

以前のコンクリート壁の姿を知る人は、同じ場所とは思わないでしょうね。

IMGP7953.jpg

実は、さらにもっと素敵な仕上がりになりつつある場所が

あるのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

そちらは次回報告のお楽しみ!

 

春は三寒四温と言いますが、ぽかぽか陽気に見舞われたかと思えば

雪の降りしきる真冬に逆戻り、そして、またぽかぽか陽気。。。

でも、確実に春は近づいています。

気が付けば、鬼無里は今そこらじゅうで、、、

IMGP8028.jpg

恥ずかしながら愛知県にいたときは、フクジュソウに

そんなに魅力を感じていなかったのです。

私の住んでいた所の付近では

フクジュソウをほぼ見かけない、ということも

あったかもしれませんが、

セイヨウタンポポやブタナやなにかが春夏秋大抵咲いていたし

年中緑を目にすることが多かったからかもしれません。

冬、短かったんですよねー。

でも、鬼無里に来たら、冬、長いんですよねー!

長くて終わらないかも、と思い始めていたぐらい。

ようやく白い雪が解けても、ほぼ枯草や土が露出して

白と茶色しかない世界に、小さな鮮やかな黄色が

一斉に顔を出しているのを見つけたら、

やっと春になったんだね、なんて実感せざるを得ません。

ただ、この冬の雪は、隣のおじいちゃん達に言わせれば

「今までこんなに雪降ったこと、ねぇだ」。

90のおじいちゃんが言うんだから、

どうやらイレギュラーのようです。ホント?

来年の冬はもっと短かく感じるのかなぁ??

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


鬼無里「食の風土記」完成によせて

LINEで送る

2015年3月15日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは!鬼無里No.3のきのっぴーです。

 

春は名のみの風の寒さや

週末に降った雪で冬に逆戻り?3月中旬なのに。

でもここ2日の間の晴天で道路の雪は殆ど消えました。

IMGP8027風景.jpg

 

今回は古民家関連はちょっとお休み、、、

 

以前、鬼無里の「食の風土記」のための絵を描いている、と

描きかけの絵を載せたことがありました。

(記事はこちら:「冬籠りして絵描いてます」

その鬼無里の「食の風土記」がついに完成し、

北陸新幹線開業で世間が湧いていた3月14日には

発刊記念式典が晴れやかに行われました。

(詳しい内容は、西田両隊員がこのブログ「食文化を知ると楽しい」

Facebookに掲載しています。)
 

 

当日は郷土料理の振る舞いや昔使われていた民具の展示もありました。
IMGP7980.jpg


IMGP8004.jpg

↑ピントはボケていますが、しょうゆしぼり機です。

醤油、自家製してたとは聞いていたのですが、

こういう道具を使って作っていたんですね。

 

鬼無里の各地区からも沢山の人が詰めかけ、

私も少しだけですがお手伝いをさせてもらいました。

「干葉(ひば)のおこがけ」、うわさには聞いていましたが

私は目にするのも口にするのも初めてでした。

盛りつける傍から、皆さん口々に「うわぁ、なつかしいねぇ!」

あらかじめ茹でておいたお椀一杯分のおソバを、

ラクロスのラケットのような、竹で作った網杓子に入れ

菜っぱ(野沢菜?)を干した「干葉」を使った味噌汁の鍋の中で

ササッと湯がいて温め、再びお椀に盛ってお味噌汁ごといただくのです。

「食の風土記」によれば「冬のケ(普段)の食事」の1つであり、

ハレ(お祝いとか特別な節目や行事)の食事ではないのですが、

目の前であの網杓子でササッと湯がいて出してもらったら、

現代では立派な「ご馳走」なのではないだろうか?と思います。

身欠きにしんと炊き合わせた「アザミの煮物」も、

そのほかのお料理も、みな手間暇がかかっている。

こんなお料理を味わえることのなんと贅沢なことか!

作ることのなんと大変なことか!

そして、こういう手の込んだ郷土のお料理は

都会の若い人たちの口に入る機会が無くなりつつあることに

一抹の寂しさを感じずにはいられません。

IMGP8012.jpg

 

また、お土産の1つとして鬼無里地区の「やしょうま」が配られました。

IMGP8023_yashouma.jpg
以前、大岡地区の華やかな「やしょうま」作りが紹介されていましたが、

(記事はこちら「【大岡】やしょうま作り教室」

お土産でいただいたやしょうまはとても素朴

お釈迦様の命日2月15日や、月遅れの3月15日に

お供えするのだそうです。鬼無里では月遅れでお供えのようです。

3月14日の式典の際は、お土産の他に

油で揚げたやしょうまが提供されました。

お醤油を付けていただきましたが、おいしかったです!

