長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

2015年1月の記事一覧

古民家を生かすために6

LINEで送る

2015年1月31日 | 活動内容:移住・交流 |

ご無沙汰しております!鬼無里No.3のきのっぴーです。

【ご注意!】

 ページの最後の方にイタチミイラの写真を掲載しています。

 苦手な方は自主回避をお願いいたします。

 

ようやく大寒を過ぎ、ここが寒さのピークなんですかね?

寒さキビシイ!!手や足に針で突き刺してくるような痛い寒さなんて、

愛知にいたころは全く感じたことないです。

それでも、日差しはすっかり春のように強くなったのを実感します。

寒さで動きが鈍く(^^;;)、ようやくブログも更新します。

古民家再生の「空家+移住+セルフビルド」の続きです。

 

  NPOまめってぇ鬼無里の「iju-project」にも記事がありますので、

  そちらも併せてご覧くださいね。お申込み・お問い合わせも

  まめってぇ鬼無里で受け付けています。

 

1月19日(月)はロケットストーブの構造についての勉強会になりました。

IMGP7523.jpg

この間見せてもらったTLUDとは少し形は変わりますが

「少ない薪から効率よく熱を取る」とか「手作りできる」とか

「完全燃焼させるので煙が少ない」というメリットは同じです。

IMGP7529.jpg

↑火が見えているところの後ろにあるペール缶が

ヒートライザーになっていて、上昇気流で空気を吸い上げることにより

手前の燃焼室の下(写真では小池さんの手が薪を入れている場所)から

空気を吸い込み、その時にロケットの排気エンジンのような

「ゴォォォォー」という音がするので「ロケットストーブ」という

名前なんだそうです。そんなに大きな音じゃなく、

石油ファンヒーターと大差ないぐらいの大きさです。

IMGP7531.jpg

ヒートライザーにかぶせてある缶を外して、上から見たところ。

このロケットストーブは、たまたま作った人の好みというか加減というかで

薪を入れる場所(左の管の部分)が小さいのですが

火力は十分強く、煙もさほど出ません。

右の煙突から天井に向けて排気していますが、透明な空気が出ていて

煤もほとんど出ていないようです。

ほんのちょっとしか薪を使っていないのですが、周りは十分暖かい。

 

ブログを更新しなかった間にも、作業は着々と続けられていまして、

まずは囲炉裏のある中間(居間)の床からの冷気を何とかしよう、

ということで、床の断熱工事(?)にいよいよ取り掛かりました。

IMGP7535.jpg

床板を剥がしていきます。

IMGP7539.jpg

囲炉裏の周り。下に石が積んであります。

IMGP7542.jpg

翌日も着々と工務店のように仕事を!

IMGP7550.jpg

丸のこ使い方を教えてもらっています。

うかつに扱うととても危険なんだそうです。

 

床板をどけてみると、いろんな面白いものが出てきまして。。。

IMGP7555.jpg

をここで飼っていた形跡があるそうです。床下で???

と、驚いていると、長野出身の方々は「そういやぁおばあちゃんち、

昔は床下で鶏飼ってたわ」。えぇ!?そうなんですか!?

なぜ床下で鶏を?早朝、床下からコケコッコー!って

うるさくなかったんでしょうか?

床下の空いた空間を有効利用して飼ったんでしょうね。すごいなぁ。

えー、イタチはまだです。この次の次です。

IMGP7573.jpg

木の製材も、現在のようなまっすぐの製材じゃありません。

釿(ちょうな)での製材なのか、はつった後が

まるで木食散居の仏像の彫り跡のようです。

 

