h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.392

東沢

さん

美容室 THE DOTS HAIR&SALON オーナー

髪を切るだけではなく、気持ちも高まる場所にしていきたい

文・写真 小島 有

長野市善光寺通り沿いに東沢翼さんがオーナーを務めるTHE DOTS HAIR&SALONはあります。
今年の3月に長らく勤めていた美容室から独立をし、新たな美容室をオープンしました。
 
私も職場が善光寺通り沿いにあり、昼休みにこの通りをよく散歩をするのですが、美容室の多さに驚きます。
そんな中、しっかりとリピーター、そしてファンを獲得する東沢さんに美容師として大事にしていることを伺いました。

気配りの大事さに気づいたアシスタント時代

東沢さんは長野市生まれ長野市育ち。
中学1年生の頃に”美容師”になろうと決めていたそうです。
しかし、当時は美容師というのがどのような職業かはまだまだわかってはいなかったそう。
“美容師ってかっこいい”という思いが今に至るまで東沢さんの心の中にはありました。
高校を卒業後、その思いと共に長野美容専門学校へ進学。専門的に美容を学び、美容室に就職をします。
 
美容室へ就職をし、アシスタントとしての勤務が始まります。
アシスタント時代、東沢さんはどのようなことを心がけていたのでしょうか?
 
「スタイリストに比べると技術が足りないので、スタイリストと同じテンションでお客様と話しをするとか、今でこそ、理解できますが、当時はお客様の発信するサインなどがわかっていなかったので、先輩のスタイリストの話す様子などを見て、真似をしていました。
カラーを塗るのを早くしたり、という技術的な部分も当然鍛えていきますが、
“アシスタント”として心がけていたというと、今でもですが、お客様への“気配り”を大事に仕事に取り組んでいました」

 
私もかれこれ5年ほど、東沢さんに髪の毛を切ってもらっていますが、
緊張させない空気感と、髪にハサミをいれる時の緊張感が程よく心地よい雰囲気になるのを肌で感じていて、話を伺い妙に納得をしてしまいました。

お客様へカラーをする東沢さん

似合う髪型はたくさんある

その後、3年のアシスタント経験を積み、無事試験を突破し、晴れてスタイリストに昇格します。
 
「アシスタント時代は美容室を一つの箱として捉えて仕事をするわけですが、スタイリストになり指名も入ってくるようになると、お客様と1対1で対面することになります。
これまではつくってもらっていたテンションを受け継いでいたことを、今度は自分自身でつくっていくので、より一層お客様に対しての気配りを意識しました。
 
技術的にもスタイリストになりたての頃は自信がなかったので、お客様の様子を見て“どうしますか?”とか“こんな感じですか?”という感じで徐々に答え合わせをするように切っていました」

 
そのようにスタイリストになって間もない中でも毎日のサロンワークを過ごし、少しずつ経験を積んでいき、自身のスタイルを確立していきました。徐々にリピーターもつくようになった東沢さん。
 
「お客様に対して、提案型であること。
その提案をやってもらえる、やってもらえないにかかわらず、“こういうのどうですか?”と提案することによって、今回は自分が提案した髪型にしなかったとしても、次回は提案された髪型で切ってみようと思ってリピートされたりすることもあるので。
 
“似合う髪型はたくさんある”という気持ちで、お客様との対話を通して、50対50なスタンスで髪型を提案できるのが、僕の一番の強みになっていきました」

 
“似合う髪型はたくさんある”という東沢さんがもつ、美容への思いがお客様に対して提案型のスタイルを確立させていったことが伺えます。

アシスタントの土屋さんと東沢さん。二人の背中からは心地の良い緊張感が流れている

先頭に立って走り続ける

スタイリスト時代から、休日にカメラマンとモデルと一緒に撮影やヘアーショーを主催したりと、活発な活動をしていた東沢さん。
独立し、経営者となった今、今後の展望を聞きました。
 
「短期的にはうちの美容室のポテンシャルに対してフルキャパにしていきたいです。設備もそうだし、スタッフも増やしていきたいです。スタッフを育てるということも考えると5~6年はかかってしまいますが。
そのためにも、魅力的な職場にすることを心がけています。このサロンにおいて一番上の存在である僕がサロンワークで収まりのあるヘアを切っていたりとか、一番売上を上げるとか。ここでやってたら上手くなれるかも。と、お金面以外で得ることがある場所、と思ってもらえるような職場づくりを心がけています。
 
そのためにも僕自身が先頭に立って走り続けることが大事だと思っています。
長期的には、短期的な展望の延長線上になりますが、育ってきたスタッフに対して暖簾分けのようなシステムをつくっていけたらと思っています。いろんなやり方はありますが、一緒に成長してきた仲間と長くつながっていきたいのでそのようなことを考えています。」

点と点を繋ぎ、また新たな点へ繋がりますように。という思いが込められたTHE DOTSのマーク。これからもたくさんの笑顔や幸せが生まれる場所であり続ける

(2018/01/19掲載)

人気投稿

  1. 北澤良洋さん 三河屋洋傘専門店 店主...
  2. 山田大輔さん・駒込憲秀さん 『Polka dot cafe』 ...
  3. la rencontre (ラ・ランコントル) 瀬下努さん...
  4. こてつ 北村智さん 河合武俊さん 長野県住みます芸人/信州観光宣伝部長...
  5. 徳谷柿次郎さん 株式会社Huuuu代表/編集者...
会える場所 THE DOTS HAIR&SALON
長野市新田町1464 第一銀座ビル1F
電話 026-229-9110
ホームページ https://thedots.amebaownd.com/
長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
Nターンのススメ
Nターンとは? 移住者リアルボイス 移住コンシェルジュプロジェクト
特集一覧ページ