h1タイトル

わくわく・共感できる長野の元気情報を配信します!

ナガラボはながのシティプロモーションの一環です

No.68

蔵春閣

ナガラボ編集部のマイフェイバリット

さよなら、『蔵春閣』戦後50年。長野のいぶきを残す建築の閉幕

文・写真 小林 隆史

善光寺の北東に位置する小高い丘。かつて松尾芭蕉が一望千里の情景を詠んだと云われている、この城山に建つコンクリート造りの建物『蔵春閣(ぞうしゅんかく)』。
 
地上4階建てのシルエットはまっすぐ空に伸び、その様相はまるで天空の城のよう。そんなありさまを、長野に住む人なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。

『蔵春閣』が建てられたのは、1967年(昭和42年)のこと。市政記念事業として、当時における最先端の技術と意匠を施したこの近代建築では、市民開放のダンスパーティーや成人式、結婚式などが開かれてきました。

しかし時を経て今、構造の老朽化に伴い、2018年3月をもって閉館することを市が決定し、幕を閉じることとなりました。

長野市の戦後50年を共にしてきた『蔵春閣』。さまざまな市民の集いを生んできたこの場所では、いったいどんな記憶が紡がれてきたのでしょうか。『蔵春閣』のはじまりと終わりをここに記します。

『蔵春閣』のはじまり

1967年に建設された『蔵春閣』には、実はその前身となる建物がありました。以下の記録をもとに、歴史を遡ります。(※参考:長野市立城山公民館報 平成29年9月1日発行)

1886年(明治19年)町内の銀行や財界の有力者が「長野倶楽部」を組織し、講演会や催しをするための集会施設を造ろうと決起。

1887年(明治20年)『城山館』開館。

1898年(明治31年)経営不振となり、所有者であった信濃銀行、田中銀行支店、長野貯蔵銀行、第十九銀行長野支店から、長野市が買収。公会堂とする。

1907年(明治40年)「一府十県連合共進会」の貴賓接待館として、『城山館』東館を建設。これを『蔵春閣』と命名。

現在の城山地区一体に囲まれるような形で建てられた『城山館』の東館が、現在の『蔵春閣』の前身となりました。その後『蔵春閣』には、音楽堂も付設され、社交の場として市民の集いを育みました。

『蔵春閣』前で撮影された写真には、着物にハットと背広を身にまとう男性たちの姿が。看板に記されている「製菓共進会」という文字から、民間企業の博覧会のようすと思われる(写真提供:長野市公文書館)

大正期に入ると、大正デモクラシーの風潮を受け、政治活動が活発化し、県民大会などが開催されるようになりました。その他には民間企業の展示会や博覧会が開かれ、全国各地から有識者が集う場所として、さらになる発展を遂げていきました。
 
しかしその後、1949年(昭和24年)にある転機が訪れます。なんと、厳寒の2月に不慮の火災で『蔵春閣』は焼失してしまったのです。

焼失する前の『蔵春閣』外観。現在の佇まいとはちがった和風建築(写真提供:長野市公文書館

そして、焼失から18年の時を経た、1967年(昭和42年)。市民から再建の要望が募り、現在の『蔵春閣』開館に至りました。

若者の憧れだったモダン建築

実は、そんな『蔵春閣』には、当時としてはあまりに新鮮だった設計が隠されています。それが、野外音楽堂と結婚式会場です。

屋上に設けられた「野外音楽堂」。150人を収容するこの場所では、演劇や演奏会などが開かれていた

宙に浮いたようなステージ。現在の法制度では、設計することが難しいため、このような景色を望む劇場施設は二度とつくられないだろう

現在の施工技術に比べ、手作業による高度な技術を必要としたコンクリート造り

「野外音楽堂」から一望する長野市街。山並みと建造物のコントラストが浮き立つ

そしてもう一つは、結婚式会場としての『蔵春閣』。今のように多様な結婚式会場がなかった1960年代、当時の若者はこぞって『蔵春閣』での結婚式に憧れていたそうです。

結婚式披露宴会場として使われていた1階ホール。モダンな佇まいを感じさせる、丸いシャンデリアに、モザイクタイルの壁画。そして、石造りの床

4階にある、和様式の結婚式会場。当時はここで結婚式を行い、1階ホールで披露宴を開催していた

市民に愛され続けた『蔵春閣』

構造の老朽化に伴い、屋上「野外音楽堂」は閉鎖され、結婚様式の多様化によって、結婚式を開く機会が減っていった『蔵春閣』。

最近では、かつてダンスパーティーの会場だったこの場所を懐かしむ社交ダンスクラブの方々や、多くの方によって大切に使われてきました。

『蔵春閣』を拠点に開かれているダンス教室の一幕(2018年1月撮影)

2018年3月31日をもって閉館する『蔵春閣』。その閉幕を見送るセレモニーが同日に開催されます。当時の記憶を辿る講演会と、一組の新郎新婦の結婚式が開かれるそうです。
 
50年の軌跡を物語る一日が、いつまでも忘れられることのない、この場所の記憶として引き継がれていくことでしょう。
 
変わりゆくものと変わらないもの。この場所の記憶が、いつの日か、新たな場づくりの一助となることを願って。


『蔵春閣』
お問い合わせ先:
長野市立城山公民館
長野市大字長野東之門2462
026-232-3111

(2018/02/09掲載)

人気投稿

  1. ギャラリーと喫茶 ハナモモ...
  2. 「つけ蕎麦 尚念」のつけ蕎麦...
  3. コトリの湯
  4. Foret coffee
  5. 「森の中にまちがある。一歩」プロジェクト...
長野市人物図鑑
食の達人 ながののプロフェッショナル 旬な人 魅せる人 まちをつくる・つなぐ人 人物図鑑特集
マイ・フェイバリット・ナガノ
場所 イベント モノ グループ・会社
Nターンのススメ
Nターンとは? 移住者リアルボイス 移住コンシェルジュプロジェクト
特集一覧ページ