そして、あ、この次イタチです。

IMGP7564.jpg

なぜか、鶏小屋の近くにイタチと思しき小動物の首のミイラが

落ちていました。鶏を狙ってきてたのかなぁ。これもびっくりです。

IMGP7580.jpg

中間(居間)の床の一番下となる合板が張り終わりました。

みんなよくやってくださいます。この週はここまで。

次の回1月26日はいよいよロケットストーブ作成に挑戦です。

この続きはまた。

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


【大岡】やしょうま作り教室

LINEで送る

2015年1月28日 | 活動内容:文化・行事 |

長野の郷土料理、やしょうま作り教室に参加しました。

DSC_0955.jpg

やしょうまの語源は、痩せた馬だったり、「ヤショ(お釈迦様の弟子の名)、美味かった」がなまったとか、諸説あります。

お釈迦様の命日に仏壇に供えるお団子だそうです。

昔は海苔やゴマなどを練りこんだそうですが、今は食用色素を入れて色とりどりの絵柄を作ります。

米粉を練ってふかしたものなので、お餅のような、ういろうのような感じでしょうか。

生地をこねたり伸ばしたり、色を作ったり、太巻き飾り寿司のように、パーツをひとつずつ作って組み合わせていきます。

松と桜を作ってます。

DSC_0930.jpg

工作みたいで楽しい~とコネコネしてましたが、その複雑な細工にまったくついて行けず、後半はベテランのねーさん達に圧倒されっぱなし。

これはすみれを作ってます。

DSC_0945.jpg

 

花びらの隙間に白を詰めて、一本の筒状に組み合わせて、伸ばして・・DSC_0934.jpg

五つに切って重ね、枝も作って桜の木に組みます。

 DSC_0936.jpg

 オトナの粘土遊びは芸術の域に・・・もう完全についていけない!

 DSC_0943.jpg

これを丸めてぐいぐい伸ばしていく頃には、中がどうなってるのか、何が出てくるのか未知の領域に。

 

ついに完成、糸で切って中の絵が現れた瞬間、わぁっ!きれい!と歓声があがります。

DSC_0947.jpg

試食の際は、みなさんの持ち寄りのお惣菜も並びます。

この日のお品書きは、大根の煮物、大根漬物、キムチ、干し柿、塩漬け柿(意外にも甘くて美味!)、こんにゃく(みなさん日常的に手作りしてます)。

DSC_0957.jpg

できたては柔らかいので砂糖醤油で食べました。焼いても揚げても美味しいです。

 

お供えする日は2月15日とのこと。

バレンタインのチョコレートもよいけど、先人たちの継承してきた農村の伝統に敬意を示す気持ちも、忘れないでいきたいと思いました。

 

チョコやケーキよりも和菓子が好きな、鈴木でした。

 

【大岡】スマイルくださいっ!

LINEで送る

2015年1月21日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは。
最近なんだかちょっとうまくいかない大岡地区・飯島です。

こういうのって波があって、来るときは一度にいろいろ重なるんですよね。
ヤなもんです。

まぁ、誰しもあることですし、こんな時こそスマイル!スマイル!

というわけで―

スマイルボウリング!

―なるものが行われるという芦ノ尻地区のサロンへ。

5対5のチーム戦で、早速試合開始です!

IMGP7397.JPG

このゲーム、砲丸をレーン上のゲート内に通してピンを狙います。
(ゲートに当たるとファウル)

5人が交代で順番に投げ、4巡するか全部倒したら相手チームの番。

1ゲームに4イニング行われ、
投げた回数と残ピン数の合計がスコアになります(数が小さいほうが勝ち!)。

IMGP7373.JPGのサムネイル画像

そしてなにより、この競技のコンセプトは笑顔

90代の方(!)もいっしょに、元気に楽しくプレイしております。

さぁ、1回裏。いよいよ俺の番だぞっ!

ス、スマイルだ・・・スマイルだぞ俺っ。。

狙いすました1投目は、無事ゲートを通過!

しかし!その先のピンに当たらない!!

何度投げてもピンを倒せず、無情にも終わる1回裏。


そして2イニング目。

あ・・・れ?

ゲートの位置が遠くなっている・・・!!?

そう。この競技、1イニングごとにゲートが離れていくのだ!


その後、がんばって投げ続けるも―

IMGP7385.JPG
(カンッ!)

クッ・・・

IMGP7386.JPG
(コンッ!)

うぐッ・・・

IMGP7388.JPG
(バコーン!カランカランカラン・・・)

ぐぉぉちっきしょ・・・いや、スマイルだ。スマイル。。


結局1ピンも倒せないまま、3回裏の半ばまできてしまった。

マズイ。

このままだと、スポーツで90代に負ける・・・

と、次の瞬間っ―

ま、ちょっと本気出せばこんなもんよっ(震え声)

―3回裏3巡目に、残ピン一掃のスーパーショット炸裂!

これは、超~~気持ちいいぞっ!!

そして迎えた4回裏。

aaa.jpg
(と、遠ーっ!!)

しかぁし!華麗にゲートを通過した砲丸は、見事ピンにヒット!