 
愛知県にも米粉を練って蒸かす「おこしもの」というものがあります。

米粉を練って木型に入れて形を作り、食紅などで色を付け蒸します。

柔らかいうちに砂糖を入れたお醤油を付けて食べます。

鬼無里の「やしょうま」を食べた感じでは、

「ういろう」よりも「おこしもの」の方が近いかな。。。

「おこしもの」はお雛祭りに出されるんですけどね。

それぞれルーツは違うのか詳しくは知らないのですが、

全国にも米粉を練って蒸したお菓子ってありそうですね、

お米の国ですものね。

実はルーツは日本を飛び出して東南アジアだった、インドだった、

いやいやアフリカだった、なんていう結論になったりして?

(「ならねーよ!」と突っ込み入れたくなった方、

心の中だけでお願いします)

 

完成した「食の風土記」をドキドキして開くと。。。

私が描いた絵が掲載されていました!

IMGP8023.jpg


一枚だけですが、貢献できて嬉しい!

ただ、「よくもまぁこんな絵のレベルで」と思うと顔から火が出そうですが。。。

でもって、いけしゃあしゃあとここでも見せちゃってますが。。。

無理やり何とか絵を使っていただいたと思われ、

申し訳なさと感謝の気持ちが入り混じっています。

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


食文化を知ると楽しい!

LINEで送る

2015年3月14日 | 活動内容:文化・行事 |

今日は、「鬼無里食の風土記」発刊記念式式典・食の文化祭が行われました。多くの方々がご参加くださり、鬼無里は笑顔であふれていました!

改めて「食文化」の奥深さを感じ、もっともっと知りたいと思いワクワクしています。

この式典の交流会で皆さんに楽しんで頂くために、私も鬼無里食の風土記編纂委員会の方々と一緒に「鬼無里の伝統食」を作りました。

P1040492.JPG  P1040463.JPG

P1040473.JPG  P1040506.JPG

10種類以上のお料理、おやきもやしょうまも作り...とっても賑やかで楽しかった。

一緒にお料理を作る時、いつも感じる手際の良さ!私はまだまだ修行が必要のようです。

P1040523.JPG  P1040521.JPG 

P1040528.JPG  P1040524.JPG

このお料理は、寒干し大根の煮物、干しかぼちゃのえごま和え、干しなすの油いため、大根引き。

展示コーナーの古い道具を見て

これ、素材は木からプラに変わったけど同じ用途で使われているよ...などと色々なことを感じました。

P1040544.JPG  P1040554.JPG

今日この場面に出会うことができ、うれしい気持ちでいっぱいです。

鬼無里地区担当 西田視己子

春だ!雪解けだ!直売所「ちょっくら」は3月14日(土)からオープンです!

LINEで送る

2015年3月10日 | 活動内容:情報収集・発信 |

こんにちは!鬼無里地区担当の西田視己子です。

鬼無里で過ごす初めての冬は大量の雪に囲まれて、こどものようにはしゃぎ回っていました。おかげで雪道の運転にも随分慣れることができました。もちろん安全運転で!

昨年の4月に「長野市地域おこし協力隊員」として鬼無里で活動をはじめ、最初はドキドキ緊張する日々を過ごしていました。しかし直売所に立ち寄ると、みんなに気軽に話しかけてもらい、す~っと緊張も解け笑顔になれました。こんな直売所「ちょっくら」が大好きです!

冬季は駐車場には雪の山ができ、直売所は閉鎖!ちょっとさみしいなぁ~。

P1040402 (640x480).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像   P1040407 (640x480).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

春の予感!!!!!駐車場の雪の山も小さくなりました。

P1040426 (640x480).jpg   P1040429 (640x480).jpg

直売所のオープンに向けて、頑張ってくれています!

鬼無里農林産物直売所「ちょっくら」は3月14日(土)からオープンします!

今年も鬼無里の皆さんと一緒に笑い、元気に活動したいと思っています。

そして1年かけて鬼無里を回り、鬼無里っていいなぁと思うところがいっぱい見つかりました。4月からは「きなさ発見!気まぐれレポート」として少しづつ発信していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
 涌田 周 [記事]
 安西 晋 [記事]

芋井
 古川 悠太 [記事]
 小池 将太 [記事]

篠ノ井信里
 清水 峻明 [記事]
 渡邉 昌佐樹 [記事]

松代
 牧野 真弓 [記事]
 大島 誠子 [記事]

若穂
 越前屋 圭司 [記事]
 大野 雅和 [記事]

七二会
 石鍋 明子 [記事]
 山崎 信悟 [記事]

信更
 窪美 靖 [記事]

戸隠
 水谷 翔 [記事]
 西濱 芳子 [記事]

鬼無里
 佐竹 永成 [記事]

大岡
 平田 真梧 [記事]

信州新町
 浅野 知延 [記事]
 蛭田 浩生 [記事]

中条
 瀧田 明博 [記事]
 村松 聡 [記事]

隊員OB・OG
 橋本 太郎 [記事]
 栗原 健 [記事]
 木下 恵美子 [記事]
 西田 靖 [記事]
 西田 視己子 [記事]
 飯島 悠太 [記事]
 鈴木 明子 [記事]
 藤原 大樹 [記事]
 小林 佐知 [記事]
 小寺 章洋 [記事]
 島田 裕生 [記事]

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き
ページトップ