長野市地域おこし協力隊はながのシティプロモーションの一環です

2016年3月の記事一覧

古民家に太鼓の音が響く。

2016年3月17日 | 記事カテゴリ:柳井さんの移住記録 |

ずいぶん、間が空いてしまった柳井さんの移住記録。
ネタがないわけじゃないんです。それどころか、久しぶりに訪れると柳井さんの暮らしはおもしろいネタがいっぱい。
そう。コンシェルジュが繁忙期につき、動けなかったのです。すいません。

農業の準備を始めたり、仕事のお誘いがいくつかあったり、リフォームを始めたりと、いくつかあるネタのうち、今日は太鼓のことをお伝えしようかと思います。


話は少しさかのぼって、1月の新年会でのこと。
柳井さん夫妻が集落のみんなの前で紹介されるのは初めての機会でした。そこで歓迎の気持ちを込めて披露されたのが「木遣り」。

木遣、木遣り(きやり)は、労働歌の一つ。1202年(建仁2年)に栄西上人が重いものを引き揚げる時に掛けさせた掛け声が起こりだとされる事がある。掛け声が時代の流れにより歌へ変化し、江戸鳶がだんだん数を増やした江戸風を広めていった。(ウィキペディアより)

長野ではしょっちゅう見かける光景ですが、この木遣りに柳井さん夫妻はいたく感動したそうです。そうそう。福島出身、関西経由のIターン組である安斎も、最初に目の前で見聞きしたときは感動しましたし、今でもグッとくるものがあります。

「震えるほど感動して、伝統芸能みたいなものにも興味がわいてきました」と勇さん。

そんな折り、勇さんは絶妙のタイミングで地域に伝わる「伊折甚句」の保存会からお誘いを受けます。ふたつ返事で練習に参加すると、与えられたのは、太鼓のパート。そして手渡されたのは、唄が吹き込まれた、昔懐かしカセットテープ。
iju16031602yanai.jpg

ちなみに太鼓は、蔵からケヤキを使った古いものが出てきたそうです。移り住む際、古いものを処分しないでおいてもらったおかげで、いろんなものが出てくるんです、この家は。
iju16031603.jpg

時間を見つけては練習しているという勇さん。古民家に太鼓の音が響きます。
iju160316yanai.jpg

長野市内には神楽保存会や甚句保存会が組織されている地区がたくさんあります。発表の場は、お祭りや祝いの席などです。地区によっては、引っ越してくると、待ってましたとばかりにお誘いが来ます。参加は強制でもなんでもないのでご安心いただきたいのですが、せっかくなら、柳井さんのように楽しめるといいですね。

会社版ナガラボvol.3 株式会社サンメディックス

2016年3月11日 | 記事カテゴリ:中西さんの移住記録 |

先日のブログでお伝えした近隣市町村の某社は、ご縁がありませんでした...(コネどこ行った)。

気を取り直して、引き続き長野市のステキな会社を訪問していきます!会社版ナガラボvol.3です。

今回、お邪魔したのは株式会社サンメディックスさん。設立3周年を迎えたばかりのベンチャー企業ですが、子育て情報誌「monami」を発行している会社といえば、地元では多くの人がおわかりになるのではないでしょうか。

monamiは長野県東北信地方の幼稚園・保育園などを中心に4万4,000部を配布しているフリーペーパーです(詳しくは山口一生社長のナガラボ記事をご覧ください→こちら)。

発刊当初32ページだったmonamiは、配布エリアの拡大、コンテンツの充実を図ることで年々、クライアントが増え、現在は54ページと当初の1.5倍以上のボリュームとなっています。山口社長は「子育て中のママという、ニッチだけど明確なマーケットをターゲットにしているから、クライアントの支持も得られているのだと思います」と分析します。

iju160311naka.jpg

monamiには、公園やお稽古ごとなど、子育て世代に響く地域密着メディアならではの情報が満載。「インターネット上には情報がたくさんあるけど、整理されてはいない。そこを編集して拾いやすくするのが私たちです」と山口社長は話します。そして、それを支えているのは、ママさん社員たちです。

社員5人のうち、男性は山口社長だけ。それ以外は全員、子育て中のママさんだそう。そのへんも含めて、編集担当の安部さん、営業サポートの曽根原さん、事務の中島さんに、いつものようにちょっと意地悪な質問ばかりしてきました。

ママさん社員×社長トーク

安斎
男性は山口社長だけなんですね!本音のところ、どうなんですか、社長としてやりづらくないんですか?

山口社長
僕は姉ふたりにもまれて育ったので、全然ないですね。むしろママさんって優秀な人がどこにも雇われずに埋もれていたりするので、女性ばかりにしようかと思ったりするくらいです。そして、そうした人に活躍の場を用意することで、うちみたいな小さな会社がやっていけるという部分はありますね。

安斎
山口社長ってどんな人ですか?これをきっかけに、言ってしまいたいこととかないですか?

曽根原さん
山口さんはさっぱりしているから、思っていることを言いやすいですよ。いつも言っちゃってます。

安部さん
アンテナを張って、いつも新しいことを見つけては飛びついていくところがすごいと思う。私は会社を立ち上げる前から知っているけど、前職の5倍くらいアクティブになりましたね(笑)

山口社長
前は働いてなかったみたいじゃない(笑)

iju160311naka02.jpg

安斎
なんだか株が高いですね。うらやましい。この会社のいいところってどんなところですか?

曽根原さん
会社の雰囲気が和やかです。小さい子どもがいるお母さんばかりなので、子どもの体調不良とか行事に合わせてお休みをもらったり、柔軟に対応してもらっています。

中島さん
優秀な人が多いですね。12月に入ったばかりですが、よくこの人数でこれだけのものを作っているなあとびっくりしました。

iju160311naka07.jpg

現在、サンメディックスさんでは、地域の社長を紹介するサイトを立ち上げる準備中。それに合わせて、企画営業の社員を募集中です。

安斎
どんな人に来てほしいですか?

山口社長
小さな会社ですから、営業から編集まで何でも対応しなければなりません。でも、僕は未経験歓迎なんです。変な色や癖がついていない方が、うちにフィットする人材に成長してもらえますから。

iju160311naka05.jpg

設立後に入社した曽根原さんと中島さんは、もともと読者としてmonamiのファンだったと話します。そして、職場では、子育ての悩みを打ち明けあって解消したり、それを誌面に活かしたりと、いいサイクルが生まれているそう。ちなみに同社の究極の目標は、長野県の少子化を止めることです。

12月に第1子が誕生した中西さん、イクメン社員になる気はないですか!

1
エヌターン ナガラボ

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
長野シティプロモーション 長野のいいねを教えください 長野の魅力発見隊 長野市地域おこし協力隊 長野の名水 ふるさとNAGANO応援団 私たちも長野市大好き
ページトップ