いや~、こんなとこで才能が開花しちまうとは。己が恐ろしいぜ。(ウソ)

気づけば心からのスマイル!楽しすぎて2ゲーム目に突入してしまったぞ。


この勢いでいろんなモヤモヤをブッ飛ばしたいですな!

スマイル!スマイル!

古民家を生かすために5

LINEで送る

2015年1月18日 | 活動内容:移住・交流 |

こんにちは!鬼無里No.3のきのっぴーです。

昨年12月から始まったワークショップ

「空き家+移住+セルフビルド」、ようやく続きを掲載します。

 

  NPOまめってぇ鬼無里の「iju-project」にも記事がありますので、

  そちらも併せてご覧くださいね。

 

「破壊の日」で居間の天井板剥がしに着手したのですが、

完全に剥がせたわけではなく、

その一週間後の12月22日の第4回ワークショップは大雪!

寒いこともあったので土間で「TLUD」(Top Lit upDraft)を使った焚火の

デモンストレーションをしていただきました。

IMGP7295.jpg

薪になる端材をつめつめ。

IMGP7297.jpg

点火後、割と早く火力が上がります。驚くほど煙が出ません。

写真で見えている缶の横の穴から酸素が入ることで、

木から出るガスが完全燃焼し、火力も上がるし煙も出にくいらしいです。

少ない薪でいかに効率よく熱を得るか、よく考えられています。

TLUDのデモンストレーションが終わった後は、天井板剥がしの続き。

IMGP7308.jpg

IMGP7315.jpg

ようやく天井が見えてきました。おおー!でも、すごい埃です。

年明け前の作業はここまで。

 

年明けは、有志で作業を続けました。

1月19日のワークショップに向け、まずロケットストーブを置く土間を

きれいに片づけよう!ということで、1月6日から数日間、準備作業です。

IMGP7360.jpg

年末に取り掛かり始めた土間の廊下取り壊しの続きをしました。

IMGP7363.jpg

廊下の下に穴が!どうやら「室」として使っていたもののようです。

IMGP7488.jpg

厩だった部屋の手前の廊下を取り外すと、厩が土間よりも

1段低く掘られていることが分りました。

お隣のおじいちゃんの話によれば、ここに藁を入れて馬を

飼っていたんだそう。

隣のおじいちゃんには、居間にあった不可思議なものの

解説もしてもらいました。

IMGP7504.jpg

右から2人目、両手を挙げて解説してくれている人が、

お隣のおじいちゃんです。

IMGP7503.jpg

天井に渡した棒に巻きつけてある不思議な道具。

2本の縄の先に曲がった木が括り付けてあります。

おじいちゃんの話では、滑車の代わりに使ったそうです。

曲がった木のところに縄を通し、麻の束なんかを天井に

引き上げるのに使ったそうです。

IMGP7502.jpg

土壁に埋め込まれた藁の束。

おじいちゃんによれば、「恵比寿棚」というそうです。

この上に四角い木枠などを置いて、恵比寿様を祀ったそうです。

IMGP7492.jpg

居間の所々、床の板が切ってあります。開けてみると。。。

IMGP7493.jpg

昔のまま、炭が残っていました。

囲炉裏を閉じた後、炬燵として設けたようです。

居間にはここを含めて3か所ありました。

 

天井裏にある物置スペースも、ものすごい埃だらけだったのを

みんなではたき掃除、掃き掃除、掃除機で吸引!

こんなにきれいになりましたよ!

この日はさすがにマスクをしても顔中真っ黒け、頭から埃だらけ。

IMGP7512.jpg

IMGP7510.jpg

天井の大量の埃を払った後、居間を見て私たちが誰彼となく

口にしたのは、「家が喜んでるよね」という言葉でした。

家をきれいにする、って大事だな、と思いました。

(普段あんまりできてないけど)

 

この数日の作業を通じて、問題が発覚!

居間と厩は床からかなり冷気が来そうなので

床断熱をしないとかなり寒いとのこと。

藁と石灰を使った断熱をすることになりました。

そして、

この家をどう使うのか、イメージできていなかった!

プライベートルームの入り口はどうするのか、

台所には何をどこに置くのか、

普段食事はどこで食べるのか、

家具は?棚は?下駄箱は?採光は?通路は?といった

細かいことをきっちり考えてなかったのです。

いやいや、講師の小池さんの頭の中にはあっても

私にはイメージがつかめてなかった!

絵に描いてもらってみたのですが、できれば模型があればなぁ

ということになりました。

今後のワークショップで考えなきゃ。

では、続きは次回。

 

長野市地域おこし協力隊(鬼無里) 木下 恵美子


【大岡】人類 vs 鹿!

LINEで送る

2015年1月14日 | 活動内容:文化・行事 |

こんにちは。
足遅いくせに缶蹴りやオニゴッコは大好きだった大岡地区担当・飯島です。


先日、そんなオニゴッコの最高レベルともいえるゲームにお招きいただきました。

そう、猟友会メンバーによる『鹿狩り』です!

まずは居所の捜索。話はそれからだ

農地と集落以外はすべて山!と言っても過言ではない大岡。

足跡を手掛かりにエリアが絞られ、本日の狩場が決定。

・・・いやいや、こんな広いんすか!?

DSC_0382.jpg
(実際の場所ではありませんが、これくらいの規模の谷でした)

"オニ"は7人しかいないぞ・・・。

ぼく今日はじめてなんですけど・・・

グループでの鹿狩りでは、追う人(勢子)が撃ち手の方へ獲物を追い立てて仕留める作戦がとられます。

shikaoi.jpg
(こんな感じのイメージ。=勢子、=撃ち手)

もちろん私は、追う側での参加。

入念に各自の配置場所を確認し、配備が完了したところでゲームスタート


えっ、ちょっと・・・

いきなり一人っすか!?

なにが困るって、各自のポジション決めるとき場所の名前が全然わからなかった
(昔の地名とか、どこどこの岩とか、だれだれさんちの田んぼ下とか・・・わかるかー!)

これじゃあ、誰がどこにいるかわからないじゃないかよぉ~~


とりあえず指示通り山へ入るものの、進めば進むほどますます不安に。

おいおい。これ下手したらこっちが撃たれちゃうんじゃ・・・。


と、ここで

パァーーーーーーン!!!

と銃声!

(近い!近すぎだよー!汗)


あとで聞くと、どうやら私の気配に気づいた鹿が、すぐ谷側にいた撃ち手の方へ向かったらしい。

ウソだろおい。全然気づかなかったぞ。怖えぇ~~。


で、どうやら当たらなかったらしく、今度は追い立ての指示。

ほーい、ほーい、ほーーい!!

と山中に響く大声を上げながら、速足で進みます。

もう一人の勢子の方は別のシカを追っているらしく、あっという間に谷の向こう側まで追って行ってしまった模様。

足・・・速すぎんぞ。。

知らぬ間に決着が・・・

その後、撃ち手の包囲網をかいくぐった鹿たちは、エリア外の山へ逃走。

しかし、"オニ"もさるもの。

再びその山を囲み直し、一頭が捕獲されました!

IMG_20150112_223258.jpg
(すげー!)

追ってるときに姿見れず残念でしたが、あの緊張感!切迫感!

もう、ゾクゾクしっぱなし!

命を賭けた駆け引きのすごさに震えがとまりませんでした。

長野シティプロモーション

■Facebookページ


■長野市役所

隊員から選ぶ

小田切
 涌田 周 [記事]
 安西 晋 [記事]

芋井
 古川 悠太 [記事]
 小池 将太 [記事]

篠ノ井信里
 清水 峻明 [記事]
 渡邉 昌佐樹 [記事]

松代
 牧野 真弓 [記事]
 大島 誠子 [記事]

若穂
 越前屋 圭司 [記事]
 大野 雅和 [記事]

七二会
 石鍋 明子 [記事]
 山崎 信悟 [記事]

信更
 窪美 靖 [記事]

戸隠
 水谷 翔 [記事]
 西濱 芳子 [記事]

鬼無里
 佐竹 永成 [記事]

大岡
 平田 真梧 [記事]

信州新町
 浅野 知延 [記事]
 蛭田 浩生 [記事]

中条
 瀧田 明博 [記事]
 村松 聡 [記事]

隊員OB・OG
 橋本 太郎 [記事]
 栗原 健 [記事]
 木下 恵美子 [記事]
 西田 靖 [記事]
 西田 視己子 [記事]
 飯島 悠太 [記事]
 鈴木 明子 [記事]
 藤原 大樹 [記事]
 小林 佐知 [記事]
 小寺 章洋 [記事]
 島田 裕生 [記事]

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
長野のいいねを教えください ナガラボ 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き
ページトップ